高円寺の高所ドアはトマソンか

JR中央線高円寺駅のホームに降り立った私。そこで目に飛び込んできたのが写真の風景。 ビルの途中階に突如としてドアが設置されております。 パッと見「すわトマソンか」とも思ったのですが一体何故ここにドアがあるのか、と考えると実は理由があるのではないか、とも思えるのです。 今回はその考察をしていきたいと思います。 ドア…

続きを読むread more

蛇も蚊も高所ドアトマソン

横浜市鶴見区には「蛇も蚊も」というお祭りがあるそうです。読み方は「じゃもかも」だそうです。 蛇も蚊も発祥の地、という碑がある道念稲荷神社には蛇も蚊もについて記した立派な看板もありまして、どうやら300年以上続く祭事だそうです。6月に開催されるそうです。 この道念稲荷神社ですが、国道15号線から一本海側の、生麦魚河岸通りと…

続きを読むread more

水戸の原爆タイプトマソン

何年経ってもこのタイプのトマソンに関しては名称に少しもやもやしつつも、原典に忠実に原爆タイプトマソンのご紹介。 茨城県水戸市、水戸駅から徒歩5分程でしょうか。集合住宅の駐車場から眺める事ができるのは、建物外壁にくっきりと遺された建物の痕跡です。 かつてあった小ぶりな庇の跡もくっきりはっきりとしているのが特徴的。 …

続きを読むread more

新橋無用扉

東京都港区新橋、サラリーマンが夜な夜な集う繁華街。 そこにあったのがこちらの無用扉物件。 建物2階へと続く階段の脇にある鉄扉。その扉はどこに繋がっているのか、というと ご覧の通り、裏には何もありません。 写真手前の駐車場に建物があった頃は、建物同士の隙間を活かした扉であっただろう事は想像に難くありません。 今と…

続きを読むread more

押上高所ドアトマソン

所用で東京スカイツリーがある押上に行った時の事ですが、なかなかに美しい物件と対面しました。少し時間があったので押上の路地をふらふらと歩いていたところ、とある辻を曲がった途端正面に飛び込んできたのがこちらの物件。見た瞬間に吸い込まれるような、そんな引力のある物件です。 一階部分は広々とした駐車スペース、その奥に入り口。そして二階に目…

続きを読むread more

倉敷の高所ドア

岡山県倉敷市。美観地区が大変有名な町ですが、今回の物件は倉敷駅を背にして美観地区へと向かう途中、商店街の脇にある駐車場で発見しました。 建物の2階部分にドアがちょこんとあります。 ドアの大きさが少し小さいのが分かるでしょうか。写真右下、1階部分にあるドアと見比べてもらうと違いがお分かり頂けると思います。 一般的なド…

続きを読むread more

和歌山県有田市の原爆タイプトマソン

和歌山県有田市、箕島駅付近を散策して出会った物件。 通常の原爆タイプトマソンは、その名の通り建物の痕跡が写し取られたように見えるものですが、こちらは少し異なります。 屋根の形がしっかりと分かるので、確かにここにはかつてなにがしかの建物があった、と分かるのですが、外壁は屋根部分以外あまり色の違いがありません。 柱と屋根だ…

続きを読むread more

横浜、海沿いの高所ドア

横浜、と言ってもみなとみらいや元町ではなく、首都高神奈川線と国道15号線に挟まれたエリア。 京急線神奈川新町駅やJR京浜東北線新子安駅あたりから歩いて海を目指すと、運河に行き当たります。 係留された船と築年数が経ってそうなトタンの建物が並ぶ一画は、時が止まったかのような街並みになってます。 中には水上に張り出した建物が…

続きを読むread more

高知の高所ドア

南国土佐、高知県を訪ねる機会がありまして、鏡川という高知市を流れる川の旧堤防のほとりを歩いていた時に遭遇したのがこちら。 トタンの外壁が素敵な、このお宅の離れではなかろうかという二階建て。その二階にドアがしつらえてあります。 しかし、ドアへの階段はなくここからの出入りは不可能な状態となっております。 間違えて開けてしまう事…

続きを読むread more

とても久しぶりに工場夜景撮影

 blog自体がとても久しぶりな上に九州旅行の記事がてんで途中のままではありますが、いつも通り全く違う記事を書くことにしました。  最近自転車にちょこちょこ乗っておりまして、川崎の海沿いを走っていたら  「工場いいなぁ」  となりまして、早速夜行って撮影してきました。 【7/19~7/26限定!最大4,000…

続きを読むread more

池袋無用格子

池袋、と言っても東池袋になるであろう一角で出くわしたのがこちら。 窓ではないけども窓のような空間に、窓ではないから格子ではないのだろうけど格子のようなものがついてます。ああ面倒くさい説明だ。 近寄ってみると、こちらの窓的な何かは、決して窓を塞いだ訳ではなく、最初からこの形状を目指して作られたものではないか、という事が分か…

続きを読むread more

新山下高所ドアトマソン

あけましておめでとうございます、今年ものんびりやっていきます。 横浜市中区新山下。横浜ベイホール前の道をずんずん進んでいった先にその物件はありました。 戸建の2階部分にあるドア。しかしそこから出てもどこにも行けず、このドアから中に入ろうにも階段はない、という高所ドア物件です。 ドアの脇には玄関灯、ドアの上には庇。明…

続きを読むread more

特急ゆふいんの森

 JR九州にはさまざまな特急列車がありますが、今回はこちらの特急ゆふいんの森に乗ってきました。いかつくて素敵。  博多駅のホームはかなり混み合っており、湯布院人気の高さが窺えます。特に、外国人観光客の多さが目を惹きました。まだまだコロナ禍と言われておりますが、インバウンドの効果は非常に大きいな、と思わされました…

続きを読むread more

ソニック佐世保線記念ラッピング

 博多駅から旅に出よう、とホームでぼんやりとしていたら見慣れない車両が入ってきました。  いや、車両自体は見慣れたものです。ソニックの885系。青い883系より愛嬌のある(個人の感想)、まるっとした白い特急列車です。  ただこの日見たソニック、とてもポップなラッピングがされていました。早速見てみましょう。 …

続きを読むread more

志免鉄道記念公園

 志免炭鉱跡から少し下るとあるのが志免鉄道記念公園。ここは 志免町には、1985(昭和60)年まで石炭輸送のために作られた鉄道がありました。 香椎線の引き込み線と、勝田線です。 香椎線は、1909(明治42)年から開通した博多湾鉄道旅石線(後に博多湾鉄道汽船から西日本鉄道、日本国有鉄道へ変わった香椎線引き込み線・198…

続きを読むread more

旧志免鉱業所縦杭櫓

 先日九州に行く機会がありまして、遂に拝む事ができたのがこちら、福岡県糟屋郡志免町大字志免の志免炭鉱。  正確には旧志免鉱業所縦杭櫓と言うそうです。パンフレットに書いてあったので間違いないです。 【中古】 ワンダーJapan 日本の《異空間》探険マガジン 1 / 三才ブックス / 三才ブックス [ムック]【メール便送…

続きを読むread more

再開発がやってくる

都内を歩いてて見かけた風景。時間貸駐車場に囲まれてぽつんと佇むビル。 時間貸駐車場はほぼ封鎖されている。 つまりは、今建っている黄色いビルを壊して、駐車場の敷地ごとまとめて大きなビルにしたい、という意図なのだろう、と思われます。 東京都内は至る所でこのような開発がずっと続いています。今なら虎ノ門麻布台や東京駅八重洲口などが…

続きを読むread more

モンドリアンビルはどう見てもLOOK

東京都港区芝浦をふらふらしていたら出会ったのがこのビル。いわゆるモンドリアン柄で上品だけれどもとても派手。 調べてみるとこの建物は東京芝浦外語学院という学校だそうです。 東京芝浦外語学院 外語学院ですが芸術学院というのも併設されているみたいです。 なるほどだからピート・モンドリアンオマージュの建物なのか、と納得。 …

続きを読むread more

道後温泉

 愛媛、いや四国が誇る温泉と言えば、の道後温泉。まともに行った事なかったのですが、機会を得たので行ってきました、工事中なのですが。  伊予鉄の道後温泉駅を降りると道後温泉へと向かうアーケードがお出迎え。 賑わうアーケードを抜けて出てきたのがこちら。テント膜に覆われた神の湯本館です。とても鮮やかな色…

続きを読むread more

高松の壁面に輝くトマソン2態

 香川県高松市で見かけたトマソン、2つともいわゆる原爆タイプと言われる、壁面に写し出された、かつて隣接していた建物の痕跡です。  1つ目はことでんの車中で見かけて慌てて撮影したものです。ことでんの線路沿い、瓦町〜片原町間にありました。  コインパーキングの奥にある3階建てのビル。そこにとてもくっきりと写るのが2棟あっ…

続きを読むread more

最近のコメント

タグクラウド