剥き出しの京橋駅

東京メトロ銀座線京橋駅。今現在剥き出しです。 1932年開業と地下鉄の中でも歴史のある駅のコンクリート面があらわになり、昔の建設技術がとても高かった事に感銘を受けます。 とか言いつつ過去全面改修があって今見えている部分はもっと新しいよ、となっていたらお恥ずかしい限りですが、銀座線全駅リニューアルのおかげで貴重な風景を楽しむ事ができます。 気づけばまた見られる事はなくなってし…

続きを読む

八重洲ぬりかべ

八重洲で見つけたビルの二階部分、出入口の跡があります。ぬりかべタイプのトマソンでしょうか。 この物件、いやもっと言うとこの階段周りがなかなかに謎深く、実はトマソンよりも謎なのかもしれません。 (1)ぬりかべトマソン上のウインチは何のためか 出入口だったところの真上にウインチがついてます。これが何の為なのか、ちょっとよくわからない。一階から荷物を吊り上げるにしては、ウインチが建物…

続きを読む

千葉モノレール千葉みなと駅の券売機跡

千葉県が、いや関東が、いやいや日本が誇る千葉モノレール。懸垂式モノレールの雄として末長く頑張っていただきたいのだが、その券売機事情はなかなかに苦戦のもよう。 JR京葉線と接続する千葉みなと駅ですが、6台あったと思われる券売機が今はなんと2台。これはあまりにも、寂しい。 しかも左から3つ目の券売機跡のみ、やたらと時代がついてます。謎が謎を呼びすぎているだろうこれ、という情景です…

続きを読む

田園都市線宮前平駅のホームドアに違和感を感じたある日

先日久々に田園都市線に乗ったのですが、ホームドアが付いてますね。ハイテク。 しかし気になったのが ホームドアと車両までの距離がかなり広い。ずいぶん広い。新幹線か!というくらい。 これによってホームが狭くなってませんか東急さん?というのが疑問。

続きを読む

南北線東大前駅の券売機跡

赤門がある東京大学本郷キャンパスに隣接する東京メトロ南北線東大前駅。現存する券売機は3機だけどどうやら元々は5機あったようです。 両端が券売機跡となり、向かって左は路線図が貼り付けられており右は構内案内図が。なかなかのコントラスト。 さりげなく隠している感じでしょうか。もしくは空白の有効利用でしょうか。

続きを読む

大江戸線蔵前駅の券売機跡

都営地下鉄大江戸線蔵前駅。ここも券売機が滅びてました。 写真一番右手の空間が不自然にあいています。 明らかに券売機があったと思しき空間は、パンフレット置き場になっています。ただ、そのパンフレットも置き場だけで実物がないので券売機跡のパンフレット置き場跡、という事になるでしょうか。 窓口があった所の凹みと、床部の線が存在の痕跡をうかがわせます。 券売機跡がありつ…

続きを読む

東急東京メトロ渋谷駅の券売機跡

渋谷駅。地下改札は東急と東京メトロが乗り入れます。 比較的新しい駅ですが、券売機跡はしっかりと観測できました。しかししかし、券売機があったところに 「ごあんない」 という端末が据え付けられています。跡地の有効利用ですね。 肝心の券売機跡。とても美しく仕上げられています。これは跡ではなく後々増設しようとしてこの状態で作られたのか?と思えるくらい。真偽の程は不明なのが恐縮。 …

続きを読む

金鳥の車、日産のAD(他もあり)

東日本橋にある金鳥の営業所。言わずと知れた大日本除虫菊です。 営業車が置いてあったのですが、これがどうにもたまらなくカッコ良かったのでご紹介。 日産AD。前ドアには日本一有名な鶏。そして後部には 「カトリス」 左後部には 「虫コナーズ」 と、商品ロゴ。めちゃめちゃポップ。 日産ADというのはトヨタプロボックス登場までは町のあちこちで見かける商用バンの王者みた…

続きを読む

都営地下鉄浅草線宝町駅の券売機跡

都営地下鉄浅草線、宝町駅。一番新しく出来た日本橋側の改札です。 3つあるうちの1番目がない、というのは新鮮。このレイアウトだと3が塞がれるのが多いのかと思ってましたがまだまだ観察が足りてないです。反省。 綺麗に塞がれています、まるでそこには何もなかったかのように。 しかし、1の表示とICカード、使える紙幣の表示は明らかにそこに券売機があった事を物語ってます。

続きを読む