2009年09月30日

CMWC 2009を振り返る

P1000392


 競技の後はアフターパーティー、というところで通常の自転車イベントは大きく異なるストリート寄りのスタンスのCMWC2009。ストイックな自転車競技というよりも「メッセンジャーのお祭り」という意味合いが強いイベントでした。


P1000393

P1000422


 渋谷で2日間開催されたアフターパーティーは、DJが音楽を流しているのがメインではなく、写真や自転車の展示、はたまたカラオケや相撲まであったり、どちらかというと「メッセンジャーの交流の場」という位置づけです。

 ただ、昨今の為替レートの都合でか、外国から来たメセンジャーは「高い」「高い」を連呼してました。
 アフターパーティー自体はCMWCにエントリしていたらチャージ0円、エントリしてなくてもチャージ500円という破格なイベントだったのですが、クラブで通常500円するドリンク、これが財布には結構なダメージだったみたいです。
 そんな不景気な中頑張って来日した事には無条件に拍手。


 振り返ってみて、本当にいいイベントだったと思います。ただ、いろんな所で目にした「交通法規を無視した集団走行」というのは頂けない。本当に残念だと思います。
 これだけの規模のイベントを一生懸命仕込んだ運営スタッフの事を考えると、「それはダメだよ」と思います。モラルとマナー、守っていただきたいものです。
posted by Bassman at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

CMWC2009 Tokyo 9/23

_IGP3186


 今日の記事はCMWC2009の2日目、9/23の様子を振り返ります。

 私事ですが、夕方見に行った22日の予選で友人がメインレースの予選を9位で、決勝へと通過した事をしり、翌23日は仕事を放り投げて応援しにきました。


P1000412


 この日は11時から14時30分までという長丁場でメインレースの決勝が行われてました。世界中から集まったメッセンジャーたちのタフネスさを痛感するような、パワフルなレースです。


_IGP3125

_IGP3183


 競技は写真のように、ロード/ピスト又はカーゴバイクでコース内各所にあるブースで集荷/出荷を繰り返し、どれだけの時間でゴールできたか、といものを競うものでした。

 レース結果がやっと公式サイトに掲載されましたが、昨年に引き続き今年も日本人優勝!という快挙でした。
 観戦中には一体順位がどうなっているのかがよくわからなかったのですが、ひたむきに、それでも楽しみながら走っていたのは、実に素晴らしかったです。



 この日他に行われたのは

P1000401


 写真の通りスキッドとあとはスプリントだったのですが、これは写真では何もわからないかと思いますので今日の記事はこのへんで。

 最後にパーティー編とまとめを、次回の記事とさせて頂きます。
posted by Bassman at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

CMWC2009 Tokyo 9/22

_IGP3063


 シルバーウィークの余波でひたすら脱線しまくってますが、今回も脱線。書かなきゃいけない事はいっぱいあるけどまぁおいおい。


 と、いう事でひたすらCMWCの説明ばっかしてる感のあるblogとなってきましたが今回もCMWC。初日の競技をご紹介。


P1000354


 この写真、なんだかわかるでしょうか。これがCMWCの会場です。
 お台場の駐車場2つとそれを繋ぐ公道をイベントのために借り切ったとあって、かなりの規模です。
 ちなみにこの写真、ゆりかもめ「船の科学館」駅の改札を出てすぐ左手から撮影したのですが、圧巻ですね。近寄ってみるとより一層わかりますが、

P1000355


 このようにみっちり人、人、人。

 
 初日は仕事の都合で写真の通り夕方到着となったため、メインレースの予選は終わってましたが、それでも面白い競技をまだまだやってました。


_IGP3055


 さてこれ何でしょう?写真だから止まっているように見えるのではありません。実際に止まっているのです、自転車に乗って。

 これは「トラックスタンド」という競技で、自転車に乗ったままどれだけ立っていられるか、という競技で、3分後には片手、6分後には両手、9分後には片足、12分後には両足(!!)を離す、という競技です。ピストじゃなきゃまずできない競技ですね(フリーのギアでもできると思うけどこんなに長くは難しいと思います)。


_IGP3067

_IGP3069

 
 ちなみに彼が優勝ライダーです。あんたすごいわねぇ。


_IGP3071

_IGP3073


 続いてはこちら、バックワードサークル。ひたすら後ろ向きに円を描いて漕ぎ続けるという競技。これもピストじゃなきゃできないですね。てかバターになります。ぐるぐるぐるぐる。


 他には騎馬戦(!!)も開催され、これがとても面白かった。危険が伴うのだけれども、自転車で騎馬戦って新しいなと思いました。


_IGP3061

_IGP3062


 競技を盛り上げるべく、Red BullのDJカーも用意されて、音楽かけながらお祭り気分で楽しめるイベントでした。会場内でアルコールが一切販売されていないというのも、運営側の姿勢として非常に正しかったと思います。
posted by Bassman at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

CMWC2009を動画で。

 シルバーウィークから始まり、昨日の京王閣で全日程を終了したメッセンジャー世界大会(CMWC 2009 Tokyo)。17回目となる今回は東京で開催され、渋谷と台場と京王閣に世界各国からのメッセンジャーが集合しました。


 いっぱい写真を撮ったりもしましたが、僕の会社は僕にシルバーウィークをくれなかったので、とりあえず23日に撮影した動画をご紹介。





こちらはCMWCのメインレース、伝票を使ってチェックポイントを巡り配達をするレースの決勝ラウンドです。撮影した対象はStijn Cyclesのフレームビルダー、Stijnさんです。
彼は自分の友人ですが、それ以前に母国ベルギーではMTBライダーをしていたり、有名自転車メーカーで働いていたり、という過去を持つナイスガイです。
 新たに立ち上げたStijn Cyclesでの新製品もそのうち市場にお目見えするかと思いますので、見かけたらチェックしてみてあげて下さい。



続いて開催されたスキッドレースの様子です。
 スキッドというのはピスト/トラックバイク特有のスキルで、後輪をロックさせたまま滑っていく(本当は止まるためのスキル)のですが、とんでもない距離滑ってます。
 一応言っておきますが、公道でこんな挑戦しないで下さい。この大会は公道を借り切った上での開催ですし、自動車も走っている公道では生命の危険もあります。
 それ以前にブレーキが付いていない自転車は違法ですので公道走行は厳禁ですので、前後ブレーキを付けて、その上スキッドで滑っていく練習をするならば私有地なり自転車走行が可能な見渡しの良い公園などで、周囲の安全を確保して行って下さい。良い悪いではなくて、これはルールです。





 最後にスプリントレースの模様です。確かスプリントの決勝だったと思うのですが、驚くのはトップを走っている自転車、ロードバイクではなくてピストバイクです。
 変速がない自転車でこのスピード、恐るべし。



 ということでざっくりと短時間の動画をご紹介しましたが、ちょいちょいと写真でCMWCの様子を振り返りたいと思います。




posted by Bassman at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

THE WONDER STUFF @ LIQUID ROOM

 シルバーウィーク駆け込み脱線ネタその2はライブレポートです。

 元々このブログは音楽ネタメインだったのですが(doblog時代)、最近はそんな事忘れて路上観察三昧。お休み期間はちょっと昔に戻ってみようかとふんばってみます。



P1000175


 先日なんと18年振りに来日したのがTHE WONDER STUFF。英国が誇る(ワリには日本での知名度イマイチ。というかまぁ随分昔のバンドです)バンドでございまして、oasis/blur/radiohead以前の世代のバンドです。
 学生時代、来日公演がアナウンスされたのですがキャンセル、そして解散という流れで「え~~~!」と衝撃を受けたTHE WONDER STUFFの再結成。そして来日。ウソじゃなかろかと思いつつも即座にチケットを手配して行ってきました!


 会場は超満員!・・では決してなく、正直余裕のある雰囲気でしたが、来ている客は全員もれなくTHE WONDER STUFFが好き!という空間なのでなんだかうれしいです。そしてこんな公演をブッキングしてくれたVINYL JUNKIEに感謝。

 場内の撮影は禁止なので今回そんな写真は一切ありませんが、いや~マイルス太ったなぁ。我が身を振り返っても「男は太る」という事実は殆どの男に当てはまるだろうから仕方ないとしても、MANIC STREET PREACHERSのJamesばりに太ってました。


 で、ライブ。うん。・・・1stからばっかりじゃないですか!!!おい!という本編でした。正直残念。

 解説すると、今回の来日公演は1stアルバム「The Eight Legged Groove Machine」の20周年記念盤リリースに合わせてのものなのでそりゃまぁそうなんですが、やはり3rd「Never loved Elvis」からたらふくと曲をやって頂きたかった!
 とは言えTHE WONDER STUFFという看板をもう一回掲げて出てきてくれた事が素晴らしいので贅沢言い過ぎというものでしょうか。そもそも現在のメンバーだとあの名盤の音を再現するのは難しいとも思いますが。

Set([unofficial]the wonder stuff fan page from far east様より転載)
* Red Berry Joy Town
* No, For The 13th Time
* It's Yer Money I'm After, Baby
* Give, Give, Give Me More, More, More
* Like A Merry Go Round
* The Animals and Me
* Rue The Day
* Some Sad Someone
* Mother and I
* Grin
* A Wish Away
* Ruby Horse
* Unbearable
* Poison

* On The Ropes
* Caught In My Shadow
* Golden Green
* Don't Let Me Down Gently
* A Song Without An End

* Mission Drive
* Circle Square
* Size Of A Cow
* Ten Trenches Deep

* Welcome To The Cheap Seats
* Radio Ass kiss

 アンコール1回目のしょっぱながとても好きな「On The Ropes」で一気にアガりました。すかさず前に突進。
 その後もついに待ってたよ~、のMission Drive、マイルスとエリカだけってどうなのよ?と思いつつもWelcome To The Cheap Seatsも聴けました。いやぁ、良かった。

 それにしてもよく酒を飲むバンドだなぁ、と感心。ステージドリンクがほぼ全員酒で、それもまた結構テンポ良く飲む飲む。紅一点のヴァイロン、エリカの飲酒量は異常でした。すげぇ。

P1000176

 終演後は物販購入者向けにサイン会。生マイルス、いや生ワンダー・スタッフと握手とか拙い英語で会話とかもうわーきゃーでした。なんていいサービスなんだ!


 期待が入り込みまくったがために本編で正直「えー」ってなってしまったのですが、なんだかんだで観ることが出来て本当に良かった。そして来年あたりどこかのフェスで来日してもらいたいもんです、本当に。


<おまけ>
 会場にいたお客さんがとんでもないTシャツ着てたのでお願いして撮影させてもらいました。これは凄い!

P1000174
P1000173


 なんと!今年イギリスでやったNED'S ATOMIC DUSTBINのライブTシャツ!!
 聞くと、熱心なNED'Sファンでライブのたびにお友達とイギリスに行くそうです。てかメンバーと結構お友達なのだそうです。是非NED'Sを日本に呼んできて下さい!!!!!!
















posted by Bassman at 18:00| Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 | 更新情報をチェックする

CMWC 2009 Tokyo開催

連休中は普段と毛色を変えた記事でお届けします。まぁいつものことですね。そもそもが連休と言っても仕事してるんですけどね、はっはっは。・・・はぁぁ。

 今、ちょうど今、日本で世界大会が開催されています。ご存知でしたか?

 殆どのメディアで話題になっていないのですが、確かに世界中から選手がエントリし、来日し、競技に勤しんでいるのです。

 それは何かと言いますと、「メッセンジャー世界大会2009 東京(Cycle Messenger World Championships)」です!

 自転車に乗って書類や荷物を届ける「メッセンジャー」たちのお祭りが、今年日本に来ています。お台場を中心として、様々な競技が開催されています。



P1000303



 で、先日オープニングのエントリを見物しに行ってきまました。

 東京の渋谷、普段から諸外国の方々が往来を歩くのが普通の景色である町ですが、この一角は見事にワールドワイド。共通点は「自転車」のみです。


P1000301


 格好も国籍も異なるけれども、自転車で繋がるというのはこういう事なのか、と驚きました。


P1000304


 会場内では「飛行機で輸送してたらフレーム壊れてしまったから助けて~!」という悲痛なメッセージがありつつも、そこらへんからして助け合い精神が嫌味も何もなく自然と満ちていて素晴らしい空間でした。LOVE,PEACE&BIKE、みたいな感じですね。多幸感でまくりでした。


P1000298


 自分はスタッフで頑張っている友人と、ベルギーからこのために(本当にただこのためだけに)来日した友人に会いに行ってきただけなのですが、「いいなぁ、羨ましいなぁ」と思いました。

 メッセンジャーが主に使用するピスト(トラックバイク)というものは、ブレーキがついていないので日本の道交法に照らし合わせると違法な乗り物です(制動装置がない、というのはよく考えるとすごい)。だから公道を走るときにはブレーキを取り付けなければならないし、それを守れない人間は乗るべきではない、と個人的には考えます。

 しかし、ブレーキが付いてさえいればOK,という訳ではないのは自転車に乗る人ならばほぼ万人がおわかりになることではないかと思うのです。自転車だけでなくいろいろな乗り物に共通するのが、「肝心なのは乗り手の意識」という事です。

 急停止が困難で法律上アウトなブレーキなしピストできちんと安全運転、歩行者保護に努めている乗り手もいるでしょうし(だからって公道走行が良いワケではないのですが)、バッキバキのハイグレードな自転車に乗っていても歩道を走ったあげくに歩行者を蹴散らすようにベルを鳴らしてしまう(←これ完全にアウト。人としてアウト)、信号無視だの何だのしてしまう、という人もいるのだと思います。



 長々脱線しましたが、この大会にエントリしてる方の殆どが、そういったリスクやルールを踏まえてのピスト乗りばかりだと思いますので、そんなナイスガイ/ナイスガール達のユーモア溢れる競技を観に台場へGo!ですよ皆さん。あ、大きな競技は明日までなんですけどね。遅くなってすいません・・・。


CMWC2009公式サイトはこちら。


 




posted by Bassman at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

山手線記念車輌を追え!

 最近JRのいろんな駅で広告が貼られてますが、山手線に1編成だけ、記念車輌が走ってます。

P9080010


 広告はこのようなもので、要は山手線が「キミは山手線だ!」と命名されてから100周年なのでそれを記念しているそうです。


 都心を数分おきにぐるぐると走りまくる山手線の中で、たったの1編成しかないのがキモですね、これ。「偶然乗れたらラッキー」みたいなノリでいないと、1時間は駅で待ってなければならないのです。


 で、偶然見かけた100周年記念車輌ですが、こちらです!

P9080018



・・・すいません、慌てて撮影したのでブレッブレの写真しか撮れませんでした。無表情に駅のホームで焦ってる自分の様をご想像頂いて笑ってもらえれば、と思います。


 この失敗でちょっとへこんだのですが、神様もとい山手線は自分を見捨てませんでした。このブレボケ写真を撮影した後、また記念車輌を見る事が出来ました!

 では改めてご覧下さい!

P9080017

P9080016

P9080015


 このように、明治製菓とのコラボレーションでミルクチョコレート色になってます。これは昔の山手線の色といっしょ、らしいですよ。

 上の写真をご覧になるとお分かりかと思いますが、折角のチャンス!とばかりに記念車輌を撮影していたら、うっかり先頭車輌を見逃しました。今後リベンジします!

 実は明治製菓のサイトに行けば見られるんですけどね・・・。


明治製菓ミルクチョコレートのお知らせ
posted by Bassman at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 小鉄 | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

日本橋原爆タイプ

P9030007


 今回のトマソンはこちら、日本橋某所にあるクラシックな外観のビルにあった原爆タイプです。


P9030003


 都心部の原爆タイプトマソンのご多分に漏れず、こちらの物件も時間貸駐車場の隣にあります。

 つまりは再開発や建て替えの絡みで隣の建物がなくなったがために原爆タイプのトマソンが出現する、というワケなのですが今回の物件は壁の2面にトマソンが現れています。


P9030002

 
 一つ目、建物側面はこのように矩形の原爆タイプ。つまりは隣にあった建物が四角かったのであろうと想像されます。


P9030005


 そしてこちらが建物裏面の原爆タイプ。こちらは斜めになってますので、かつてあった建物も斜め屋根だったのであろうと思われます。

 加えて原爆部分がコンクリート打放しの建物のようになっています。綺麗に打たれたコンクリートが凛々しくそびえています。


 このようにトマソンから、駐車場であったところにあった建物を想像したりするのが、都心部原爆タイプトマソンの味わい方なのかもしれません。
posted by Bassman at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

トマソン発生過程を眺めてみた

P9040031


 今回はいつもと少し趣向を変えて、「トマソンはどのようにして出来上がるのか」という点についての記事です。

 上の写真をご覧になるとお分かりになるかと思いますが、今まさに都内某所で、無用庇タイプのトマソンが出来ようとしております。


P9040032


 部屋の改装工事のようなのですが、明らかに窓となっている部分の内側に、木製の壁の下地材が取り付けられております。

 おそらくもう少し工事が進捗したら、この窓は完全に塞がれて、見事な無用庇が出来上がるのだと思われます。

 日頃から超芸術トマソンを始めとした路上観察を行っているのですが、このようにトマソンが出来る過程を見るのは始めてですし、一般的に見てもそうそう目にする事はないと思います。という事でこれはかなり貴重な写真なのではないか、とこの工事の施主でも施工者でもない外野の自分が勝手に盛り上がっている事を、きっとこの建物の関係者は知らないのです。ああ勿体ない。
posted by Bassman at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

9月の小便小僧。

 すっかり残暑めいてきた9月ですが、我らが浜松町の小便小僧様は一体どんな装いで我々を出迎えてくれるのでしょう。



P9080011
よう、秋祭りだぜ。


 秋祭りに備えてか、祭り装束でございます。どことなく凛々しく見えるのは気のせいでしょうか。



P9080013
手乗り文鳥ならぬ肩乗り神輿。流行るぜ。


 肩にはとても小さな神輿を丸ごと担いでいます。なんて斬新なアプローチ!!かわいいです。


P9080012
団扇のほうが神輿よりデカいのは、気にしちゃなんねぇ。


 今月は殊更かわいい感が増してます。見たい方は品川方面ホームの品川寄りへGo!






楽天一高い神輿、必見!!!!



多分一番安い神輿。多分・・・。
posted by Bassman at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小便小僧 | 更新情報をチェックする