阿佐ヶ谷住宅(5) 52年前の路上観察

 東京23区の中でも進んだイメージが(自分の中では確かに)ある杉並区において、完璧なる異空間である事をいやでもわからせてくれる阿佐ヶ谷住宅。  そんな場所にあっても、やはりこのblog的に気になるものを、今回はご紹介します。  こちらはテラスハウスの玄関扉。ポップな色使いで隣あった所帯が扉の色を塗り分けていますが、今現在の集合住宅において、このように玄関扉の色が異なる物件、そ…

続きを読む

阿佐ヶ谷住宅(4) 敷地を彩るあれこれ

 阿佐ヶ谷住宅は建物そのものもさることながら、樹木を始めとした様々なものが目を楽しませてくれます。  今回は住居以外のいろんなものをご紹介。  まずはこちら。阿佐ヶ谷住宅のシンボルともいえる給水塔。独特な形でそびえたっております。きちんと撮影すればかなり写真映えすると思います。  阿佐ヶ谷住宅のキーワードとして「築50年以上」というのがあります。この給水塔も同じ…

続きを読む

阿佐ヶ谷住宅(3) RC造住宅

 都会において異空間を構成している阿佐ヶ谷住宅。その中にある鉄筋コンクリート造(RC造)の物件を今回はご紹介します。  前回のテラスハウスから比べますと、極めてシンプルな印象を受けるのですが、築50年を越えるRC造の建物が複数集まっていながらも緑に囲まれているという環境が東京23区内にある、というこの状態そのものが珍しいのではないかと思います。  そして上…

続きを読む

阿佐ヶ谷住宅(2) テラスハウス群

 阿佐ヶ谷住宅を構成する建物には、RC造4階建てとテラスハウスがありますが、今回は後者、テラスハウスのご紹介。  斜め屋根が特徴のテラスハウスですが、多くが既に無人となっております。緑に囲まれた贅沢な環境で、いわゆる公団住宅とは一線を画していた事がうかがえます。  同じテラスハウスというタイプではあるのですが、立地によって形状、環境がか…

続きを読む

阿佐ヶ谷住宅(1)

 今回からいくつかお届けしますのが、阿佐ヶ谷住宅。昨年の松尾鉱山のような、雑誌で言うところのシリーズ連載というようなご理解を頂ければと思います。  東京都杉並区、善福寺川のそばに位置するのがこの阿佐ヶ谷住宅。「住宅」と言ってもこれ、集合住宅です。  航空写真でご覧になると、建物の集合体である事がお分かり頂けるかと思います。  1958年に竣工…

続きを読む

浜松町、階段のそば

 今回はとても素敵な建物のご紹介。ググッときますよ、その筋の方には。  どこにあるのかと言いますと、東京都港区浜松町。JR山手線/京浜東北線の浜松町駅又は都営地下鉄浅草線/大江戸線の大門駅からすぐのところにあります。  地図で言うとこちら。とても便の良いところです。  こちらが今回の物件。鉄骨階段の下にお蕎麦屋さんがあります。平屋の上に鉄骨階…

続きを読む

小便小僧の2010年

 月イチでお届けしているJR浜松町駅の小便小僧ですが、今回はちょっと遅くなってからのご紹介となってしまいました。  そしてどんなお姿でテン年代を迎えたかと言いますと・・・ あけおめでことよろだぜ。  ・・・虎、です。  渋谷のセンター街にいっときいた女子のような衣装ですが、とにかく虎です。全身で新年を慶んでいる模様です。 ちゃんと正月飾りはし…

続きを読む

ドンドン商店街ウヤマタイプトマソン

 今回は当blogではあまりとりあげないタイプのトマソン、ウヤマタイプの物件案内。  このウヤマタイプというトマソンがどういうものか、というご説明を差し上げますと、そもそもの成り立ちは「卯山 店」という看板があったところから始まります。  この表示では「卯山商店」なのか「卯山靴店」なのかはたまた「卯山薬店」だかわからない。なぜなら三文字目の看板がなくなってしまっているから。  …

続きを読む

横浜ぬりかべトマソン

 元旦路上観察で見つけた物件を先週に引き続きご紹介。上の写真の中に見えてますよ(わかるワケがないとは、思ってます)。  この写真の右側にある扉、これが今回のトマソン。地味ながらぬりかべタイプのトマソンです。  場所は横浜駅というよりも相鉄線平沼橋といった方がいいような所にある、歯科技術専門学校の別棟です。  近づいてこの扉を観察してみますと、溶接…

続きを読む

牛込柳町高所ドアトマソン

 昨年末、「牛込柳町原爆トマソン」という記事で予告した通り、今回は新宿区は都営地下鉄大江戸線の牛込柳町駅近辺のトマソンをもうひとつご紹介。  非常に年季の入った建物の、ちょっと奥まったように見える二階部分。そこにちょこんと、高所ドアがあります。  ドアの足元が傾斜の屋根となっていて、一体このドアはどういった用途で用いられていたのかが今ひとつよくわからないのです…

続きを読む