2010年03月31日

東京ミッドタウンの巨大ケーキ

P1020512


東京港区六本木、東京ミッドタウンにこんなケーキが展示されています。
 いまいち大きさがわかりづらいので、人間も写っている写真を貼ってみます。


P1020504


 いかがでしょう、このばかばかしいまでの大きさ。こんなケーキ、なかなかお目にかかる事は出来ないと思いますよ。


P1020505


 これは、東京ミッドタウンの「Midtown Blossom 2010」というイベントの一貫で展示されているもので、「Smile Cake,Happy Cake」といいます。

公式サイトの説明ページ

東京ミッドタウンの3周年を記念して、誰もが見たことがあり想い出を持っている「ショートケーキ」が、巨大なアートオブジェとして登場。縦5.8m、横7.3m、高さ6mの巨大なケーキオブジェは、全体をスポンジ状の素材で覆われており、実際に触ることができます。来街者に笑顔と懐かしさを想起するインタラクティヴアートです。(公式サイトより転載)

 と、いう事で実際に触れるケーキです。


P1020507

P1020506

P1020509


 触ってみると、スポンジ部分もクリーム部分もぷにぷにと弾力があって楽しいです。
 そしてケーキ後方は蹴られた足跡がぺたぺたとついていて、インタラクティブアートってこういうもんかー、と。

 さすがにケーキの上に乗っかったりは出来ないのですが、街中にこんなでかいケーキがドン、と置いてあるのが純粋に楽しいです。


 個人的なオススメは2つありまして、まずはこちら。

P1020503


 はい、フォークです。ケーキなのだからフォークは必須よね、という事なんでしょうが、こちらも当然のようにバカバカしいくらいに巨大で楽しいです。


P1020519


 もうひとつがこちら。夜になるとライトアップされて綺麗です。

 昼間だと前述した足跡だったり、みんなが触りまくってヘタってしまったところだったりがありありと見えてちょっと残念な感じもするのですが、夜は文句なしにナイスです、ショートケーキ。


P1020514


 都心のビルの谷間に鎮座するショートケーキ、4/4(日)までの展示だそうですので、今週末は花見のついでに是非どうぞ。
posted by Bassman at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

夫婦で南無南無


image-20100389092030.png

seesaaがiPhoneアプリをリリースしたので、久方ぶりにモブログ投稿です。

JR大船駅で見かけた広告看板なのですが、かなり前から地味に気になる存在なのです。

まずその微妙なディテールの大仏。歴史がある店だとこうくるか!みたいなぼんやりっぷり。

そして電話番号。227676を「ふうふでなむなむ」というところが何故か僕の心にさざ波のような何かを湧き立てます。やっぱすごいな、鎌倉。
posted by Bassman at 09:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 広告 | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

築地ぬりかべトマソン

P1020417


 ぽてぽてと東京都中央区、日本の台所築地界隈を歩いておりましたところ、かなりグレードの高いトマソンを発見して参りました。


P1020418


 左右対称に展開している階段の、左側がそっくりそのまま全てムダになっております。上ってもその先は何もない、という素晴らしさ。


P1020420


 もうこちら側の扉は使わない事になって塞ぎましたよ、という事が何の説明もなくおわかりになると思います。



 いいトマソンは、言葉が要らない。
posted by Bassman at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

浜松町意味不明トマソン

P1020378


 東京都港区浜松町、JR浜松町駅から程近くにある物件です。


P1020377


 自転車、原付置き場が廃止された跡だそうなのですが、このランダムに建てられている柱は一体何でしょうか。


P1020374

P1020376


 屋根か何かを受けていたのでしょうか、皆目見当が付かないのです・・・。
posted by Bassman at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

横浜アタゴトマソン疑惑

_IGP3884


 今回はある意味攻めにいったトマソンのご報告。ちょっと頭がおかしいのかどうなのか、我ながら微妙すぎてよくわからないのでご覧になった皆様のご判断をお待ちしたい所存です。

 場所は神奈川県横浜市西区、沢渡~鶴屋町といった地名となるあたりです。横浜駅から10分弱といったところです。
 ややながらかな坂の途中に、今回の物件があります。


_IGP3887


 はいこちら。下水へと続く溝なのです。

 これだけだと「いやそれ溝でしょ」という話で終わってしまうのですが、


_IGP3889


 溝の始まりがこのようになっております。つまり、法面から落ちてする雨水を集めるため(だけ)に存在してる溝だ、という事になります。


_IGP3890


 そして明らかなのが、この溝自体が道路に後付けでこしらえられた物だ、という事。全く計画性がない上に、わざわざ溝の始まりを閉塞させているので、ここより上流から流れてくる雨水は一体どうすればいいのか、という壮絶に無駄な形状になっています。


_IGP3888


 さていかがだったでしょうか。書いていても「これは一体何なんでしょう」と思っています。だからこそトマソンなのでしょうか。難しい。
posted by Bassman at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

金沢八景原爆トマソン

P1020349


 今回は写真ご覧の通り、という非常にシンプルなトマソン。というか空き地に建物を建てたらすぐ消えてしまうので厳密にはトマソンとは言い難いのですが、なかなか堂々としていたのでご紹介。

 場所は神奈川県金沢区、京浜急行線の金沢八景駅を出てほど近くにあります。この界隈は以前ご紹介した駅のホームから見える高所ドア法面にどどんと映える原爆トマソンと、結構トマソンが多いエリアなのかもしれません。


P1020348


 1階はコンクリート(モルタル?)の素地が露わになっており、2階はコンクリートブロック積の素地が見えています。この生々しさはなかなかの圧巻。
 加えて2階には開口を塞いだ跡もあり、なかなかのグレードの原爆タイプトマソンだと思います。


P1020347


 ご覧のようにこれから何かの建物を建設する計画が始まってしまうと、このトマソンはまた隠れてしまいますので、ご近所の方はありがたやありがたやと手を重ねに行かれると宜しいかと存じますよ。
posted by Bassman at 13:28| Comment(2) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

江ノ電鎌倉無用庇トマソン

P3150055


 前回に引き続いて鎌倉近辺のネタです。

 鎌倉に乗り入れている電車といえば、JRの横須賀線/湘南新宿ラインと、江ノ電。

 なんかサザンだわ、とか湘南だわ、という雰囲気も個人的にはせいぜい稲村ヶ崎から藤沢方面で、極楽寺から鎌倉間は都電荒川線テイスト、又はすっかり鎌倉名刹専用電車だなぁ、という感じのする江ノ電鎌倉駅。

 駅にはカエルの置物があったりずいぶんとのんびりとしたところだなぁ、という空気の中、ふとあたりを見回すとありました、トマソン。そんなもの見つけて喜んでいるの、きっと自分だけですが。


P3150056


 じゃじゃん。見事な無用庇ですね。残念なのはその下、かつて扉があったと思われるところの塞ぎ方がちょっと露骨だなぁ、とも思いますが・・・ってどこかおわかりになりますか?


P3150058


 はい、こちらでございます。

 波板でかつての扉を塞いでいるのですが、どういう因果でこうなったのかがちょっとわかりません。無用庇のすぐ下には江ノ電のものらしい柵が立っていますが、これは江ノ電が敷地を拡張したからなのか、どうなのか。


 わざわざ観光地の鎌倉まで行ってトマソンを見つけてくる自分に乾杯。





新型江ノ電プラレールでお子さんを調教して下さい。


江ノ電って言ったらアジカン。


高校の時にはお世話になりました、江ノ電バス。路線バスのおもちゃはなかった・・・。


posted by Bassman at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

鶴岡八幡宮の大銀杏




 連日ニュースで「え、木にクローン技術?」「輪切りで保存?」とかなり珍しい文言が飛び交っていた、鎌倉は鶴岡八幡宮のご神木である大銀杏。
 樹齢1000年、鎌倉時代からの銀杏だけあってとても心配なので、観にいって参りました。


P3150027


 ご神木が倒れなくっても十二分に鎌倉きっての人気スポットである鶴岡八幡宮。いつ行っても混んでます。


P3150041


 はい、改めてここで書く必要はないのですが、本当に大銀杏がありません。なんだこれ、というような風景になってしまっています。

 ではどうなっているのか?と言いますと・・・


P3150040

P3150030


 はい、こうなってます。キャー。

 なんとも悲しい絵です。かつてそびえていた銀杏は幹を残してあとはバラバラ。この幹もニュースにあるように、再生を願って植え替えたものです。もうズタズタ、という形容がぴったりくるような、そんな絵です。


P3150036

P3150033


 大銀杏倒壊の影響で、本宮へは正面の石段を上っていくことは出来なくなっており、左右の階段を上るように指示されてます。


 そして脇の階段から本宮へ上がってみますと、

P3150034


 上からもご神木の状態を眺める事は出来なくなっています。ご神木、という位置づけからも晒し者にすべきではない、という事もあるでしょうし、再生に向けての作業をしている方々もみんなに見られながらでは仕事し辛い、というのもあるのではないかと思います。


P3150035


 とは言えどもかろうじて見える場所がありましたので眺めてみました。やはり凄い状態になってます。


 心のどこかでは「倒れてしまったのは運命」という気も正直してます。命あるものがいつか終焉を迎えるのは避けられない事なので、ここまでの事をするのは若干違和感があるのですが、それだけ愛され、大事にされているのだな、という感慨も同時に起こりました。

 上手く再生できるのかどうか、それは生き物だけに誰もわからないのだと思いますが、これだけいろんな人が頑張った努力は、なんとか実ってくれるといいなぁと思います。

posted by Bassman at 21:55| Comment(0) | TrackBack(2) | あれこれ | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

浜松町突然原爆トマソン

P1020360


 都心の中の都心、東京タワーも近くに鎮座する東京都港区浜松町。古さと新しさが月島よりもさりげなく同居するこの町でみかけたのがこちら。


 何かの建物を取り壊したのだけれども、角にある建物が未だ健在のため何も作れず、仕方なしにバイク駐輪場にしてあるそんな一角で見つけたのがこの原爆トマソン。


P1020363


 いかがでしょうこのエレガンスなルックス。エンジ色のビル外壁の中で(ここまできたらもう)純白と言っていい程の、白。実際はそこまで白くはないのですが、この思い切りの良い風景は清清しさすら感じさせる風合い。綺麗です。
 そして25mm広角レンズでも真正面からは全景を収める事が不可能なくらいの距離の近さ。

 通常であればすぐに新しい建物が建ってしまい、また誰の目にも触れなくなるであろうことが必至である条件ですが、なかなかどうして、実はあと10年はこのままなんではないだろうか、というオーラを放っているようにも見受けられます。


P1020359


 手前に見える「伏見清酒 仙界」の存在こそが、このトマソンを成立させているのだ、と思うと更にとても味わい深く、この儚さ、刹那を乗り移らせたトマソン、なんとか妖しのように長生きして頂きたいものです。

 都心ではよく見る「ビルに写った原爆」ではありますが、「ビルに写った住宅の」原爆だと思えば、絶滅危惧種並みのレア度を誇りつつあるのではないか、と自分は思います。

 あと10年もすれば、都心において三角屋根の住宅なんて滅びてしまうのではなかろうか、と少し寂しい気分になりつつも、このたたずまいを今は楽しく愛でていたい、そんな感じでございます。
posted by Bassman at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

3月の小便小僧

P1020356


 今回は極めて普通の更新ですが、月イチに書いている(ややもすると忘れてしまう)JR浜松町駅の小便小僧です。

 今月は春の火災予防運動にあわせて、消防ってか救急な感じの衣装で登場でございます。ちっさいけどきちんとヘルメットも被っていてかわいくも凛々しいお姿でございます。


P1020355


 貴重な人命を救うべく、背中にはAEDをさげつつおしっこし続けるその姿、なんというシュールさ。AEDを持ち歩く小便小僧なんて日本でも、いや世界でもここだけです(それを言ったら毎月毎月『世界でここだけ!』のオンパレードなんですけども)。


P1020357


 おそらく東京消防庁で最も小さい隊員ですが、浜松町の片隅で治安維持を啓蒙するその姿はいろんな人に愛されればいいんじゃないか、と思います。





命を守るお値段はなかなか立派。



AEDを買ったらこいつでアピール。

posted by Bassman at 23:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 小便小僧 | 更新情報をチェックする