生田高所ドアトマソン?(3)

 今回も小田急線生田駅界隈のトマソンのご紹介。ハンパなくレベル高いなぁ、生田。感心しまくりです。向ヶ丘遊園~百合ヶ丘あたりは結構物件が多そうだわ、と思うので誰か探索して紹介してくれちゃうととても幸せです、って誰に向けて言ってるのかはさておき。  これまた世田谷通り(このへんだと名前変わるんでしたっけ?)沿いにあった物件です。この物件も非常にわかりやすいです。二階部分…

続きを読む

生田高所ドアトマソン(2)

 前回に続いてまたも川崎市多摩区生田から高所ドアです。  ここは世田谷通り沿いの建材屋さんなのですが、通りからふと見ると高所ドアが。  お店の私有地なので勝手に入るわけにもいかず、カメラをズームしての撮影となりましたので、違う角度からの考察は出来なかったのですが、こういうしれっとしている感じ、とても好きです。もういいじゃない、このドアが元々どうだったかなんて、って…

続きを読む

生田高所ドアトマソン(1)

川崎市多摩区、小田急線が走る線路沿いで見つけたのがこちらの高所ドアタイプトマソンです。  二階部分にドアがあって、ドアを開けても僅かに床があるのですが、今現在は配管材らしきものがドアそのものを塞いでいるので、このドアは使われていないし、今後も使う予定がなさそうだ、という事がわかります。  よく見ると高所ドアのすぐ下に、階段の手摺のような物…

続きを読む

仙台大観音(5)

 ついにやってきたのは仙台大観音の胎内。看板にある通り、階段での移動がメインですが、とんでもない距離があります。サンダルとかじゃない方がいいと思います。とてもだれると思います。  そしてのっけからこの貼り紙。電球切れてても許してね、というスタンスがある種萌えです。こういう告知は滅多に見ないので素敵っちゃあ素敵。ずぼらっちゃあずぼら。おおらかに行きましょう何事も、とい…

続きを読む

仙台大観音(4)

延々と観音様押しで進んでいますが、いよいよ観音様の胎内をご紹介していきますよ、今回。  お金を払って1階の仏像だらけエリアを一周すると、仁王に囲まれたエレベータが出現します(本当は入り口からも見えます)。が、このエレベータは乗れませんので、階段で2階に上がります。  2階で目をひくのはこちら、登龍門。これが名高い登龍門ですよ、皆さん。僕は34年とちょ…

続きを読む

仙台大観音(3)

 いよいよ仙台大観音、ご本尊の紹介です。全高100mという巨大な観音様なので、当然のように本殿に納められているわけではなく、ででんとそびえたっております。これからの写真で不安なのは、そのスケール感が上手く伝わるかどうか、という一点です。  こちらが仙台大観音です。足元にいる人から、大きさを思い浮かべて頂くとその途方もない大きさがおわかりになるかと思います。 …

続きを読む

仙台大観音(2)

 夏休みのオススメ行楽スポット紹介、前回からの続きで仙台大観音です。普通じゃない旅行、いかがですか?  仙台市制100周年に合わせて高さ100mという途方もない大きさで建立された仙台大観音、今回はプラザハウスについてです。これがもう楽しくって抱き合う感じです。  まずは旅館や大きなレストランなどで見る歓迎看板。団体客なんかのお名前を書くヤツですね。そしては…

続きを読む

仙台大観音(1)

 もうじきお盆休みですね。連休といえばお出かけでございまして、ここでも微妙な行楽スポットをご紹介しているのですが、今年の夏のオススメは仙台。さ、行くところが決まってない方は是非仙台へ行きましょうそうしましょう。  ご紹介するのは仙台が・・・あまり誇っていない仙台大観音。高さ100mという強烈な観音様です。  場所はこちら。仙台駅からはちょっと距離がありますので、バ…

続きを読む

渋谷駅短小手摺

 先月は驚異的な更新の少なさで大変申し訳ありませんごめんなさいでしたが、アレですね、7月って忙しいですね。昔から先生も走るって言われてただけありまして、凡人である自分も走り回ってたら1ヶ月過ぎてました。当然ながら先生も走るってのはウソです、そんな事7月に対して言いません、ごめんなさい。  閑話休題。今回の物件は東京、渋谷の渋谷駅です。  この駅はJR山手線、埼京線/湘南新…

続きを読む