2010年10月28日

オススメ路上観察blogのお知らせ。

 先日も2件ご紹介したのですが、最近は読んでて楽しい路上観察系のblogが多くてとても良い事だなぁ、と思います。

 特に、トマソン系の記事はちょっと前まであまりみかけなかったのですが、最近は「おお、すごい!」というのが多くて毎日楽しいです(コメントをあまり出来てないんだけど、実はいろいろ見てたりする)。


 と、いう事で今回もオススメのblogのご紹介。許可取ってたり取ってなかったりなので、不都合な方は恐縮ですがお知らせ下さいませ。



【detestationさんのblog】

 以前もご紹介した、東北トマソンの雄(ってこの人しかいないんじゃなかろうか、と思いますが)detestationさんのblogが最近とんでもない事をやってます。

 ずばり、

「毎日高所ドア物件更新」

です。

 こんな事なかなか出来ることではないのですが、素敵な物件を本当に毎日紹介なさってます。なんて事だ、なんて事だ!凄いです。さぁ今すぐご覧あれ。ホントにすっごいですよ。



【Bassman's note2】

 僕と同じHNのBassmanさんです。けどもこちらのBassmanさんは大阪にお住まいになってます。きっとベースも僕より上手いんだと思います。
 こちらのblogはトマソン中心というよりかは路上観察、という感じなのですが、特筆すべきはその写真。とても綺麗です。ぶっちゃけ僕の写真より数段シャレオツです。

 ああ素敵だなぁ、という写真の数々とその独自の視点による観察は、いつも「ほほ~」と感心しております。こちらもオススメでございます。



 あんまり人のを紹介してると「うーん、俺のはつまらんかもしれんなぁ」と若干おセンチになるのですが、これだけ見事なblogはみんなアクセスすべし、と思いましたので今回もご紹介。みんなそれぞれ特徴があって楽しいですよ~!・・・ウチも頑張ってますよ~~w
posted by Bassman at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

多摩サイ高所ドアトマソン

P1030623


 多摩サイ、ってご存知でしょうか。自転車乗る人なら間違いなくご存知でしょうが、多摩川サイクリングロードの事です。今日はそんな多摩サイを走っててみつけた物件。


 実は自転車に乗っていたりして、忙しくて中々乗れないのだけれど、機会が出来たらるんるんと漕ぎ出していきたい気持ちでいっぱい(な時もたまにあったり)だったりするのですが、そんな中自転車で横浜から登戸まで走っていたときに見つけたのがこちら。慌てて自転車を脇によせました。こういう時はいきなり減速すると後ろの人に大変迷惑なので気をつけましょう。自分はそれを気にして10mくらいオーバーランしました。


P1030627


 一見するとどうという事はない二階建ての建物なのですが、よく見ると、あります。さぁよくご覧になってみて下さい。



 どうでしょう?わかりますか?アングルが悪いなんて言ってはダメですよ(改めて貼り付けてみると真剣にアングルが悪い!)。


P1030626


答えはこちら。正面中央にありました。控え目ですが、確実に高所ドア。


P1030628


 で、やはり妙なのですが、改めて斜めから見てみると、この車道に直接出ようとするにはちょっと距離があるし、ここから車道に出ても昔のファミコンゲーム的な即死にしかなりません。
 では下に降りる階段があったのか、と考えるとその割には狭いです、周囲が。うーん。うーん。


P1030625


 でもやはり下に降りる外部階段があったのかなぁ、と思うのですが、そうすると今はどうやって二階に行くのか。うーん。うーん。うーん。


 というナイスな物件、多摩サイをサイクリングしながら探してみると良いと思いますよ。でも多摩サイはかなりスピードを出してる自転車も多いので、よそ見しっぱなしは大変に危険ですのでご注意を!!



posted by Bassman at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

葉山披露宴生活。

 今回の記事は某人気お弁当blogを丸パクリです。そしてきっと二度とこういう記事は書かないので、そういう意味では貴重です。


 先日、学生時代からの友人が結婚しまして。披露宴なるものにお呼ばれしたのです。

 それがもう、多幸感満載と言いますか、とっても幸せでございまして。誰がって言うと、僕が。ひょっとしたら新郎新婦よりも俺の方が幸せなんじゃないか?ってくらい幸せ気分全開になったので、そんなナイスな披露宴で食べたものを振り返ろう、という実にトマソンブログらしからぬ事をやってみるのです。誰の得にもならない事は百も承知。ハイパー自己満足です。


 祝祭の料理というのは総じて美味いものですが、今回のは特に美味かった。普通に食べても「ンマッ!」となるくらいには美味い食べ物を頂いてですね、ええそらもう幸せだったんです。さぁいきます。




_IGP7733


 前菜。「季節の野菜で仕上げたオードブルヴァリエ“パレットスタイル”」。
 うまうま。そして僕は生ものが苦手なので特別にメニューが一部変更されてました。なんたるお気遣い!この夫婦只者ではないな、と衝撃。


_IGP7786


 スープ。「シャンピニョンのクリームスープ カプチーノ仕立て 秋の味覚のシューファルシを添えて」。
 ・・・名称聞いてもさっぱりわからなかったです。確かだったのは、とても美味かったという事。
 あ、今回料理に対する考察他一切ありません。ただただ「うまいうまい」言い続けてると思います。えへ。


_IGP7791


 魚料理。「天然スズキのポワレ バジル風味 トマトとシブレットのブールブランソース。」
 ん、こちらも何がシブレットでなにがブールブランか、全くわかっておりません。でもお魚はとてもとてもとても美味かった。真剣に「もそっとよそって頂けないかしら」と訊ねようかと思ったくらい。


_IGP7794


 グラニテ。「柚子のグラニテ。」
 ・・・グラニテって何でしょう?シャーベットの事でしょうか。敢えてググりません。そして撮影忘れて食べちゃったから隣の友人に「食べるの待った!」と言って撮影させてもらいました。つべたくてサッパリしてました。

 ここまでの写真、ほぼもれなくビールが写ってますが、もちろんガンガン呑んでます。いいんです、祝祭だもの。


_IGP7801


 肉料理。「備長炭で焼き上げた和牛フィレ肉のグリエ 季節野菜と自家製コンソメスープを添えて」。
 これがもう大変な事になりました。美味すぎる。肉、美味すぎる。もう一度言いましょうか?肉が、美味すぎるんです。めちゃめちゃ美味い。幸せすぎて反芻したろか、というくらいに美味でした。ああ語彙が貧困だ。


_IGP7819


 ご飯もの。「真鯛の漬けと玄米のお茶漬け」。
 シャレオツなお茶漬け。こんなん食べた事なかったですよ。鯛は個人的嗜好でじっくり温めてから頂きましたが、こんなの毎日食べてたら絶対なんかの病気になる、ってくらい贅沢な味でした。


_IGP7832


 デザート。「ヴァローナチョコレートのガナッシュとカカオ風味豊かなチュイルのミルフィーユ仕立て オレンジのソルベと共に」。そしてウェディングケーキも。

 復活の呪文みたいなメニューですが、最後の品はこちら。甘甘でした。かなりいいチョコレートなんだろうな、とうすらぼんやり考えながら頂きました。



 と、いう事でおしまい。さて振り返って反省を。

(1) 写真が上手じゃない。
(2) 文章が本当に「美味い」しか書いてない。
(3) つまり小学生の作文以下だ。
(4) パクったと言ったら本家に「こんなつまんない記事書いてない」とクレームつけられる事必至。だからパクり元は明記しないんだい。

・・・二度とやらないから許して下さいごめんなさい。でも本当に美味くて幸せな空間で、いや違った。幸せな空間で更に料理も美味くて、何と言うか、とても幸せな気分でした。・・・人のウェデキングケーキ食べてばっかりで自分がみんなに振舞うウェディングケーキは・・・いつかなぁ・・・。うーん。


 という自己満足企画のトドメに、招いてくれた新郎新婦、呼んでくれて本当にありがとう。
posted by Bassman at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

新宿原爆アタゴ

P1030547


 眠らない町新宿、という手垢にまみれまくった言葉を使いたくなってしまったのですが、今回は新宿の物件です。

 繁華街だからか、結構ぞんざいにいろんなものの跡が残ってるのだと思います、新宿。得意じゃないのであまり徘徊してないんですけど、誰か新宿に詳しい人がいたら案内してもらいたいくらいなのです。


P1030548


 さてここに何があったのかはわかりませんが、何かの跡があります。ひとつは原爆タイプとして、四角くコンクリートがむきだしとなっております。

 もうひとつは、何かが載っていたのだろう台座が、今は単なる突起物として地面に。アタゴですね。


P1030546


 すごく地味なんですが、時代の変遷を示す跡なのかも、しれません。とか言いつつつい先日撤去されたばかりだよ、というオチであってもそれはそれで面白いんですけどね。

posted by Bassman at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

川崎駅短小手摺トマソン

P1030543


 東京から多摩川を越えて神奈川県に入った入口、川崎。最近は西口の再開発が着々と進み、自分が住んでいた7年程前とは大きく変わっている町です。

 そんな新しい生まれ変わりを見せようとしている川崎で出会ったのが今回の物件。改札出てすぐだから何かのついでにでも鑑賞できますよ。


P1030544


 手摺です。渋谷駅に続いて、手摺です。あった場所は川崎駅の改札(一ヶ所しかないので分かりやすいですよ)を出て左、つまりラゾーナ川崎がででんと待ち受ける西口にあるコインロッカーの脇です。左手は1階に降りる階段があります。

 なんでか知りませんが、またもや一体これは誰が使うのか、とつっこみを入れたくなるような手摺です。


<

 階段にある手摺とも繋がっていないので完全に独立しています。て事は、誰にも優しくないどころか、ここを掴むとまるで多摩川で石を売る人(byつげ義春)にでもなったかのような気持ちになる何とも切ない手摺です。

 ここまで無意味だと

「どうですか!自殺なんて下らない事だと思えませんか!」

と弱ってる人への励みにすらなるんじゃないかしらん、というナイスな物件でございます。
posted by Bassman at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

東神奈川駅ぬりかべとかだらけトマソン

_IGP7222


 JR京浜東北線と横浜線が乗り入れる東神奈川駅。横浜から1つ隣の駅となりますが、この駅に強烈なトマソンだらけ物件がありましたのでご報告します。


 まず上の写真をどうぞ。これは上りホームにある駅長室なのですが、すでに無用庇トマソンが見えております。

 具体的には自販機の裏が、かつて窓であったであろう事を示す庇があるのです。

 これだけなら「へー」程度なのですが、ここからがなかなか面白いです。


_IGP7213

じゃん。

_IGP7211

じゃじゃん。

 
 ぬりかべだらけです。そもそもがなんでこんなに窓(もしくは開口)がいっぱいあいていたのか。そしてなんでわざわざ塞いだのか。んー。

 

 更に言うと、これだけじゃあないんです。この反対側に行きますと、

_IGP7218


_IGP7219


_IGP7220


_IGP7221


 いかがでしょう、反対側もぬりかべだらけです。超トマソン駅長事務室!一体何がどうなったらこんなにいっぱい開口があった上に塞いだのか。考える事もためらわれるくらいの勢いです。



 そしてこの物件、ライブドアのロケタッチというサービスの中で

34番ホーム駅長事務室ぬりかべトマソン

として登録してありますので、ご覧になった方は是非タッチしてみて下さいね!!


posted by Bassman at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

鶴見小野駅ぬるかべトマソン+α

_IGP7323


 JR鶴見線のトマソン、2つめはシンプルな物件です。それにしても無骨で素敵。ほぼレアキャラですよ鶴見線。開業80周年のヘッドマークもかわいいです。


 今回の物件は鶴見駅から2つめの鶴見小野駅。お隣の国道駅があまりにも有名なため、相当にカゲが薄い液なのですが、そんなところも含めて愛でてあげるといいんじゃないか。どうだろうか。


_IGP7320


 で、トマソンはこちら。安善駅と同じく、駅舎です。そしてこちらは庇がないです。つまりぬりかべ的な物件です。



_IGP7322


 そしてもひとつ。「鶴見小野」が若干かすれて「鶴見ハ野」になりかけております。もう少し経年劣化してくるとウヤマタイプのトマソンになりそうだなぁ、と今回はボクシングで言うところのジャブみたいな物件ご紹介でした。そして鶴見線以外にちゃんとしたのがあったので次回は急遽そっちに変更します、なんて言うあたりが迷走しててごめんなさい。
posted by Bassman at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

安善駅無用庇トマソン

_IGP7250


 もう先月の話になりますが、なんとはなしにJR鶴見線に乗ってきました。

 そもそもは京浜東北線を各駅で降りてトマソンを見つけよう、という実にアレな事を思いついてしまったのでいざ!と最寄の横浜駅から始めたのですがこれがないことないこと。

 という事でさっさと飽きたのでもうこれは鶴見線にでも乗って癒されてこよう、と思ったのです。

 そしたらあなた、あるじゃないですかあちこちに。

 と、いうことで今回からいくつかご紹介。




 安善駅はこんなところ。いくつも分岐する鶴見線の中では平々凡々とまっすぐ進む駅です。


_IGP7244


 そんな駅で降りてみたところ、駅舎の開口がほとんど塞がれていて、残るは庇ばかり、という状態になっておりました。


_IGP7243


 かつて窓であった所は、ちょっと荒っぽい塞がれ方をしております。見方によっては機能美とも言えるかもしれません。

 昔は、もっと活気があって駅員さんがいたのか、地元の人がいたのか、きちんと手入れされていたのでしょうか。そしてそれが、年を経るごとに寂れてきてしまったから、このように窓を塞いでしまったのでしょうか。真相はわかりませんが、そう思うとちょっと寂しい気分になります。


_IGP7248


 運行本数が少ない鶴見線なので、このように首都圏の在来線では難しいアングルでも簡単に撮影ができます。あまり華々しい眺めではありませんが、ちょっとした郷愁を感じにいくのもいいかもしれませんよ。




鶴見線貨物回顧

鶴見線貨物回顧

価格:1,050円(税込、送料別)



posted by Bassman at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

再開しますというよりも。

 前回の記事から2週間以上あいてしまいましたが、別にネタがなくなったワケじゃなくて、時間がなくなってました。
 朝霧JAM行ったりライブでドラム叩いたり仕事でへろへろになってたりしたらあれよあれよと10月も中旬。これはいかん、という事でまた今日からちまちま更新していきますのでよろしくおねがいします。それにしても朝霧JAMの加藤登紀子さんは素晴らしかった。


 今回は宣伝大会。みちくさ学会で、新たに2回記事を書きましたので、良かったらご覧下さいませ。

庇のトマソンは、茶目っ気と哀愁が同居する
 こちらは無用庇についての記事です。そんでもって、結構あちこちにありますよね、これって。

シュールの権化、無用階段トマソン
 こちらは階段のトマソン。ブログ始めてから一度も純粋階段に出会えていない哀愁が(自分の中で勝手に)漂う記事なのです。

 
 みちくさ学会も僕が担当しているトマソンカテゴリ以外に楽しい記事が沢山集まってきてます。ふらふらといろんな記事を読むとなかなかに楽しいですよ。



 続いては最近出会った路上観察blogをご紹介。

路上で、にまにま(*^ω^*)
 北海道の道草丸さんによるblog。トマソンについては正直僕のblogよりも面白い物件を(汗)これでもか、とご紹介なさってます。北海道に行きたくなるような、見事な物件だらけですので、ご一読をおすすめです!

カメラな毎日
 こちらはsumikodxさんが、横浜界隈を主として路上観察なさってます。コンパクトな記事が中心ですが、いろんなものを見つけていてサクサクと楽しく読めますよ。


 
 では明日から通常営業に戻ります。撮りためた写真をどうしてやろうか・・・。そもそも大阪のネタもまだ半分くらいある・・・。
posted by Bassman at 11:02| Comment(9) | TrackBack(0) | あれこれ | 更新情報をチェックする