2011年01月31日

中延無用窓

_DSC0263


東京都品川区中延。五反田や大崎からも近いのに戸越と同じく妙に安心できる商店街があるのんびりとした町です。

 こういうところなのには、という言い方は非常に短絡的ですがありました、トマソン。それもなかなかに見事なものがいくつも。

 と、いう事でこれから何件か、中延で見つけたトマソンをご紹介していきます。





 今回の物件は駐車場にありました。大きいスーパーの向かいなので見つけやすいと思います。


_DSC0267


 窓です。しっかりとした、窓なのです。

 これだけでは「うん、窓だねぇ」という話でおしまいなのですが話はそれだけでは終わらないのです。


_DSC0261


 なぜならば、先程も書きましたがこの物件は「駐車場にある」のです。・・・なんで駐車場に窓があるんですか!ここ屋根のない駐車場ですよ奥さん!という事なのですよこれが。


_DSC0266

_DSC0264


 何の因果でこうなったのか、最近は便利なiPhoneアプリがあったりもしますが、敢えて推測はしません。なぜなら通常のトマソン物件に比べて遥かに愉快なルックスだから、です。豪快ですこれ。

 いろいろ考えていくと窓だけではなく塀もトマソンだ、という事になるかと思うのですが、塀にぽつんと窓、ちゃんとサッシュもガラスもありますよというこの状態は非常に面白いので、ご近在の方は是非。帰りにデビット伊東のラーメン食べたり商店街散策したら楽しいんじゃないでしょうかねええもう。
posted by Bassman at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

内幸町純粋手摺トマソン?

PA010078


 虎ノ門からちょっと北に流れてしまうのですが、今回の物件はこちら。手摺です。


PA010082


 今ひとつ確証がないのですが、実はトマソンじゃなくてちゃんとした用途があるのかもしれない物件なのですが、なんだかよくわからないところに手摺がぽつんと単独で設置されています。

 「確証がない」というのは、2枚目の写真、壁に何かスイッチボックスのようなものがあります。ひょっとしたらここを開けて何かすると壁がガラガラと動いて開口になったりするのかしら?という推測をしてるのですが、そのわりには足元の巾木(というか地覆部分)はとってもしっかりとした造りだし、ちょっと動くようには思えないのです。


PA010079


 この手摺周辺がまたよくわからない事になってて、手摺の左右で足元の石に段が付いています。何かありそうです。何かあるんじゃないか、いや何もないのにこんな設計ってどうよ?と考えると何かのギミックがなければいけない!とすら思ってます。でもよくわからない。


PA010084


 この無用手摺疑惑物件の並びには、きちんと

「手摺ってのはこういう形で使うから手摺なんだよ!」

と言わんばかりの手摺もあります。それだけに余計不思議。で、先ほどの疑惑が微妙なのも、この外壁に開閉というギミックがもしあるとするのならば

(1)開口の左側(写真手前側)にも手摺がなきゃいけないんじゃなかろうか。
(2)物を出し入れするための大開口になるとするにしてはあまりにも前面の道路が狭すぎる。これじゃトラックとか入れられないような感じ。

といった指摘が思い浮かんでしまうからでございます。こんな事をうんうんと唸ってるんだからああヒマですね我ながら。



PA010080



PA010081



 さてさてなんだか分からないままに、この手摺はビルの管理側からは「ポール」と認識されているようです。・・・ポール???

 手摺じゃないんだよ、という事はまだいいとして、これをつかまえて「ポール」ってのはちょっと無理があるんじゃなかろうか?つまりこれは、やはり

「かつて手摺であったもの」

なんじゃないかなぁ、と思います。内幸町、奥が深い。
 
posted by Bassman at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

ポニーキャニオン無用になったんじゃないか階段トマソン

_DSC0182


 虎ノ門、マッカーサー道路に関わる工事のすぐ脇にあるのがポニーキャニオン本社。その正面入口脇には数段の段があり、その先にはガラス越しにモニターが据え付けられています。ここではリリース作品のPVが流されているのですが、ここがちょっとどうも、クサい。


_DSC0183


 横からみると更に顕著となるのですが、モニターの映像を見せるため(だけ)にわざわざこのような凝った段をこしらえたというのはちょっと考えづらい。それにしてはちょっと中途半端だ、と自分は思うのです。



 ではこれ何か?1枚目の写真と併せて考えると、実はここって入口だったのではないかと思うのです。

 先ほどの段に加えて、ちょうどモニターが置かれているガラスのところがいかにも「入口だったんだぞ」というようなサッシュが入っているあたりがその根拠なのですが。

 そうすると辻褄が合うのです。この凝った段々は、エントランスなのだから凝っているのだよ、という事ではないかと。


 そういう意味では既に無用階段化しているのですが、そこにモニターを据えたので違う用途を階段に与えたのではないかしらんと自分は思います。


 ・・・こんな事考えて歩いている自分もどうかとは思うんですよ、いやマジで。でもこういう考え方をしだすと、それ以外には考えられないんですよどうしても。


 さ、この段の由来をご存知の方(特にポニーキャニオン関係者又は昔からこの近辺にいた方)いたら大歓迎ですよ~!コメントで突っ込んでやって下さい!!
posted by Bassman at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

みちくさ学会10回目。

_DSC0184



 少し前の話になりますが、みちくさ学会トマソンカテゴリとして10回目の記事となる、「トマソン探索ツアー虎ノ門界隈編」という記事を書きました。

 その前が新橋界隈編なので、つまりは一日で新橋からぐるーっと新橋虎ノ門界隈を巡ってきたのを2回に分けたよ、という事なのでございます。


 虎ノ門界隈、記事でも触れたのですが路上観察としてのトピックで最たるものは「マッカーサー道路」だと思います。汐留~西新橋~虎ノ門あたりで盛大に工事をしているわけなのです。


_DSC0192


 このように、オフィス街の中を貫くかのように工事をしてます。従って、なんだかよくわからない状態の空間があちこちに出来ているのです。



_DSC0189


 このように階段だけがぽつねんと残されたまま区画されていたり、


_DSC0190


 かつて建物がここに建っていたのだなぁ、というのがよくわかる痕跡があったり、なんとも面白い状態になっております。



 本当はここらへんもご紹介を、と思ったのですがトマソンの記事なので敢えて割愛しました。

 という事で何回かここらへんについてのお話をちょいちょいと差し上げてみようかと思います。


posted by Bassman at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

SONY NEX-5で夜景を撮影する。

 昨年末に購入して以来、とってもお気に入りになってるカメラSONY NEX-5。今回はこのカメラの売りのひとつ、手持ち夜景モードについて。


 暗い所で手持ち撮影をすると、やはりどうしても手ぶれしたり、そもそも暗いのでどうにもよくわからない写真になったりしがちです。



 試しにNEX-5でプログラムオートモード、ISO感度のみ指定して普通に手持ち撮影をしてみると、


_DSC0226


 ISO200。ブレまくってます。これでもしっかりと固定したつもりですが全然ダメ。まぁ腕前も全然ダメなのですけども。



_DSC0227


 ISO400。やはりまだブレます。200よりは良くなってますが、ブレてる事には変わりがないのでやはりこれもNG。




 ここでシーンセレクションの中から「手持ち夜景」モードを選択してみます。すると・・・

_DSC0224


 このようになります。ビューリホー!1回シャッターボタンを押すと、6連写して画像を合成して綺麗に撮るというものだそうです。これはすごい!!!

 ただ、このモードだと全てISO6400で撮影します。ISO800くらいでやってくれるとより一層素敵なのになぁ、とも思いますが、手持ちでブレないよ、というのは素敵ですね。


 ちなみに、プログラムオートでISO6400に指定して撮影するとこのような仕上がりになります。

_DSC0228


 元画像をそれぞれ見に行くと、ノイズの感じが手持ち夜景モードの方が綺麗だと思います。大したもんだよNEX-5、としみじみ思いました。あ、NEX-3でも同じ事が出来るハズですよ。





posted by Bassman at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | カメラ | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

【閉鎖】赤瀬川原平さん公式サイトオープン!

【2015/9/17追記】久しぶりに覗きにいったところ、公式サイトは閉鎖されていました。


 今年の元旦からだそうですが、ついに赤瀬川原平さんが公式サイトを開設なさいました!



【日々是現実】



 日記も今日時点で3編書かれてますが、とても楽しいです。氏から見たインターネットなるもの、のくだりなんかはとても新鮮。

 
 と、いう事でここにアクセスして頂いてる方々には特に、特に!オススメです。








posted by Bassman at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | あれこれ | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

保土ヶ谷無用庇トマソン

_DSC0056


 元旦に帰省というものをしてみました。今住んでる家から3km。西区から保土ヶ谷区への帰省という、横浜市民なら「おいそれなんだよ」と言って笑ってくれるであろう距離なんですけども。

 行きは路線バスというマニアックな帰り方をしまして、おせちなんぞを頂いたりしてですね、帰りはぽてぽてと歩いて帰ろうかと思い立って元旦の夜に国道16号線という道路を歩いていたら発見したのがこちらの物件。



_DSC0057


 建物2階部分にあったであろうドアを塞いだのでしょう、きっと。通常なら高所ドア物件になるところを、律儀に塞いだため庇だけ残った無用庇トマソンとなっております。


 夜の撮影となったので若干暗いのですが、それにしても新しく買ったSONY NEX-5は凄い。手持ちで夜景を撮影するモードではなく(それだと6連写くらいして合成→手ぶれのない写真にするという事が出来ます)、単にオートで撮影したのにこれだけ写るというのはとっても楽。これは楽しいです。
posted by Bassman at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

謹賀新年、今年の新兵器。

 あけましておめでとうございます、今年も宜しくお願いします。皆様におかれましても今年も路上観察などなすって日々を違う視点でご覧になられる事をお祈り申し上げます。なんのこっちゃい。


 昨年は正月から横浜駅界隈を徘徊しまくっていたのですが、今年はすっかり出不精です。

 理由としては

・年賀状書いてない。
・大掃除していない。
・というか忙しさにかまけていたら我が家史上最悪に汚くなってた。

などなど深淵かつ複雑なようなそうでもないような事情がありまして、実は今現在掃除が終わってません。

 見事にダメな大人なのですが、今年は年男、キリッといきます。何しろ外出したくてしたくてしょうがないのですもの。


 理由はこちら。

カメラ購入


 買いました、SONYのNEX-5。大人なのでダブルズームのキットを。秋葉原の某店で51,780円でした。今は更に下がっているのではないでしょうか。


 昨年バカ売れしたカメラなのですがご存知ない方のためにご説明しますと、写真の通り非常に小さいカメラでありながらデジタル一眼レフです。レンズ交換もできます。でもファインダーはなく、ライブビューの液晶画面で撮影します。そこいらへんがコンデジみたいです。

 最大の特徴は、この大きさで撮像素子がAPS-Cサイズである事、ですね。購入の決め手もそこです。

 「何言ってるかわからないよきみきみ」と思われた方はこちらをどうぞ。

撮像素子の大きさは性能と価格に直結(ガバサク談義)


写真が上手くない自分ですが、少しでもましになるといいなぁ、と思いつつカメラに頼ったというのが今回購入の経緯。

 
 買ってみてしみじみ思い出だしたたのが、赤瀬川原平さんのこの言葉。


カメラは散歩の導火線だ。何か撮りたい、何か見つかるかもしれない、という小さな火に導かれて町を歩く。ウォーキングは脚の筋肉だけの話になるが、カメラがあると目が加わり、感受性がスイッチされる。

赤瀬川原平写真展 散歩の収獲 + 横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展Webサイトより)

 本当にその通り。

12/30に購入したばっかりで、全然撮影できてないんですがそれにしても楽しい。大晦日にちょこっとと、昨日実家から自宅まで3km程度の道を歩いた際に撮影しただけなんですが、ちょっと興奮するなぁ、と思うくらいにカメラを持って撮影するという作業が楽しかったです。それくらいに魅力のあるカメラです、これ。


 前述したとおりでまだあまり撮影してないので外見の話を。

 自分はPENTAXのK200Dというデジタル一眼レフカメラを使ってます。頑丈でナイスなカメラなのですが、NEX-5と大きさ比較をしてみます。

前から比較


上から比較


 どうですか、このサイズ。NEX-5、本当に小さいです。そしてそれ以外にもいろんな機能と魅力が詰まってるらしいのですが、それはぼちぼちとご紹介していきます。


(1/3 8:20追記:コメント欄でひのさまからご指摘を頂戴しましたので訂正します。内容は「NEX-5は一眼『レフ』カメラじゃないよ」というものです。仰るとおり、完全なる間違いです。)


posted by Bassman at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | あれこれ | 更新情報をチェックする