2011年06月26日

平和島無用門などトマソン詰め合わせ建物



 
 堂々とした門ですが、ここからは出入りできない。無用門というトマソンですが、東京都大田区にはなかなかに圧巻の物件がありました。




 場所は環七通り沿い、大森合同庁舎です。隣に日産自動車があるのですぐわかります(民家じゃないので積極的に位置情報を提供します)。

 一見何もなさそうなのだけれども、実はうっかりととんでもない事になっています。





 立派な門ですが、開きません。むしろ開ける事を積極的に止めた、というような塀が邪魔しております。なんだこりゃ。




 実に圧巻な眺めなのですが、異様すぎて気づきませんでした、この物件。当たり前のような顔して存在してるもんだから、ねぇ?



 ちなみにこの大森合同庁舎にはもう一つトマソンがありました。




 それがこちら。ぬりかべトマソンです。



 あからさまに入口を新たにコンクリートブロックで塞ぎました、というような風情のトマソン。コントラストが見事ですね。語弊があるかもしれませんが、実にかわいいトマソンです。



 東京都大田区平和島、このエリアは今まであまり足を運ぶ機会がなかったのですが、なかなかどうして見事な物件がたくさんありそうです。
posted by Bassman at 13:52| Comment(2) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

平和島高所ドア



 なんだか忙しくってイヤんなっちゃうわ、という日常なので記事がただ写真貼っただけになってしまってていけませんねこれは、と思いながらも書くのですが、高所ドアです。



 場所は東京都大田区平和島。路地というか商店街というか、とにかくずいぶんと味のあるエリアをぬけてすぐのあたりにあります。


 工場、というかなんか資機材を置いてそうな建物の2階に、ドア。シンプルです。





 本当にシンプルな、工業系いや町工場系とでもいうのでしょうか、高所ドア。質実剛健でございます。

posted by Bassman at 19:22| Comment(4) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

新宿のぬりかべトマソン




 ちょっと地味な物件ですが、新宿某所にあるぬりかべトマソンです。




 室外機の左右に、かつて窓だった跡があります。




 窓の名残が、横からだと良く分かります。



 今回は写真を今までのフォト蔵livedoorPICSではなく30daysにしてみました。最大で850pix幅が使えます。すごくデカい。

 もともとは1か月限定のアルバムサービスだったのですが、いつの間にかストレージも開始したようです。使い勝手は結構良いです。Chrome対応してくれると更に素晴らしいので是非お願いしたい。
posted by Bassman at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

横浜無用階段?トマソン

_DSC1112



 なんだか久々な感じのするトマソン記事です。実際久々ですね。


 こちらは横浜駅の繁華街を通り抜けて、岡野という交差点を岡野公園へ向かっていく途中にあります。どんだけローカルな説明なんだ、と思って反省したので地図で説明します。




 横浜駅からは少し離れた所になります。徒歩10分くらいでしょうか。



_DSC1114


 3段階段があるのですが、上った先には何もない、という無用階段のトマソンです。

 ただ、微妙なのは確かにこの階段を上ってもそこからどこにもいけないのですが、不動産の物件情報を眺める事は出来るのです。

 

_DSC1115


 建物を正面から見てみますと、左手に出窓があります。でも、正面から中には入れないようになっています。


 実はここ、元々はバーかスナックか、とにかくそういう夜のお店でした。

 それが閉店して、どうなるのだろうかと思っていたら次のテナントというよりも建物の壁一面に不動産情報を貼るようになった、というものです。

 従って、階段として考えると全然意味はないのだけど、不動産情報を見てる人は知らず知らずにこの階段を上って、情報見て、降りてくるという動きをするのです。・・・トマソン?どうなんでしょう。



_DSC1116


 役にたっているかいないか分かりませんが、皆さん階段には興味がないみたいです。そりゃそうか。
posted by Bassman at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

JR鶴見線 海芝浦駅(2)

_DSC1020


 神奈川県が誇る妙な駅、海芝浦駅の後半戦です。なかなか行くのにおっくうだけど、行ってみて頂きたい!魅力がここで伝わるかどうかは一切を責任を持たないのだが。


_DSC1056


 海芝浦駅最大の特徴は「出られない」事です。実はちょっと語弊があるのですが、「改札から外に出る」という作業は不可能です。

 理由は前も書きましたが、この駅の存在理由は唯一「東芝に通う人のため」だからです。つまりは社員しか来ない。ので改札の外は東芝。いやむしろこの駅自体も東芝。

 「改札の外は東芝だよ~」という写真を撮影しようかと思ったのですが、実はしかと「撮影禁止」の表示があるので、撮ってません。でも本当に出られませんよそこのあなた。



_DSC1023


 ではどうするか。そこは超大手企業東芝。公園を作ってくれました。なので現在は

「素人は生み芝公園、プロは東芝」

という2系統の用途がある、という事になります。みんなここでぼんやり待ってればいいのです。


_DSC1021


 ちなみにSuicaで海芝浦まで来た人は、きちんとここの簡易Suicaマシーンで出場→入場の処理をしないといけません。なぜなら、鶴見駅まで行っても京浜東北線へは自動改札を通るので、きちんと処理しないと出られないのです。


_DSC1066


 さてそんな海芝浦駅。ぼんやり待ってると電車がやってきてお帰り、となるのですが・・・




_DSC1071


 ぼやぼやと何も考えずに乗ると武蔵白石行きなどのトラップが仕組ませてたりもしますのでご注意を。や、むしろ武蔵白石に行くべきか?



_DSC1067


 そして夜の海芝浦から鶴見線に乗ると、まぁこんな感じで無人です。鶴見線を独り占めできますよ。



_DSC1072


 週末の気軽な気分転換に鶴見線、昨年も書きましたがやはりおすすめです。
posted by Bassman at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 探訪 | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

JR鶴見線 海芝浦駅(1)

_DSC1044



 素敵な工場の風景を沢山拝める海芝浦駅ですが、実際はどんな駅なんでしょう。とは言ってもいろんなところで記事になってますので、興味のある方は「海芝浦」で検索してみるといいですよ。



_DSC1052


 海芝浦駅は、鶴見線の海芝浦支線の終点となる駅です。

 鉄道に興味のある方にはとても有名な話ですが、鶴見線は本線に加えて2つの支線を持っています。1つがこの海芝浦支線。そしてもう1つは大川支線といいます。


 鶴見線自体が京浜工業地帯へ労働者を輸送するのが主たる目的であるのですが、海芝浦駅はどこへ通ずるのか。答えは東芝です。

 東芝という企業は「東京芝浦電気」という社名を短縮して今に至るのですが、その結果東芝京浜事業所に来る電車を迎える駅名に「芝浦」という名称が残ったわけですね。



_DSC1053


 もう1つ特徴的なのが、時刻表をご覧になると分かると思いますが、運行本数の少なさです。ぼやぼやしてると電車がなくなってしまいます。



_DSC1051


 駅自体はこんな感じ。とことんがらんとしております。

 じゃあなんでこんなにがらんとしてるのか、というあたりは次回に続くのです。
posted by Bassman at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 探訪 | 更新情報をチェックする