2015年09月28日

再びサンライズ瀬戸で横浜から高知へ

_DSC4293.JPG


 前回の記事で検討した結果、横浜から高知まで行くのにサンライズ瀬戸を使うことにしました。

 個人的にはサンライズ乗車は2回目。前回は5年程前、急遽高知に行かなければならなくなったためみどりの窓口にダッシュしたところ、唯一残っていたのがシングルデラックスという一番上等な部屋でした。豪華にして高額。

 今回は少し日程に余裕があったので事前に検討のうえサンライズを選択できたので、出発の2週間くらい前にJRみどりの窓口へ。

 サンライズ号の予約は少し面倒で、ネットでは無理なようです。したがってみどりの窓口で対面販売となります。

 2人での旅だったのですが生憎とあいていたのはシングル2席。取れただけ良かった、と思って手配の上いざ当日。

_DSC4216.JPG


 金曜日の夜22時ともなると、横浜駅の東海道線下りホームには仕事帰りや飲み会帰りの方々が沢山います。そんな中でぼんやりとサンライズ号が来るのを待つのですが、その前にやる事が。
 それは「飲食物の購入」です。サンライズ号には食堂車や軽食の販売はありません。自販機で飲み物を購入することはできますが、逆に言えばそれしかありません。
 横浜駅構内だと戸塚寄りの階段を下りたところにあるコンビニ、NEWDAYSが大きくて便利かと思われます。

 そして横浜駅でのサンライズ号乗車位置について。横浜駅では上野東京ラインや特急踊り子号の案内はあってもサンライズ号の乗車位置案内はホームにありません。
 ではどこにいればいいのか?それは

「柱番号=車両番号」

です。ホームに並ぶ柱に記載されいる数字が、サンライズの各車両に連動してますので、そこらへんにいればパニックを起こさずに済むでしょう。この情報は、ホームの放送でのみ提供されます。
 また、不幸にして乗車位置と全く異なる位置で乗らざるを得なくなっても大丈夫です。岡山で出雲・瀬戸に切り離しされるサンライズですが、逆に言えばそれまでは連結され、お互いを行き来できます
 自転車のように大きい荷物を持って乗る方は大変なのでオススメしませんが、旅の始まりから遠く離れた目指す車両に向かってホームを走るよりも、とりあえず乗ってしまった方が安心かと思いますでご参考に。


 出発前の段取りを踏まえていざ入線を待ちます。

_DSC4219.JPG_DSC4220.JPG_DSC4222.JPG_DSC4223.JPG_DSC4229.JPG


 上り下り各1日1本しかない特急、サンライズ瀬戸・出雲号が東海道線下りホームに入線です。いきなり非日常な車両が入ってくるさまは、いつ見ても素敵。更にこれに自分が乗るのか、と思うととっても素敵。上り車両は6:45に横浜駅にやってきますよ。

 到着したサンライズに乗り込みます。旅の高揚感が、使い慣れた横浜駅のホームから沸き起こります。こんな感覚、鉄道の旅ならではではないでしょうか。


posted by Bassman at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 列車旅 | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

横浜から高知、どうやって行くのが良いのかしら

_DSC4217.JPG


 先日所用がありまして、高知県へと足を伸ばして参りました。

 横浜発で土曜日の朝から高知観光でもしようか、という事で考えると

・土曜の朝一番で羽田から飛行機
・金曜の夜から高速バス
・金曜の夜から寝台特急

という3経路となります。ではそれぞれのメリット、デメリットを考察してみましょう。


(1)土曜の朝一番で飛行機

メリット
移動に関わる拘束時間が圧倒的に短い。単純に考えて、
・横浜駅から京急又はYCATからバスで羽田空港(どちらも30分程度)→7:40発・9:00着の飛行機で高知龍馬空港へ→バスかタクシーで高知駅
で2時間20分程度、手続き諸々で3時間ちょい見ておけば着きます。

デメリット
朝が早い。搭乗手続きに余裕を持たせて7時着だとすると横浜駅を6:30には出ておきたい。そしてお値段が少々します。早割を使えば12,000円程度で航空券購入できてお得ですが、予め予定を立てておかないといけない。正規料金なら35,000円くらいかかってしまいます。


(2)金曜の夜から高速バス

メリット
安い。とにかく安い。繁忙期でも14,000円程度で乗れます。更に、横浜を22:15発で8:30に高知駅へと到着しますので飛行機で向かうよりも早く高知駅へと到着します。したがって高知で使える時間がより長く取れる、というわけです。

デメリット
拘束時間が長い。10時間以上かかります。更にいうならば、夜行バスで眠れるかどうか、です。
自分は東北廃墟行などで予行バスを複数回利用しましたが、休憩の度に目覚めてしまったり、他の乗客のいびき、アルコール臭などに悩まされたりもしました。


(3)金曜の夜から寝台特急

メリット
一番安いノビノビシート以外は全て個室なので、くつろいで旅を楽しめます。
そして何より、一晩中電車に乗れます。最高だ。

デメリット
 こちらも拘束時間が長いです。バスよりも長い。サンライズ瀬戸を利用して高知に行くには、
横浜(22:24)→坂出(7:09) 坂出で特急しまんと3号に乗り換え(7:37)→高知(9:38)
という経路となり、飛行機で行くのとあまり変わらない到着時間になります。

 更に、お値段がなかなかに高い。坂出までサンライズ瀬戸のシングルで21,420円。坂出から高知で4,260円。計25,000円超。
 乗車券を横浜から高知まで買うので、実際はもう少し安くなりますが、それにしても高い。ノビノビシートを使えば7,000円ほど安くなって18,000円くらいですが、隣との仕切りがない雑魚寝感満載のシートはなんかイヤ、という方はシングルで料金を考えた方が良いでしょう。


 という事を総合的に鑑みて、今回はサンライズ瀬戸で行きました。一晩中電車でころころできるなんて幸せ。停車駅のたびにイングレスしたりもできるし贅沢(この時点で寝る気あまりなし)。


 次回はサンライズの道中について書いていきます。



posted by Bassman at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 高知県 | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

JX日鉱日石エネルギー根岸製油所(南本牧側)

_IGP5647


 地球深部探査船「ちきゅう」を探査しに行った際に訪れた南本牧。そこでとても素敵な工場が待っていました。

[ここに地図が表示されます]



 南本牧というのはそもそもとても地味なところ。工場や物流施設がある町で、夜になると南本牧大橋の下や岸壁沿いで釣りに興じる人以外の人気は全くと言っていいほど見かけなくなります。

 ガランとした夜の町に浮かび上がるのが、JXの工場。

 JX日鉱日石エネルギーの根岸製油所。名称から言って根岸なのですが、南本牧まで広大な敷地が広がっております。

_IGP5650


 では早速この素敵な建物を撮影しよう、と撮影スポットを探しにいったところ、うってつけのところがありました。

[ここに地図が表示されます]



 横浜トヨペットの本牧ファクトリーパークという施設とJXの間、「南本牧ふ頭入口」という交差点があって奥に進む道があるので臆せず進んでいきます。
 暫くすると、「これより先私道なので立ち入り禁止ですよ」という看板が出てきます。
 
 と、いう事はこの看板の手前ならば立ち入ってもよかろう、という理解を勝手にして、撮影開始。もちろん、歩道の端っこで邪魔にならないように。鉄則です。

_IGP5652

_IGP5651

 

 圧巻です。何より、横浜エリアでこんなに工場を近くで眺める事が出来るのが実に稀有。ちょっと交通の便が悪いのですが、根岸駅発97系統のバスで「かもめ町」バス停を降りると比較的容易に訪れる事ができます。

 このバス、根岸駅に向かう終バスが22時台までありますので、夜景撮影にはもってこい。シルバーウィークがとってもヒマな方、オススメですよ。



ホワイトガソリン(JX日鉱日石エネルギー) 18リットル
ホワイトガソリン(JX日鉱日石エネルギー) 18リットル
JX日鉱日石エネルギー株式会社
売り上げランキング : 2953


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


工場夜景
工場夜景工場ナイトクルーズ

二見書房 2015-02-12
売り上げランキング : 33225


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by Bassman at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 工場 | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

地球深部探査船「ちきゅう」を撮影しに行った(3)

_IGP5626


 なんとか地球深部探査船「ちきゅう」を撮影してやろう、と南本牧までやってきた。

 ここははじめて「ちきゅう」を目撃した場所。あまり見晴らしがよくない事も知っているけども、敢えての挑戦。

[ここに地図が表示されます]


 しかしここは辛かった。

(1)見えない
(2)風強い。
(3)寒い。

という苦難が待ち受けていて、マトモに撮れない。昼間ならいけるかもしれないけど、夜でシャッター開放するとブレますね。


_IGP5620


 ズームすると更に悲惨。とてもお見せできるような代物ではない。


 ちなみに、あまりシャッターを開けないで撮ればまわりには

_IGP5635


 起重機船があったり

_IGP5634


 ガントリーや工場があったりしましたよ。


 本牧・南本牧で「ちきゅう」を撮影したけど、少なくとも夜は本牧エリアがオススメです、という事がわかっただけよかったなぁ、と自分に無理やり言い聞かせるような、そんな一晩でした。
posted by Bassman at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンダースポット | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

地球深部探査船「ちきゅう」を撮影しに行った(2)

 本牧にある歩道橋の上から撮影した「ちきゅう」もなかなか良かったのだけれども、どうしても揺れが気になる、という事で近くを探したところ絶妙にちきゅうを拝む事が出来るポイントがあったので行ってみました。

 とかなんとか書いていると全部自分で見つけ出したみたいなので大変後ろめたい。

 どう後ろめたいか、というとこの撮影、同行者がググって見つけてくれたwebサイトの情報を基にして行ったからである。

 参照元はこちら。「ちきゅうを探せ (横浜港編)」

作成されたのは「キートンの四方山話」さん。
ちきゅうを探せ、のまとめページがこちら

 凄い情報量で圧巻です。とても参考になりました。


 で、そんなキートンさんの情報から向かったのがこちら。


[ここに地図が表示されます]


 ここで撮影した写真は、と言いますと

_IGP5671

_IGP5666

_IGP5654


こんなでございます。



posted by Bassman at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンダースポット | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

地球深部探査船「ちきゅう」を撮影しに行った(1)

 先日偶然発見した地球深部探査船「ちきゅう」。三菱重工横浜製作所に停泊していますが、ビッカビカに光っている船です。

 具体的には地球深部探査、というとても素晴らしい作業を行う船なのですが、私の中では「でかくてビカビカ」です。すいません。

 どこかいい撮影スポットないだろうか、ということで夜の横浜のあちこちへ、行ってまいりました。


 目指したのは本牧エリア。ちょうどいい歩道橋があるので試しにのぼってみると、こんな風景が見えました。素敵。

_IGP5661


 もう少しズームしてみると

_IGP5663


_IGP5666


 歩道橋の上なので微妙な振動と、風の影響で望遠するとブレが結構でます。特にシャッターを開放してるので大変。でも鑑賞するには良いところでしたよ。

 ちなみに普通に撮影すると

_IGP5662

 
 このような感じの写真となります。

そして撮影した歩道橋は、ここ。
[ここに地図が表示されます]






posted by Bassman at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物 | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

どーもくんバス

613A6BBE-144D-4C54-A869-AF4232FCDDBE.jpg

渋谷で見かけたラッピングバス。NHKのどーもくんだ。

かわいいじゃあないか。元が京王バスとは思えないラッピングっぷりだ。

65381DC1-883B-44B4-AD43-1478FBA67BF5.jpg

シンプルだけどポップ、なかなかに素敵なバスでした。

posted by Bassman at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

地球深部探査船「ちきゅう」はギンギラだった

 先日、ドライブがてら夜の工場でも愛でるか、と南本牧方面へ向かったときのこと。

IMG_2043.JPG


 こんな暗いところをトロトロ車で走っていたら、前方になにやらきらびやかなものが。

IMG_2054.JPG


 暗闇を照らすがの如くにビカビカしています。近づいてみたのですが中々上手く撮影できません(というかiPhoneしか持っていなくて我ながら残念)。

 一応いくつか撮影したものをのっけてみます。

IMG_2052.JPGIMG_2050.JPGIMG_2044.JPGIMG_2046.JPGIMG_2049.JPG


 一体これは何だろう。三菱重工がいつの間にか新しい建物を建てたのだろうか、とか思いつつ帰宅。情報通の某氏に伺ったところ、なんとこれ、船だそうです。


 地球深部探査船「ちきゅう」。それがこのギンギラの正体。リンク先にいくつか画像があるのですが、とてもこんなにギンギラするようには見えません。

JAMSTEC:ちきゅう
三菱重工ニュース:地球深部探査船「ちきゅう」を竣工29日、海洋研究開発機構への引渡し式を開催


JAMSTECによると、11月中ごろまで南本牧にいるそうですので、今度は撮影スポット探して撮影再挑戦して参ります。
posted by Bassman at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンダースポット | 更新情報をチェックする