サグラダ・ファミリア(5)受難のファサード

 生誕のファサードと対をなす、サグラダ・ファミリアで最も論争を呼んだ受難のファサードです。  こちらも有名な話なのですが、生誕のファサード及びサグラダ・ファミリア全体の意匠とはあまりにもかけ離れたものがこの受難のファサードです。   手がけたのはバルセロナの彫刻家、Josep Maria Subirachs、ジョセフ(或…

続きを読むread more