Fisheye2とdemekinの比較

demem.gif


 先日買ったLomo Fisheye2と、以前から所有していたdemekinカメラ。
 
 どちらも超広角、というか魚眼と「ギョガン風」のカメラなので、その差はいかなるものだろうかと思い立って、先日2つのカメラを持って写真を撮影して参りました。ご参考になれば幸いです。


 では早速2つのカメラで撮影した画像を並べてみます。ちなみにFisheye2で撮影した写真は2400dpiでフィルムスキャナ使用、demekinで撮影した写真は110フィルムの為フィルムスキャンできず、L版にプリントしたものを1200dpiでスキャンしました。
 フィルムは両方Kodakの400です。demekinの方はフィルム装着してから3ヶ月くらいたってます。
 
 そして使用しているPicasaでは最大1600dpiでウェブアルバムにアップロード、という仕様になってますのでご了承の上ご覧下さい。 


上がFisyeye2、下がdemekinです。


 coredo日本橋近辺で撮影。


 表参道GYREを撮影。


 表参道のTUMI。


 表参道の日本看護協会を裏から撮影。


 東京駅八重洲口。


 首都高速、宝町ランプ。


Tokyo Union Church。


 表参道、オリエンタルバザール。


 色味などはフィルムから直接読み込んでいるFisheyeと、プリントしたものをスキャンしているdemekin、という違いに加えてdemekinに装着してた110フィルムがかなり古い、という差があるのでこれだけでは評価にならないと思います。
 
 全体的にフィッシュアイはギュギュッと端部が曲って、デメキンは緩く曲ってます。
 加えてフィッシュアイは四隅が黒くなります、性質上。デメキンは普通の写真みたいにきちんと全面プリントされてます。

 何かのご参考になれば、幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック