カレーカツ丼@富士そば荻窪店

 久々に食べ物のお話です、今回は。脱線の一週間。

 先日荻窪の富士そばに行きまして。と言うのも私事ですが好きなんです、蕎麦。例えおおよそ蕎麦粉2~3:小麦粉6~7の逆二八と言われている立ち食い蕎麦でも、好きなんです。

 あ、ちなみにこれ全部が全部そうとは限らなくて、チェーン店のゆで太郎は5:5の配合だそうだし、そもそも富士そばが何:何かは知りません。


 そんなこんなで富士そば。蕎麦を食べようと入ったのですが、目に入ってきたのはこれ。

P1030751


 530円払うと「カレーカツ丼」が食べられます。これ自体は富士そばでちょくちょく見かけるメニューですが(富士そばは店舗によってオリジナルメニューがあります)、それより何より

「インターネットで話題の商品!」


という言葉の力強さが素晴らしい。ついうっかりこれにしました。どこいったんだ、蕎麦は。


 インターネットで話題というとIT系の人が喜んで食べるのでしょうか。どうなのでしょうか。


 閑話休題。
 で、ブツが来ました、ブツが。

P1030752

どーん。

P1030753

どどーん。

 商品名に極めて忠実な一品が出てきました。カレー皿にカツ丼。周りはカレー。見事。

 食べてみたところ、「うおおお、美味くてびっくり。これぞマリアージュ!」というような感想も特になく、カツ丼とカレー、という感じでした。そのまんまですね。そのまんまなのですよ。

 自分が小学生や中学生で部活動帰りとかなら喜んで食べただろうな、と思いますこれ。そのあたりの子における夢の食べ物の一つ、というような商品だと思います。


 しかし、大人になった自分は食べながら「これは一体何キロカロリーあるんでしょうか?」と怖くなっておりました。見事なB級グルメです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

葱論。
Excerpt: 突然ですが 私は 生の葱が苦手です。あの こう ツーンとするのが苦手なんです。煮た葱は好きですよ、鍋焼きうどんに入っていたりする あの 甘い葱なら 大好きです。「味覚がお子様だ」 とか どうか 仰らな..
Weblog: 浅草もへブログ。
Tracked: 2010-11-17 12:31