国会議事堂前駅の今

P1040390


 4/3付の当blog記事で「国会議事堂前駅を愛でる」という記事を書きましたが、今回は現在の状態をご報告。ちなみに上にある写真は4/3の状態。よく見比べて頂きながらこの記事に出てくる写真を堪能して頂きたいです。




P1070183


 以前見に行ったときには無機質な壁(セグメント)が剥き出しになっている、という感じだったのですが、今は白い塗装が進んでいます。


P1070185


 目を北千住方面に向けると、工事はまだ途中である事がわかります。

 きっと地下鉄の運行に影響が出てしまうため、夜間工事のみでの施工となっているのだと思います。つまりはじわりじわりと徐々にセグメントが白に染まっていく様子が、定点観測するとわかるのだと思います。


P1070184


 塗装が終わってきているエリアでも、ところどころ塗装がされていない場所があります。どういう都合でこうなっているのかはわかりませんが、良く見てみるといろいろと不思議な事があるもんです。



P1070186


 まだ塗装がされていない所も、4月の状態とは異なっています。

 セグメントの縦ラインに沿って、ところどころ横も、塗装されています。まるであみだくじのようになっています。これは防水か何かでしょうか?


P1070188


 単なる地下鉄の駅が、実は珍しい工事のために珍しい状態になっている、というのは貴重だと思います。この駅を使う方、通過する方はちょっとごらんになって頂きたい、と思います。

 千代田線以外だと、現在丸の内線のあちこちでモニタ埋め込みのためと思われる工事が行われていて、壁が一部コンクリート露出という状態になっています。通勤の合間に、是非ご観察を!

この記事へのコメント

2009年07月03日 16:07
こちらの駅には2度しか訪れたことがないのですが、暗い駅だな~という印象でしかありませんでしたが白くなると感じも変わりますね。
しかしホントに補修中なのかなんなのか。
2009年07月03日 19:29
>ganさん
今現在、かなり鮮やかな駅になっています。セグメントの塗装が終ったらまた化粧の目隠しが付くのだと思われます(未確認)。
これ多分、防水とかそんな工事だと思います。説明出てたんですけどよく読んでないという片手落ちで詳細不明です、すいません。

この記事へのトラックバック

  • 東京メトロ 千代田線 遅延

    Excerpt: 国会議事堂前駅の今 単なる地下鉄の駅が、実は珍しい工事のために珍しい状態になっている、というのは貴重だと思います。この駅を使う方、通過する方はちょっとごらんになって頂きたい、と思います。 千代田線以外.. Weblog: 哲学は人生の役に立つのか racked: 2009-07-30 07:13