横浜短小スロープ

P1070037


 今回の物件は横浜市中区、桜木町駅から関内方面に少し歩いたところにあります。


 写真を見れば一目瞭然なのですが、マンションの駐輪場と歩道に段差があります。そしてその段差を解消して、スムーズに自転車を運べるようにスロープがあるんどえすが・・・

・・・

・・・

・・・短い。

 とってもとっても、スロープが短いのです。幅もないし。


P1070038


 そもそもがこれだけ段差があるので結局はこのスロープには全く意味がない、という悲しい結果に終わっているのですが、この無力感満載のスロープ、神がかっているLo-Fi具合です。
 一般的なトマソンのカテゴリにはないのですが、そこはそれ、2009年型という事で温かい目でご覧あれ。

この記事へのコメント

2009年07月27日 15:14
左の塀のタイルをみると歩道まで貼ってあるということは、地盤沈下でもないし。。。
それにしても中区界隈は「グリフィン」のマンションが多いですよね。
2009年07月27日 18:18
これはなんとも(^^;
不思議な物件見つけるもんですねー。
奥にある自転車の為とは考えにくいのでのでデザイン??
2009年07月28日 00:04
>yukimiさま
 これ本当に中途半端で意味がよくわからないブツなんですよ。スロープなのかどうかも定かではないところがまぁトマソンぽいでしょ、と。
 陽光都市開発、横浜近辺では本当によく見かけますよね。相当営業能力が高いみたいですね。

>ganさま
 なんか最近目がこういうのしか求めてないようです、自分。
 前述した通り用途が全くもってわからないのですが、敢えていうならその奥の自転車のためにしかないんじゃないか、と思います。
 現実味は一切、ないんですけどね~。

この記事へのトラックバック