松尾鉱山:緑ヶ丘アパート(3)

_IGP1850


 雲上の楽園、松尾鉱山。その佇まいはどこから見てもいろいろな感情を心に浮かばせてくれるのですが、今回は緑ヶ丘アパートから見た外の風景をご紹介。


_IGP1856

_IGP1857

_IGP1274


 以前から書いておりますが、松尾鉱山の一帯は緑に恵まれております。鬱蒼とした森というよりは、なだらかな緑の風景、という感じです。

 そして緑ヶ丘アパートから外を眺めると、遠くには緑の平原、近くには様々な樹木があります。

 味気ないアパートでの生活にいくばくかでも潤いと、と思った住民が植えた木なのか、放棄されてから現在までの間に生えてきたものなのかは不明ですが、そこにも人の息吹の跡を、自分は感じました。


_IGP1266



 空の青、大地の緑、そしてアパートの灰色。ここには、普段の我々の暮らしにはないコントラストが、確かに存在しています。








_IGP1878


 明日は住民が遺していった生活の跡をご紹介します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック