二俣新町のサンカクと高架

 ずーっと続いていた大阪ネタをちょっと休憩して、今回は千葉のお話。

 JR京葉線には二俣新町という駅があります。この駅、その筋ではとても有名なところで、何で有名かと言いますとかなりナイスなサンカクがあるのです。どんなサンカクかと言いますと・・・

P5240107


こんなサンカク。線路が三角形を形成している珍しい場所です。

 航空写真で見ると、



こんな風になっています。そしてこれは、デイリーポータルZでも荻原雅紀さんが以前記事にしていたのでその存在を知ったのですが(「武蔵野線トライアングルめぐり」参照)、それ以外にもいろいろと愉快な事になっていたのでご報告致します。


 実は狙って行ったのではなく、仕事の絡みで今日たまたま二俣新町駅に始めて行ったのですが、ここが辺鄙な上にイカす構造物がお出迎えしてくれる場所でした。

P5240091


P5240081

P5240088

P5240087


 高架、高架、高架、高架・・・とにかく高架の大洪水です、この界隈。圧倒的な物量です。



 東関東自動車道やらJRやらが併走して通っているのでここがこんな一大コンクリート祭りの会場となったのですが、下の道を歩いていると、とにかく視界の殆どが高架。開放感まるでなし。恐れ入谷の鬼子母神。


P5240076


 更にぽてぽてと歩いていくと、そんな高架を更に身近に感じさせる歩道橋が出現。ここまでくると国交省が確信犯的に計画したんじゃなかろうか、というくらいです。

P5240078

P5240079

P5240077


 歩道橋からあたりを見回すと、視界の及ぶ至る所が橋脚だらけ。なんだかとんでもない物量です。

 東京からのんびり30分程度京葉線に乗ると、某ネズミさんの国よりもある意味おどぎの国があるなんて全く知りませんでした。仕事がなけりゃ半日は徘徊してしまっていたかもしれません。しかもタダ。なんて素晴らしいとこなんでしょう。その割には人が全然いませんでしたが。


P5240099


 駅前にはJRと東関道が交差するところもあって、かなりスペックの高い場所です。まるでパワースポット。



 そしてすっかり忘れた感もあるサンカクですが、なかなかどうして、これもまた感動。

P5240106

P5240108


 コンビニを境に、右と左に線路がわかれるようになっております。なんだこれ。

P5240112


 駅のホームからも、サンカクを感じ取る事が出来ます。凄い!


 本当に時間が全然なくて、写真も妙に白っぽいしサンカクの三辺、そしてその頂点を全て眺めてくる事が出来なかったのがとっても残念ですが、いつかリベンジしてやろう、と楽しみになる場所でした。
 休日はここで高架とサンカクを堪能してから千葉みなと言ってポートタワーのぼって、蘇我行ってJFE蘇我第5溶鉱炉堪能すればいいんじゃないかなぁ、とかなりアレでアレなデートコースを妄想してみたり。ま、一人で行くんですけども。






サンカク、と言えばやっぱこれでしょ、の鹿男あをによし。面白いですよ。ドラマ見たことないけども。



この記事へのコメント

Bassman5911@大阪
2010年05月25日 10:30
いいねえ、この荒涼感というか無機質感というか。
歩いていると理由もなく不安感に襲われそうで、
こういうところけっこう好き。


追伸。鹿男のドラマは多部未華子ちゃんがかわいくていい。
ドラマとしてもなかなかの出来だと思うので、ぜひどうぞ。
2010年05月25日 18:39
>Bassman5911@大阪さま
 無機質な町並みが一周してサイバー、というような感じですね。大阪は高速のジャンクションのレベルが高い!と言われているのでこういうとこ結構ありそうですけど、いかがでしょう?

ドラマ、ごらんになってましたか!時間を見つけて見てみたいです。エンディングが原作通りだとなかなかアツくていいなぁと思いながら。
ゆうにいさん
2010年09月08日 22:13
更に離れた地域では区画整理が全くと言っていい程されていないことを問題視している住民が多いです。区画整理をしていれば地積の正確化、従来の登記の位置や面積等が不明確になっていても登記の明確化、幹線道路や主要な区画道路における歩道の設置等で歩車分離確保、地区内に計画されている広域的な幹線道路や公園、河川等が整備されて都市骨格形成、道路や公園等の公共施設や供給処理施設の整った良質な宅地供給等ができていたのです。今からやっても遅くないのは言うまでもないですが、東京駅まで乗り換えなしの30分以内で行ける良さを活かす必要があり、大改善で大人気になれるのは証明済みな程、とても行きやすい所で、都内からもそう遠くなく、週末は東京に出て遊ぶことができ、これから人気が出てきて、駅から少し離れた場所で住宅が増え、お店も増えれば便利になっていきますが、現在も僅かながら新しいお店も増え、さらなる進化が期待できます。
区画整理は、更に道路網再編で交差点に隅切り設置、危険な交差点除去、誘致距離に応じた公園整備で児童の路上での遊技減少、交通に係る安全性向上、区画道路の幅員の拡幅で消防活動困難区域解消、公園等の増加と老朽建築物の更新による延焼遮断効果と避難機能や災害に対する安全性向上、上下水道やガス等の供給処理施設の整備で浸水や衛生面での快適性の向上、区画道路や公園等の一体的整備で公共空間が増加し、通風や採光等が確保された良好な生活環境形成、幹線道路と区画道路の一体化、中心市街地で街区再編や低未利用地の集約を通じ、商業や業務、生活、交流等の様々な機能の導入で地域活性化、枝番となっている地番等の整理、宅地整形化などもできます。
周辺を走っている路線バスは総武線や京葉線、東西線が事故等で遅延運休したら代替経路として振替輸送にも使える筈が、使われないようです。ならば京成トランジットバス原木線(二俣01系統)も京成バスシステム臨港線(船61-63系統)も振替輸送に使えるようにしないといけないです。両者とも二俣新町駅からは乗り換え距離が長く、運転間隔も長いですが、15分間隔での運転と、駅前乗り入れで格段に便利になり、西船橋駅南口までのJBSバスも京成バスか京成トランジットバスへの移管と二俣新町駅前乗り入れ、15分間隔での運転が望まれます。
いずれも地域交通の主力として本来重要で、潜在需要も多く、前から改良を求める声が多発しており、直ちに改良が必要です。
当初は二俣新町駅を造る予定がなかったせいとも言われますが、京葉線新木場延伸開業後に最初から二俣新町駅のそばまでバスが乗り入れ、本数を減らさなければ今よりもっと客が増えていた筈で、いうまでもなくバスが二俣新町駅のすぐ前に来てくれれば有難いです。バスが走るための道は殆どできております。現在は公道ではないですが、改良にはさほど大規模工事が不要です。
2010年09月13日 08:54
>ゆうにいさんさま
 なるほど。

この記事へのトラックバック

最近のコメント

タグクラウド