霊場恐山(1)

_IGP6594


 週末に、青森まで行って参りました。その様子は昨日までの記事に書いた通りですが、今回からはiPhoneではなくPCから更新します。

 今回からしばらくは、日本三大霊場のひとつ、霊場恐山のご紹介。ちなみに残るふたつは白山と立山だそうですよ。ってどこにあるんだろう。




 青森県は下北半島、本州のはじっこに位置する恐山はどんな所だったのか。イタコが集い、生と死、霊魂について向き合うそんな霊験あらたかな聖なる場所・・・というよりも、不謹慎を恐れずに言うと

「地獄のアミューズメントパーク」

というようなところでした。

 もちろん、先祖や家族の供養をする由緒正しい場所なのですが、幾多の生と死を受け入れてきたからか、非常におおらかな場所でした。



_IGP6487


 入山料500円を支払い、中に入ると重厚な山門が参拝者を迎えます。ここだけ見るといわゆる「お寺」なのですが・・・


_IGP6485


 その付近には風車に囲まれたお地蔵様があったり、


_IGP6496


 なんだかものすごいことになってる亀(?)がいたり、普通のお寺とはワケが違うんだよテイストがビンビンに味わえます。


_IGP6507


 恐山の建物は、このような大いなる自然に抱かれたような場所に建っているのですが、実はここらへんはまだまだ序の口。そもそもこれじゃあ単なるお寺(普通のお寺、ごめんなさい)。ここからが恐山の本領発揮となるのです。



_IGP6607


 山の緑と寺院の建物。そして奥に見えるのが、地獄です。そこだけ激しく荒涼としております。


_IGP6523

_IGP6511


 まるで箱根の大涌谷みたいな光景が、寺院の脇一帯で展開されています。硫黄が吹き出るここが、恐山の地獄です。これは強烈。


_IGP6515


 どんな地獄が参拝者を待っていて、どんな物があるのか、それは次回のお楽しみなのです。引っ張りまくってごめんなさい!

この記事へのコメント

Bassman5911@大阪
2010年06月08日 11:11
う~む。さすが恐山。

亀だけで尋常ならざる雰囲気がありますねえ!

夜一人で行ったら震えそうです。

2010年06月08日 19:19
恐山ってその名は知っていても何処にあるものか知りませんでしたが、そんな本州の最北端的な場所なんですね。
2010年06月11日 19:49
>Bassman5911@大阪さま
 宿坊に泊まったので夜の恐山も見学できたのですが、さすがに怖くて地獄は行きませんでした。
 そして亀。ちょう怖いですよね!なんだこりゃあ、みたいな。

>ganさま
 強烈ですね、ここ。交通の便が悪いのに参拝者が結構いて、なんとも不思議な場所でした。

この記事へのトラックバック