霊場恐山(4)夜の霊場

_IGP6572


 霊場恐山、参拝は午後6時までですが、実はそれ以降の恐山を眺める事が出来ます。
 その方法は「宿坊に泊まる」事です。

 恐山の宿坊は数年前に建て替えられ、とっても綺麗な建物です。まるでホテルみたい。しかしホテルとの違いは「お勤め」がある事です。

 その話は今度するとして、今回は宿坊宿泊者のみが見る事のできる、夜の恐山をご紹介。


_IGP6869


 恐山山門。1枚目の写真をPENTAX K200D内のエフェクトでHDR風にしたものです。

 あたりに人がいなくなった境内は、荘厳な雰囲気が否が応にも増しています。


_IGP6578

_IGP6870


 青森の山中にあるだけあって、空にまたたく星も容易に視認できます。この風景は、見ないと勿体無い。


_IGP6583

_IGP6871


 こちらは地蔵殿。ご本尊が祀られている建物も夜の帳に浮かび上がる景色がとても重厚。見事です。


_IGP6586

_IGP6872


 通常では眺める事のできない恐山(のごく一部)、いかがでしたでしょうか。次回は続けて、開門前つまり早朝の恐山をご紹介。

この記事へのコメント

telaviv
2010年06月13日 21:14
HDR風の画像が良いね。
2010年06月14日 22:42
>telavivさま
 どうもありがとうございます!夜三脚かついであれこれした甲斐がありました。でも次回はレリーズ必須ですね・・・。

この記事へのトラックバック