仙台大観音(5)

P1020846


 ついにやってきたのは仙台大観音の胎内。看板にある通り、階段での移動がメインですが、とんでもない距離があります。サンダルとかじゃない方がいいと思います。とてもだれると思います。



P1020845


 そしてのっけからこの貼り紙。電球切れてても許してね、というスタンスがある種萌えです。こういう告知は滅多に見ないので素敵っちゃあ素敵。ずぼらっちゃあずぼら。おおらかに行きましょう何事も、という教訓であろうと無理やり思い込んだ方がいいですよ。ちなみに自分が訪れた時には気がつきませんでした、電球が切れているところ。

 108体の仏像を巡る旅がいよいよスタートするのですが、仏像に興味がなくても、この旅路はとても素敵なので是非ごらん頂きたいのです。なぜなら・・・


P1020849


 こんなところをぐるぐると下っていくのです。超サイバー!まるで惑星メーテルのようです、行った事ないけど。松本零士先生の世界観が味わえる観音。なかなかないですよこんなところ。とても素敵な場所です。


P1020855

P1020859


 ありがたい文言やら休憩用のベンチ(ここ建物の中だぞ!)やらを経てたどり着いた108胎内仏。これがなかなかに見事。あまりにも沢山、というかまさしく108体もあるのでその全ては撮影してないのですが、いくつかをご紹介。


P1020895
大元帥明王、踏んでる!踏んでる!

P1020897
白象王菩薩は象さんも一緒!

P1020907
孔雀明王は孔雀に乗ってこんにちは!


 はい、ラブリーですねどれもこれも。こんなキャプションつけて仏罰が下らないといいんですけども。


 そんなこんなの胎内仏コレクションをスライドショーでどうぞ(アド街ック天国風)。


 どうですか、大観音の中におわす仏の数々。1階にあるものと足すと・・・一体どれだけあるのでしょうか。誰か全部撮影してきて下さい。



P1020906


 各フロアには祀られている仏のご利益が書いてあります。親切設計。
 ところが、中には「これご利益?」というのもございまして、まぁご利益なんでしょうが、ちょっとびっくりしました。


P1020869
ポックリ往生。

P1020868
ポックリ往生。


 他にもいくつかありましたが、「ポックリ往生」のご利益を持つ仏がいくつかありました。この語感が新鮮。大事にしたいですね、ポックリという言葉。



P1020912


 ひたすら仏像を見まくる旅は労わりの言葉と共に終わります。染みる。実際大変疲れるところでございました。



 どうでしょう、このワンダースポット。行かないなんて、勿体ないです。仙台へお立ち寄りの際は是非こちらも、愛でてあげて頂きたいのだと強く思います!

この記事へのコメント

禅定 法句#4219
2010年08月15日 00:57
偶々、日本橋「橋洗い」の項目を見ていたら、仙台大観音に行ったとお書きになられたので書き込みさせて頂きました。

いかれたのですね。序に「みんなの寺」と言うお寺も、こちら様の近くに有りました。良かったら、足を伸ばしてみて下さい。
2010年08月15日 20:11
>禅定 法句#4219さま
 ご来訪ありがとうございます。「橋洗い」から、という事はみちくさ学会からお見えになったのでしょうか?

 なるほど、この近くには他にも見るべき場所があるのですね。今度仙台を訪れる事があったら是非足を伸ばしてみたいと思います。貴重な情報どうもありがとうございます。
禅定 法句#4219
2011年07月23日 19:59
来年、仙台の「みんなの寺」様に立ち寄った時に入山させて頂きます。

仙台に行った時の方向の目印ですからね。
法衣が汚い時が有りますが堪忍して下さいね。
2011年07月31日 18:28
>禅定 法句#4219 さま

 来年を足をお運びになられるのですか。最寄り駅から結構ありますが、お気をつけ下さいませ!

この記事へのトラックバック

最近のコメント

タグクラウド