南千住ビジネスホテルの破壊力

_DSC0379


 南千住という町は労働者に優しい町です。従って、とてもお安いビジネスホテルが多数存在してます。

 そんな環境からか、外国人旅行者も近年ではよくみかけるようにおなりました。町が新しい形になっていくようでいいですね。比較的治安もよさそうだし(比較対象は横浜寿町とかね)。


 そんな町ですので、やはりただ普通に営業しててもダメみたいなんですね、ホテル。やはりインパクトがないと。

 そんな事を感じさせるのが看板。さて最初の1枚。

「ビジネスホテル 福一
 テレビ付・個土
 一泊\2200」

どうですか、これ。カラーテレビのカラー感が容赦ないです。液晶とかプラズマとかねぇ、そんなものはいらないんでございますよ。時代はずばり、ブラウン管。総天然色万歳!です。

 そして個土。個室じゃあないんです、個土なんです。いいですねぇ。


 これくらいじゃないと、厳しい21世紀に立ち向かっていけない、そんな心意気がいいですね。なんてったってビジネスホテルなのに「福一」。東急インとか京王とか京急とか、そんなんじゃあないよ福一ですよ!みたいな。


 続いてはこちら。


_DSC0383


 さあ来たこのワールドワイド対応。「安宮瑠」です。暴走族かい!という突っ込みもそうなんだけど、感じで親戚のおじさん感を出すあたり、絶妙です。財布に優しい2500円もやはりおじさんだからか!


 とまぁ今回は2つだけですが、楽しいですよいろいろ探すと。散歩がてらどうですか?こういうの。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック