JR鶴見線 海芝浦駅(2)

_DSC1020


 神奈川県が誇る妙な駅、海芝浦駅の後半戦です。なかなか行くのにおっくうだけど、行ってみて頂きたい!魅力がここで伝わるかどうかは一切を責任を持たないのだが。


_DSC1056


 海芝浦駅最大の特徴は「出られない」事です。実はちょっと語弊があるのですが、「改札から外に出る」という作業は不可能です。

 理由は前も書きましたが、この駅の存在理由は唯一「東芝に通う人のため」だからです。つまりは社員しか来ない。ので改札の外は東芝。いやむしろこの駅自体も東芝。

 「改札の外は東芝だよ~」という写真を撮影しようかと思ったのですが、実はしかと「撮影禁止」の表示があるので、撮ってません。でも本当に出られませんよそこのあなた。



_DSC1023


 ではどうするか。そこは超大手企業東芝。公園を作ってくれました。なので現在は

「素人は生み芝公園、プロは東芝」

という2系統の用途がある、という事になります。みんなここでぼんやり待ってればいいのです。


_DSC1021


 ちなみにSuicaで海芝浦まで来た人は、きちんとここの簡易Suicaマシーンで出場→入場の処理をしないといけません。なぜなら、鶴見駅まで行っても京浜東北線へは自動改札を通るので、きちんと処理しないと出られないのです。


_DSC1066


 さてそんな海芝浦駅。ぼんやり待ってると電車がやってきてお帰り、となるのですが・・・




_DSC1071


 ぼやぼやと何も考えずに乗ると武蔵白石行きなどのトラップが仕組ませてたりもしますのでご注意を。や、むしろ武蔵白石に行くべきか?



_DSC1067


 そして夜の海芝浦から鶴見線に乗ると、まぁこんな感じで無人です。鶴見線を独り占めできますよ。



_DSC1072


 週末の気軽な気分転換に鶴見線、昨年も書きましたがやはりおすすめです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック