上野毛無用階段トマソン



 閑静な住宅街、上野毛。多摩美術大学があったり二子玉川も歩いていける場所であったり、大変素晴らしい町です。

 そんな町でふとひつけたのが、どこにもいけない階段のトマソン。





 立派なお屋敷が立ち並んでいるうちの1つに、階段があります。おそらくは勝手口として使うのだろうと思うのです。・・・これで勝手口ってどうなんでしょう?というくらいに豪勢です。

 しかし、近寄ってみると奇妙な状態になっております。




 なんとこの階段、途中で行き止まりになっております。どこにも行けない階段です。3段上ったっきりでどうにもならなくなるこの階段、見目麗しい物件でございます。これぞトマソン。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック