2011年大晦日、iPhoneを海外に送ってみた。

fedex-logo


※今回はFedEx礼賛記事です。ていうか本当に凄かったですよサービスが。


 昨年末の事ですが、嫁いで台湾にお引越しした友人にiPhoneを送る事にしました。

 友人はiPhone3GSを使ってたのですが、それを壊してしまったとの事。ならば結婚祝いがてらお古だけどiPhone3GSを送ってあげよう、と思ったのです。

 ところが僕の3GSは電源ボタンがなくなってたり残念だったので、近所のバーで働く友人に3GSをめぐんでもらったりしてなんとか状態がいい端末を調達。

 さて送るぞ、と喜び勇んで郵便局に行ってEMSで送ろうとしたのですが・・・ なんと、


「EMSではiPhoneを送る事は不可能」


なんです。

 正確に言うと、送る事が出来ないのはiPhoneではなくリチウムイオン電池。だからiPhoneからリチウムイオン電池を取り外せば、送れます。でもiPhoneから電池を取り外すって・・・どうやってやるの?という事で断念。

 ちなみに、船便だったら国によっては送れるそうですが、実際受け取ってくれるかどうかは不明です。窓口で「船便にしたら?」という助言はなかったので・・・。

【日本郵便:リチウム電池について】(PDFです)


 さて困った。それであれこれ調べてたら、どうやら割高だけどFedExなら航空便で送れるもよう。そこで行ってきましたフェデックスキンコーズ横浜店。血迷って大晦日に。


 大晦日で17時閉店なのに15時過ぎに行って、

「すいません、iPhoneを送りたいんですけど・・・」

と言ったら店員さんが

「え・・・は、はい、送れますけどいろいろ手続きが大変なので・・・申し訳ないのですが一緒に調べながらやってみましょう」

との事。イヤッホー!バタバタしてる最終日なのにちゃんと対応してもらえた!

 やはりリチウムイオン電池が入ってるのできちんと要件を満たしているものでないとダメみたいなんだけど、とりあえずあれこれ書類を書くことに。



3512

通常の発送書類の他にこんな書類や、

3513

こんな書類を書きます。ああ英語で書くの大変。大変っ。

 ちなみにここで書いているのはFedExのこの書類(リチウム電池の発送について)。英語に堪能な方は予め書いていくと楽ですね。僕は、無理。

 更に、iPhone3GSのワット数などの明記が必要になります。これはここを参考にさせてもらいました。4.51Whr、3.7Vというのがバッテリの仕様だそうです。


 あれこれ書いて30分くらい、なんとか発送の段取りができました。梱包なども店頭で手伝ってくれるし、エアキャップもくれます。非常に楽。それでお値段は・・・確か・・・5,000円くらいだったような気が・・・します。あと現地で関税がかかったようです。ここらへんは送る国によって異なるでしょうからFedExに聞いてみて下さい。

 と、いう事でEMSでは拒否されたiPhoneもFedExでは無事送れました。フェデックスキンコーズのS倉さん、大変丁寧な対応をして頂いて感謝でした。この人いなかったら未だに送れてなかったかもしれないです。

 以上何かの参考になれば幸いです。そして分かったことは「海外にiPhone忘れてくると大変だぞ」という事。ハンドキャリーなら楽勝だもんねー。





この記事へのコメント

ちょっとまてお
2012年02月21日 07:05
リチウムイオン電池ってハードル高いんすね~、勉強になりました!
2012年02月22日 18:47
>ちょっとまておさま
 いやいや本当に、気軽に送れるのとばっかり思っていたら、意外や意外に大変でした~。忘れ物なんてできないっ!
シルク
2012年08月19日 03:51
昔の記事ですが、今まさに海外の空港にiphoneを忘れて苦戦している者です!
なんとか空港から確保(現地友人が)したのですが、送る段になっていろいろと問題が有るようです。
なんか嬉しかったので書き込み致しました。

お邪魔しました
2012年10月20日 10:48
>シルクさま

ご来訪ありがとうございます。
iPhoneの海外発送、めんどくさいですよね。一助になれば良かったなぁ、と思います!

この記事へのトラックバック