みちくさ学会トマソン:25&26回目は岩手についてでございます。

_DSC1654


 路上を観察するブログメディア、みちくさ学会に最近書いた記事のご紹介。

 6月分、7月分2回に分けて書いたのが、「いわてトマソンデスティネーション」という記事。これはご覧頂くとまるわかりなんだけど、岩手県にはやたらめったらトマソンがありますよ、という記事です。

 2回目の記事末尾に書きましたが、この記事は既に世を去ってしまった友人、M氏の存在抜きには語れません。

 M氏と知り合ったきっかけは自転車サイトのオフ会でした。そこから自転車で路上観察をしてみよう、という事になったり、盛岡にいろんなものを観にいこう、となったり。思えば愉快な事ばかりしてました。

 M氏は僕のblogを読んで下さってて、そこから影響を受けていろいろ探るようになったんだ、と仰ってましたが僕からすればもう「先生」の領域の知識量、情報量の方で、とにかくいろいろ知ってました。知っていただけでなく、実践する方でした。実際にあちこち訪ね歩いて、いろんなものを見てきて、感じてきての発言だったのでとてもタメになるし、面白かったです。

 なんかおセンチぽくなりましたが、そんなM氏が遺したものを掘り返しましょう。なんか、すごいですよ。







 自作のステディカムを使って撮影したトマソン動画。斬新すぎる発想です。出てくる物件もみんな素敵。トマソンを動画撮影する、という作業を思い立つあたりに氏の天才っぷりが出てますね。それにしてもいい動画です。みんな観て観て!という気分でいっぱいなんです。





 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック