桜上水の塀

image


 世田谷区の桜上水。団地の建替えが行われていたり何かと賑やかなところですが、ふと通りがかったらへんてこな塀がありました。

 木が、くいこんでいます。

image


 いわゆる「もの喰う木」というタイプのトマソンになるかと思われます。

 しかし、不思議なのは同じような木があるのですが、そちらは塀自体が木をよける形で立っているのです。

image


 と、いう事は計画段階で根っこが当たってしまうので塀をコの字にしてかわしたのだけれど、想定外な事に、塀に食い込む木が発生した、という事でしょうか。

 ではこれはどういう事か。

image


 電柱の支柱が、塀を貫通しています。・・・なんでこれはよけなかったのでしょう??

 と、微妙に奇妙な塀でございました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック