崎陽軒の桜木町駅・二代目横浜駅誕生100周年記念 横濱洋食弁当

IMG_1621.JPG


 8/16まで販売されていた崎陽軒の期間限定弁当、横濱洋食弁当を食べました。

IMG_1622.JPG


 この弁当は

現在の「桜木町駅」は初代「横浜駅」にあたり、1872年(明治5年)日本最初の鉄道が新橋~横浜間で開通した際に開業されました。その後、1915年(大正4年)8月に初代「横浜駅」は「桜木町駅」に改称され、二代目となる「横浜駅」は現在の高島町交番付近に移設されました。今年は、「桜木町駅」、二代目「横浜駅」が誕生して100周年を迎えるメモリアルイヤーです。 それを記念し、明治・大正時代に民衆化されたといわれているオムライスやトンカツといった洋食、さらには横浜発祥とされるナポリタンや横濱名物シウマイも盛り込んだお弁当を開発しました。当時の食文化に想いを馳せるとともに、海外と日本の文化が融合する街、横浜を感じていただければ幸いです。


 というコンセプトで作られたお弁当。従いましてケチャップやらなにやら「洋食」という感じのものがついてきます。

IMG_1623.JPG


 お弁当の掛け紙裏にもいろいろ書かれています。

IMG_1627.JPG


 中身はこう。これぞ洋食、というような王道メニューです。シウマイが入ってるのが流石崎陽軒、といったところでしょうか。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック