SOTEC(ONKYO)C101をSSDに換装する

IMG_4782.JPG


 2008年末に発売されたネットブック、SOTECのC101にChromium OSを入れたのですが、どうせならという事でHDDをSSDに換装する事にしました。

※あくまでも私個人の換装記録です。この記事の通りに換装をして失敗・破損等あっても私は一切責任を負いませんので、ご理解の上自己責任でお願いします。

SOTECのC101、(正確に言うと我が家にあるのはDC101B)というのはどういうパソコンか、というと
・10インチ液晶モニタ
・Intel AtomN270 1.6GHz
・1GBRAM
・Windows XP
・120GB HDD
という、ASUSeeePCなどのような、いわゆるネットブックです。

 今回換装に使ったのは2.5インチサイズで100GB越えているSSDの中では比較的安価なWD Green PC SSD 120GBというものです。

IMG_4779.JPG





ネットで7,000円しないくらい。失敗してもまぁいいか、という事であまり知識なく購入。

 使う工具はプラスドライバー1本のみです。念の為電源を抜いて、バッテリも外した上で体の静電気を逃がしてからの作業をおすすめします。
IMG_4785.JPG


C101裏面、中央部分にあるビスを1本外して、下側ニスライドさせると裏蓋が開きます。

IMG_4787.JPG


 写真右下部分を占めるのがHDDです。HDD両脇がビスで止まっているのでこれを外し、少し浮かせながら右側に抜くとHDDを外す事ができます。
 デスクトップPCのように複数のコネクタが繋がっているのではなく、一箇所だけなので比較的楽ですね。

IMG_4788.JPG


 HDDとSSDを並べたところです。当然のように同じサイズ。SSDの方がHDDより若干薄いです。

IMG_4789.JPG


 SSDに換装しました。本来ならばHDDを固定していた部品を外して、SSDに取り付け、PC本体に固定するのですが、HDDと部品を繋ぐビスがやたらと固かったで潔く1工程なしにしました。振ると多少遊びが感じられるので全くオススメできません。


 作業自体は10分足らずで終わりました。この後USBからcloudreadyを起動させてインストールし、現在のところ順調に動いております。

 Windows XP→Linux→ChromiumとOSを変更しているうちに
・タッチパッドが使えなくなった
・本体内蔵WIFIが使えなくなった
という問題はあるのですが、9年前のPCがまた使えるメリットの方がお金のない僕には大きかったので、気にせずUSBマウスとUSBWIFI挿して使ってます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック