半蔵門線半蔵門駅

963D7D6E-738A-47F0-9275-39C48969CDA0.jpg

近年どんどん減っていくもの、と言えば公衆電話。公衆電話跡を鑑賞するブログ(更新滞っているのがとても残念)を見てると段々とその魅力に気がついてくるかと思われます。

そして自動券売機。お気付きかどうか分かりませんが、こちら地味に減っています。

名著「超芸術トマソン」でも江古田駅の窓口を塞いだ物件が絵で紹介されていたのですが、最近そんな券売機跡がなんだか気になっているのでこれからちょいちょいご紹介して行こうかと思います。

先ずは半蔵門線の半蔵門駅。たまたま通りがかっただけで順番に思い入れはないです。

F2DEC9F0-C393-44A2-81DA-D575691C455F.jpg

元々は5台あったのでしょうが、左手2台がなくなってます。なくなっているけどら駅員さんが利用者の呼び出しに応じて出てくる窓口の跡はくっきり残ってます。

78FD5F54-574A-4962-A957-8E65B10E5D9D.jpg

右と左で窓口の丸を塞いでいる様式が異なるのが個性的です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック