八重洲ぬりかべ

286B71AB-9A1C-4F85-BD72-90772BD50981.jpg

八重洲で見つけたビルの二階部分、出入口の跡があります。ぬりかべタイプのトマソンでしょうか。

この物件、いやもっと言うとこの階段周りがなかなかに謎深く、実はトマソンよりも謎なのかもしれません。

(1)ぬりかべトマソン上のウインチは何のためか
6C9FCDCF-66E7-454E-A0FC-C077D7745C7D.jpg

出入口だったところの真上にウインチがついてます。これが何の為なのか、ちょっとよくわからない。
一階から荷物を吊り上げるにしては、ウインチが建物に近過ぎると思います。では何を吊るためにあるのか

(2)この階段は可動式?
鉄骨階段の二階床部分がヒンジのように見えます。ひょっとしたら折りたたみ式階段なのかもしれません。そうするとウインチの意味も、階段のためにあるのだ、ということになるのでしょうか

(3)そうだとしても動かし方がわからない
仮にここまでの仮説が合ってるとして、ではウインチでどうやって階段を畳んだり広げたりするのでしょうか?全く分かりません。


嗚呼謎深い階段だ。あ、トマソンどこいった?

この記事へのコメント