海洋文化及流行音樂中心



 高雄LRTの車窓から見えた素敵な建物を愛でてみましょう。日本では出会えないような建物だらけで興奮度マックス間違いなし!です。


 まずは海洋文化及流行音樂中心。調べると高雄流行音樂中心とも表されるので正式名称はこっちだと思いますがどちらで調べてもヒットする感じです。日本語では音「楽」なのですが台湾ではこの漢字使わないのね、という事も今回分かりました。勉強になるな。

高雄流行音樂中心Webサイトも凝ってて楽しいです。


 こちらの設計はManuel Alvarz Monteserin Lahoz + 翁祖模建築師事務所だそうです(artscapeより)。浅学なため知らないのがお恥ずかしいですが独創性に溢れた設計です。




 航空写真で見るとかなり大規模な建物である事が分かります。竣工は2020年8月だそうです。

 行き方はLRTC10光榮碼頭かC11真愛碼頭が近いです。






 横から見ても独特な意匠が際立ちます。必見。



よかったら押していって下さいませ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 路上観察へ




IMG_0379.JPG

この記事へのコメント

最近のコメント

タグクラウド