Bassheadについて考えてたらSketchUpをいじっていた

 ブログのタイトルに関する話かな、とも思えそうでありながら全然違う話を。Bassheadと名がつくブログをやっている私がBass head買おうかどうか、ひたすら悶々としている話です。



 ここのところずっとBass用Headアンプが欲しいなぁ、と思って生きていて、先日久しぶりに音楽の記事を書いてみたりもしました。


 で、まだ買ってません。かれこれ1ヶ月以上悩んでいるのではないかしら。

 買う機種はほぼほぼ決まっていて、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Trace Elliot ELF
価格:39380円(税込、送料無料) (2020/3/27時点)




 こちら、TRACE ELLIOTのELFです。理由は重量とその小ささ。とりあえずヘッドアンプをこいつに固定して音作りをすれば今後の人生楽になるのではないか、と。

 しかし助平心が働きまして、巷にある小型ベースヘッドについてあれこれ調べてみるとまぁ、いろいろと魅力的なのです。

 
 例えば

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AGUILAR TONE HAMMER 350 ベースアンプヘッド
価格:60908円(税込、送料無料) (2020/3/27時点)





 こちら、AguilarのTONE HAMMER350。350ワット。これ以外にも素敵なモデルがたくさんありまして、ちょっと比較してみる事としました、大きさを。






 と、いう事でみんな大好きSketch Upというソフトでヘッドアンプ各種の寸法比較をしてみました。こんな事やるの私くらいしかいないと思われますが、上の画像叩くとグリグリ動かせますので是非どうぞ。回転もしちゃいますよ。

雑に着色してるので色でなんとなくご理解頂ければ、と思うのですが左から
・TRACE ELLIOT ELF
・PJB D-400
・Aguilar TONE HAMMER350
。MarkBass NanoMark
・tc electric BH250
でございます。


 人間の後ろにある黒いのがAmpegのヘッドとキャビネットです。よくリハーサルスタジオとかにあるやつ。


 やはりTRACE ELLIOTの小ささが際立ってるなぁ、そして私は一体何をしているのでしょうか・・・?

この記事へのコメント

最近のコメント

タグクラウド