川崎扇町の工場夜景



 新型コロナウィルスの第二波か?という状況でお盆休み。遠出はやめてね、人混みは避けてね、等々の世の中なので久しぶりに一眼レフ抱えて工場夜景を撮影しに行くことにしました。誰もいないだろうしもし誰かいたらさっさと諦めよう、と。



 行ってきたのは川崎の扇町。実は今まで一度も撮影しに行ったことがない所です。しかしいろいろ素敵な物件があるのを知っていたので結構楽しみ。






・・・なんでしょうこれは・・・。久しぶりすぎて写真の撮り方を忘れてる。これはダメだ、とバルブ撮影のやり方をなんとか思い出してっ観ます、真っ暗な川崎の工場街で。

 そもそも電池の充電も忘れててコンビニで単三電池買ったくらいのダメっぷり。ポンコツどころじゃないですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】PENTAX K200D レンズキット
価格:29800円(税込、送料無料) (2020/8/11時点)









今回持っていったのがPENTAXのK200DとK-70で、K200Dは単三電池4本で動きます。従って今回はK-70の出番ほぼなし。次回はK-70もしっかり使えるようにします。


 さて気を取り直して、K200Dでなんとか撮影の仕方思い出して撮ってきました。





 前より暗くないかしら、と思いつつ川崎天然ガス発電所。










 京浜バイオマスパワー。ここは重機や車が手前に停められているのですが、ちょうど門の所からとても良く見えます。







 橋の上から撮影した昭和電工。撮影しやすくルックスもとても素敵です。


 リハビリ撮影でしたが工場夜景撮影、やはり楽しいです。バルブで撮影してどういう像が撮影できているのかのんびり待っているうちに、段々感覚を思いだしてきました。水平器が真っ暗でぜんぜん見えないのも、車が通りががると台無しになるところも、懐かしい感覚でした。またちょこちょこと撮影しに行こうかと思います。

 今回行った扇町はJR鶴見線も走ってますので電車で行って撮影することも可能です。ただし運行本数がとても少ないので時間にはじゅうぶん注意してください。

 私は車で行きましたが、アクセスが悪くなく、(おそらく)鶴見線もほとんど人が乗っておらず、着いた扇町も人が全くと言っていいほどいない、という見事に三密を回避できます。おうちに使ってない一眼レフがある方はリモコンかクイックレリーズ買って、三脚抱えて工場夜景バルブ撮影、いかがでしょうか。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ねこ鉄 〜猫と鉄道の出会いの風景〜 [ 花井 健朗 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/8/11時点)





_IGP5820.JPG

猫もたくさんいましたよ。

この記事へのコメント

最近のコメント

タグクラウド