目白台高所ドア連

目白台、東京カテドラルや大物政治家宅などが連なるエリアにあった高所ドア連。各フロアにドアがあって素敵です。 だがしかしこれはトマソンなのでしょうか。つまり無意味な構造物なのでしょうか。 建物外壁が少し出っ張っており、そこに高所ドアがあります。出っ張りの側面にはハシゴ代わりにタラップがうちこまれています。 つまりこのドア、避難の際にはここから出てタラップを使って下に逃…

続きを読む

横須賀無用門

門、である。ここは横須賀市。門くらいそりゃあるだろう。 しかしこちら、門の先にはどうやら何もないようだ。正確に言えば空き地がある、という事になるのであろうが。 空き地を守るための門、なんともはや。

続きを読む

中央区の無用車止め

東京都中央区にあるコインパーキング。少しだけ妙なのは 車止めの奥に見えるは…車止め。 フェンスで仕切られていますがどうやら元々は奥の車止めを使っていたのだけど、今は使わなくなった模様。 フェンスから奥の車止めを撮影すると、今でも現役バリバリの車止め感が漂っております。 この駐車場自体歴史があるようで、現在の形の前には入り口部分のプレートが上がるタイプの機械がついて…

続きを読む

反町無用シャッター

横浜駅から一駅、東横線の反町を散歩していた時に見かけた壁。真ん中に立つ不自然な柱が気になってよく観察してみると、 柱だと思っていたものは実はシャッター用で、上部にはシャッターが見えています。 しかしこのシャッター、閉めても先は壁。開けてもやはり壁。お知らせとして使ってくれているところに愛を感じますが、このシャッターがどういう気分なのかと考えると切ない気分になります。

続きを読む

京急田浦駅の不思議な半円

京急線、京急田浦駅。駅のホームに不思議な半円が二つ。 さてこれは何であろうか。マンホールか柱か木か。 マンホール、という事はなさそう。だってここホームの線路寄りだもの。写真左手に見える反対側ホームと同じ構造なら線路に降りてしまえば簡単に潜れるし。木も、ないでしょう。ホームに木ってどうなの?という気分になります。 では柱の跡でしょうか。 それにしては随分と太いなぁ、と思いま…

続きを読む

本郷の無用門

閑静な住宅街の中に突如として出現した無用門。通用門として使われていたのだろうけども、今は塞がれていました。 塞がれた部分が少し新しめになっているあたりが大変可愛らしいトマソンではないかと思いました。

続きを読む

八重洲ぬりかべ

八重洲で見つけたビルの二階部分、出入口の跡があります。ぬりかべタイプのトマソンでしょうか。 この物件、いやもっと言うとこの階段周りがなかなかに謎深く、実はトマソンよりも謎なのかもしれません。 (1)ぬりかべトマソン上のウインチは何のためか 出入口だったところの真上にウインチがついてます。これが何の為なのか、ちょっとよくわからない。一階から荷物を吊り上げるにしては、ウインチが建物…

続きを読む

杉戸宿高所ドアトマソン

埼玉県の杉戸、電車で言えば東武動物公園駅から程近くにあるビル。脇にはタクシーの待機所があって開けているところに見えたのが、二階部分にある高所ドア。 ドアの下部に鉄骨が2本突き出ているので、そこがかつての階段跡かと推察されます。 ドアの周りをぐるっと三方囲む配管もアクセントになってて素敵です。 生憎の天候でしたがかなりの駅前良物件でした。

続きを読む

御徒町ぬりかべトマソン疑惑

御徒町と秋葉原の間、昭和通りをのてのて歩いていたら出くわしたのが写真のビル。生憎iPhoneしかなくて広角で撮影するのにも限界があったのでパノラマ撮影→画像切り抜きという手段でビルの正面を収めたため画像が若干おかしくなってます、ごめんなさい。 では、どこらへんが気になったのかご説明します。 まずビルの向かって右側。写真左側に出入口がありますが、右側には対になるような大きさの壁…

続きを読む

東日本橋、無用庇かこれは屋根か、トマソンなのかなんなのか

東京都中央区、東日本橋の入り組んだ道を歩いていると出会ったのがこの建物。歴史を感じさせる中華料理店ですが、結構変わった形です。 側面から見ると、正面側は白く、奥側はモルタル素地となってます。 手前の時間貸駐車場になっている所は、この白いペンキに沿う形をしていたのでしょうか。窓の真ん中で色が変わっているのは偶然と思いますがとてもお洒落です。屋上部分にちょこんと出っ張ってる階段室…

続きを読む