大和高所ドア

 神奈川県大和市。小田急江ノ島線と相鉄線が乗り入れる結構便利な町で見つけたトマソンです。  コインパーキングの脇にある一軒家なのですが、近寄ってみると  2階部分にドアがあります。  外部階段がついていたのでしょうか、ドアの下部がその痕跡のような気がします。  もっと不思議なのは、ドアの右と下にある窓。右は分かるのですが、下の窓があまりにもドアと近…

続きを読む

三鷹のぬりかべ

 西東京、三鷹。ジブリが有名ですが実はトマソンもありました。  上の写真にある建物、至って普通なのですが裏に回ってみると  二階に上がる階段の入り口がふさがれています。一体二階にはどうやって上るのだろう・・・。

続きを読む

天沼高所ドア

荻窪駅の北側、駐車場の入り口に跨る建物にあったのがこちらのドア。 階下をピロティ構造にしている為元々どのような形でドアを使っていたのかがよく分からない。暫し観察していたのだけれど、駐車場のおじさんから刺さる視線に怯んで退散してしまった。路上観察勘がはっきりと鈍ってる。いかん、いかんぞう。

続きを読む

水江町無用門

 川崎市川崎区水江町。工場の町。  しかし今回はトマソン。や、工場も堪能してきたのですが。  某大企業の敷地にあるのは門。いや、門であったもの。年輪と風格を感じさせる門塀と、対象的な金網。  社名が刻まれていたと思しきプレートも今は何もない。それもそのはず、奥に大きな門があるからだ。  ちなみにこの物件、Googleストリートビューでも堪能できる。…

続きを読む

西巣鴨、開かないドアは何を思う

 西巣鴨、というより駅としては都電荒川線の新庚申塚駅が最寄となるのだろう所にある建物。アパートでしょうか。  特徴的なのは、ドア。勝手口なのでしょうが・・・  開かない。いや、開く。開く事は開くのだと思います。引き戸だから。  しかしまぁ、開けたところでこの空間をどうやって出入りするのか。紙人間専用か。  

続きを読む

長津田の蓋

横浜市の長津田。最近ちょこちょこと行くようになった町。 ある路地にあったのがこちらの蓋。鋳鉄ではなくコンクリート製の蓋だが、そんな事よりもこの蓋、 はまっていない ではないか。 道路に載っている蓋、というのはとても珍しい。と、いうか私は始めて見ました。 なんでこうなっているのか、この蓋を動かしたら穴はあるのかないのか、興味はあったけれどもなんとなくこのままが良いのではないか…

続きを読む

西巣鴨のやや高所ドア

 とあるゲームをやっていた都合上通りかかった都電荒川線沿線。路地を抜けていくと懐かしいような素敵な風景に数多く出会えました。  その中でもこれはなかなか素敵なドアでした。錆がサビサビしてると言いましょうか、年輪を伺わせる風合いです。    それに比してドアノブが綺麗なのもコントラストになっていて良い。  何より、出入りできない高さだ、ってのが一番素敵です。  

続きを読む

松戸無用庇

千葉県、JR松戸駅から近くにあったのがこちらの物件。 「犬具の店」 とでかでかと書かれているのも特徴的だが、その文字の上にあるのは庇だ。 庇の下には窓も出入口もない。だからこれは無用庇のトマソンだ、と言ってしまおうかと思ったのだがそこで悩みが生じた。 確かに無用な庇なんだけれども、下にある「犬具の店」という文字を守る庇なのだ、とみなせばこれは無用庇どころが十二分に有用では…

続きを読む

立川の微妙階段

 西東京、立川駅の線路をくぐる自由通路があります。自転車、歩行者のみ通行可能という道です。 [ここに地図が表示されます]  その南側の入り口にあるのが階段。というか階段なのかこれ。  2段しかない階段・・・というか何と言うか、です。誰の通行の助けにもなってないんじゃないかしらこれ。  天端にはかつて手摺か何かつけてあったのではないか、という跡が2箇…

続きを読む

横浜高所ドアトバソン

 タイトルはタイプミスではありません。  昨年御呼ばれしてコースガイドをさせてもらった横浜トマソンライド。そこで見つけたトマソンのご紹介。  前述したとおり、イベントのコースは私が提案させてもらいました。だから、このイベントで紹介するトマソンは全部私にとっては既知のもの。  だから新しい発見なんてないはずなのですが、見落としてました。  走行中、幹事のMOTO…

続きを読む