2014年11月10日

台東区期間限定 原爆タイプトマソン

Untitled


 台東区の御徒町から浅草方面へ歩いていたときに路地で見かけた物件。

 解体工事が終わったばかりで姿を現したもので、おそらく新築工事が始まってしまえば見えなくなってしまうのですが、あまりにも姿が素敵だったのでご紹介。


Untitled


 住居の形がくっきりと残っています。二階建てだったのでしょうか。白い壁に黒い跡、とてもよく映えます。

Untitled


 白眉は二階部分。隣のビルの窓がトマソンの窓のようになっていてかわいいです。

 近所にお住まいの方、この物件はぜひご覧頂きたい!と思うのです。
posted by Bassman at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

横浜市神奈川区の欠き込み

CIMG0557


 横浜市神奈川区というところはちょっと足を伸ばすとすぐ路地に突入する、路上観察的にはとても面白い所です。

 そこを以前ふらふらしてたときにみつけたものをいくつか。

 1つ目は住居の階段脇にある祠のような欠き込み。原爆タイプのトマソン進化形か?とも思えますがもともとここには何があったのでしょうか。
 地蔵にしては奥行がないし、ポストにしては使い辛そう。想像が膨らみます。


CIMG0560


 続いてはこちら。これはスロープか階段か・・・悩むところです。いったいなぜこういうよくわからない欠き込みが出来てしまったのでしょう?結局とても使い辛そうに見えます。余計なお世話ではありますが。
posted by Bassman at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

秋葉原駐車場二態

 秋葉原は本当にすごいところだ。電脳都市とはよく言ったものだ。

 街のいたるところにアニメ絵が描かれている。なんだここは。

 そんな街で見つけた駐車場がこちら。

P9250007


 萌え、である。もえ~、である。死語であろうか。

 機械駐車場の扉にこんな絵をあしらってしまうとは、いやはや驚きである。

 しかし、もっと驚くものがあった。これだ。


P9250008


 駐車場から見えるビルに何かついている。あれは何だろうか。


P9250009


 どうやら型枠のようだ。

 型枠というのは何かというと、コンクリートを入れる型。建物の形に型枠を組み立てて、コンクリートを流し込んで固まったら剥がすものだ。

 なんであんなところに1枚だけ残ったのだろうか。とても謎だ。・・・萌え・・・。
posted by Bassman at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

大口の不可思議TAXI乗り場

Untitled


 最近どっぷりとはまっているgoogleのingressというゲームがありまして。このゲームをやると深夜徘徊、早朝徘徊が当たり前になってくるという恐ろしいものです。

 で、横浜の大口を深夜歩き回っているときに見つけたのがこちら。TAXI乗り場の看板です。



 まずここ、おそらくなのですが、TAXI乗り場ではありません。きっと。

 駅からも離れているし、交差点の停止線真横にあるというのがとても解せない。そして更に、



 TAXI乗り場の足が変。

 ガードレール、というか歩道の柵と絡まっているのです。角度を変えて注目してみると



TAXI乗り場を設置して、2本の脚の間を通すようにして、柵を置いたという形状です。


どうやったらこういうふうに設置できるのでしょうか。今私が書いたような成り立ちだとすると、誰がどんな目的でそんな亊をしたのでしょうか。とても不思議です。

 誰か大口在住の方がご覧になっていたらぜひご教授頂きたい、そんな物件でありました。
posted by Bassman at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

マンホールナイト6出演します。

  直前のお知らせで恐縮ですが、


マンホールナイト6

に出演します。

マンホールの事はあまり明るくないのでトマソンの事をお話しして参ります。

何言ってるんだよ、と思われるかもしれませんが、事実です。

雨だらけの三連休(らしい)の中日、いい蓋の日にご予定ない方は是非!11月2日ですよ!


posted by Bassman at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

赤瀬川原平さん逝去

各所報道で知りましたが、赤瀬川原平さんが亡くなったそうです。合掌。

なんと言えば良いのでしょうか。改めて記事を後で書きます。


私が超芸術トマソンの本を手に取ったのは25年前。父の書棚にあったその本が、今現在も強い影響力をもって私の人生のある部分を構成しています。

赤瀬川さんから直に教えを乞うたわけでもないし、面識はないのだけどこれだけ強く存在を意識しているというのは不思議なのかおかしいのか貴重なのか。


トマソンというものは、今はもう成立当時のものとは意味合いが異なるのかもしれません。
それは、私も含めその概念を知ったいろんな人がいろんな場所、いろんな時間と共に変質させてしまったのでしょう。良くも悪くも。


インターネットの片隅ではありますが、みんながトマソンという単語を知ってくれるといいな、と今更ながらに思います。

折角お時間を賜ったトマソン観測センターのインタビューも、みちくさ学会も中途半端にしてしまっていることを多いに恥じつつ、赤瀬川原平さんというとても大きな方がこの世を去られたことをじわじわと今、認識しつつあります。

なんとも言えない気分ですが、トマソンっていろんなところにあると思うんですよ、きっと。
posted by Bassman at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

横浜トマソンライド byMOTOMACHIxPORT

トマソンと自転車を融合させるイベント、

横浜トマソンライド byMOTOMACHIxPORT

が開催されます。

 昨年開催した「タルタルーガとカメラのある生活」におけるコース選定でもお世話になった、横浜ペダルプロジェクトの鳥羽山康一郎氏からの要請を受けまして、僕がガイドします。なんて有難いお誘いなんでしょう。

(以下告知ページhttps://www.facebook.com/events/723726821052299/?ref=22からの転載)
町の中で見かける不要なもの、それが「トマソン」。
「超芸術」とも評されるトマソンを、
サイクリングしながら観察するイベントです。
横浜は、古いものの混在率が、他よりも高い街です。
「路上観察」の目を持って街を行けば、
何気なく見過ごしてきたトマソンが、
あっちこっちから顔を出してくれます。
ガイド役は、みちくさ学会の川浪 祐氏。
自転車ファンでもある川浪氏は、
「自転車はトマソン観察に最適の移動手段である」
との思いで今回のガイド&解説を買って出てくれました。
走って、止まって、観察して、記録して。
MOTOMACHI×PORTならではの、
全身参加型のイベントです。

日時:10月19日(日) 13:30〜16:30
集合時間:13:00〜 MOTOMACHI×PORT下
コース:元町〜新山下〜本牧界隈 およそ5km前後
料金:800円(保険代込み)当日現金でお持ちください。
定員:10名

※自転車は各自でご用意ください。
レンタサイクルご利用の場合は、「横浜コミュニティサイクル BAY BIKE」が便利です。
http://docomo-cycle.jp/yokohama/
(あらかじめ登録が必要です。詳細は上記URLをご覧ください)
※ストップ&ゴーが多くなりますので、スタンド付きの自転車が便利かもしれません。
※コースは、当日までナイショです。

【ガイド紹介】
川浪 祐
みちくさ学会トマソン講師。約25年超芸術トマソンを追い求めて路上を観察する。
自転車に関しては、異彩を放つ自転車「タルタルーガ」のオーナーズミーティングや、自転車とカメラを融合させたポタリングイベント「タルタルーガとカメラのある生活」を過去主催。
著作として電子書籍「みちくさ学会研究報告第1集 自宅の近所・通勤通学路にあるもの」(Impress QuickBooks/共著)。
・みちくさ学会 http://michikusa-ac.jp/
・blog http://basshead.seesaa.ne.jp/

★横浜トマソンライドは、「関内外OPEN スタジオイベント」の一環として行います。
http://www.yokohamatriennale.jp/2014/town/plan/2014/06/open-6.html
(転載終わり)


 元町からスタートするトマソン巡り、なんて素敵なんでしょう。若干名の募集なので気になる方はお早めのエントリーを。僕がご案内する自転車イベントなので、距離は控えめですよ。

facebookでの参加表明となっております。僕のようにfacebookアカウントがない方は、こちらのコメント欄に参加表明ください。その際にメールアドレスもお教え下さい。こちらからMOTOMACHIxPORT様へ確認の上ご連絡差し上げます。

 午前中はトリエンナーレに行って午後は横浜トマソンライドなんて楽しいと思いますよ。
posted by Bassman at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

桜上水高所ドアトマソン

93FB4338-6D6B-4D7A-BFC8-07788A68B274.jpg

京王線桜上水駅と下高井戸駅の間にある物件です。

少々分かりづらい写真で恐縮なのですが、左手、手前に見える建物の奥側二階部分にドアがあります。高所ドア。まさかここから避難はしないでしょう。

実はこの物件、一番良く見えるスポットが京王線の電車の中から、です。

盗撮問題で騒がれてたりするので電車の中から撮影した写真がないのですが、いつか人が全然いない電車に乗れたら是非改めて撮影したいと思ってます。

本当に久しぶりに見つけた物件で、なんでしょう僕だけとても嬉しい。そんな気分です。
posted by Bassman at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

市場前の青看板は本当に青


FD260719-5061-4E04-AA98-59834BAEC11D.jpg

築地から市場が移ってくる豊洲。ようやくこれでゆりかもめ市場前駅の存在意義が出来てよかった。

新しく出来る豊洲市場のあたりはどうなっているんだろうか、と行ってみたところなかなか素敵な看板がありました。

18FC2B0B-307F-4E3A-BFCC-1002FB6FABFB.jpg

それがこちら。まっすぐいっても左ににいっても何処に行くのかわからないという表示。右に至っては右に行っていいのかすらわからないという状態。これはなんて素敵なんでしょうか。市場前駅降りたら必見ですね。

更に、ここからもう少し豊洲方面に行ったらもう一つありました。

02E14BF4-0235-4267-88C6-4EAF3E147483.jpg

これは一体なんでしょう。何も表示がない青看板。なんてことだ。無用にもほどがある。

本当はトマソンじゃなくて今後何かしらの表示が書かれると思うのですが、たたずまいの素敵さに惚れてご紹介しました。
posted by Bassman at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

世田谷線山下駅と宮の坂駅の間に高所ドアがあったのではないか

下高井戸と三軒茶屋を結ぶ東急で一番ほっこりした路線、世田谷線。その道中にて高所ドアを発見。



電車の中から見えます。とても素敵なドアが二階に。線路に面しているので撮影は大変ですが、なんとか住宅街で場所を見つけることが出来ました。



雪と世田谷線とトマソン。なかなかに乙です。



posted by Bassman at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | トマソン | 更新情報をチェックする