長津田の蓋

横浜市の長津田。最近ちょこちょこと行くようになった町。 ある路地にあったのがこちらの蓋。鋳鉄ではなくコンクリート製の蓋だが、そんな事よりもこの蓋、 はまっていない ではないか。 道路に載っている蓋、というのはとても珍しい。と、いうか私は始めて見ました。 なんでこうなっているのか、この蓋を動かしたら穴はあるのかないのか、興味はあったけれどもなんとなくこのままが良いのではないか…

続きを読む

西巣鴨のやや高所ドア

 とあるゲームをやっていた都合上通りかかった都電荒川線沿線。路地を抜けていくと懐かしいような素敵な風景に数多く出会えました。  その中でもこれはなかなか素敵なドアでした。錆がサビサビしてると言いましょうか、年輪を伺わせる風合いです。    それに比してドアノブが綺麗なのもコントラストになっていて良い。  何より、出入りできない高さだ、ってのが一番素敵です。  

続きを読む

松戸無用庇

千葉県、JR松戸駅から近くにあったのがこちらの物件。 「犬具の店」 とでかでかと書かれているのも特徴的だが、その文字の上にあるのは庇だ。 庇の下には窓も出入口もない。だからこれは無用庇のトマソンだ、と言ってしまおうかと思ったのだがそこで悩みが生じた。 確かに無用な庇なんだけれども、下にある「犬具の店」という文字を守る庇なのだ、とみなせばこれは無用庇どころが十二分に有用では…

続きを読む

立川の微妙階段

 西東京、立川駅の線路をくぐる自由通路があります。自転車、歩行者のみ通行可能という道です。 [ここに地図が表示されます]  その南側の入り口にあるのが階段。というか階段なのかこれ。  2段しかない階段・・・というか何と言うか、です。誰の通行の助けにもなってないんじゃないかしらこれ。  天端にはかつて手摺か何かつけてあったのではないか、という跡が2箇…

続きを読む

横浜高所ドアトバソン

 タイトルはタイプミスではありません。  昨年御呼ばれしてコースガイドをさせてもらった横浜トマソンライド。そこで見つけたトマソンのご紹介。  前述したとおり、イベントのコースは私が提案させてもらいました。だから、このイベントで紹介するトマソンは全部私にとっては既知のもの。  だから新しい発見なんてないはずなのですが、見落としてました。  走行中、幹事のMOTO…

続きを読む

東京駅八重洲地下街入口のカステラ?アタゴ?

 東京駅といえばとかく丸の内側が注目を集めますが、トマソン的には断然八重洲側。古いビル、入り組んだ路地、風情があります。  そんな八重洲の玄関、八重洲地下街の入口でカステラ?アタゴ?タイプのトマソンを発見。  物件は、こちら。コンクリートの独立基礎のようなものがポツンとあります。一体何につかうのでしょうか。  ちなみに、近くにある入口にはこの基礎…

続きを読む

立川の行き止まり、延伸される

 以前記事にしたのですが、立川駅南口のペデストリアンデッキが行き止まりになっていました。  記事は2月に書きましたが、写真の撮影は2014年の9月。  で、ここの工事、始まりました。  これが2015年2月の写真。今はもっと伸びているのでしょう。  と、いう事でトマソンでもなんでもなくなったね、という話でした。

続きを読む

横浜宮田町の高所・・・?

 横浜駅近辺にある旧東海道。これをのんびり保土ヶ谷方面へと歩いていたら見つけた物件。  2階部分が出入り口になっていた模様。「すわ高所ドアか!?」と近寄ってみると  庇には玄関灯があり、やはりここは出入り口だったようなのですが・・・ドアというか引き戸というか、なんとも形容し難い入口になっています。 1階部分と場所が微妙にずれているあたりも不思議で、…

続きを読む

桜上水の塀

 世田谷区の桜上水。団地の建替えが行われていたり何かと賑やかなところですが、ふと通りがかったらへんてこな塀がありました。  木が、くいこんでいます。  いわゆる「もの喰う木」というタイプのトマソンになるかと思われます。  しかし、不思議なのは同じような木があるのですが、そちらは塀自体が木をよける形で立っているのです。  と、いう事は計画段階で根っこ…

続きを読む

三崎港トマソン3 城ケ島灯台

 三崎港からバス乗ったりタクシー乗ったり歩いたり渡し船乗ったりして更に奥に進むと、城ケ島。  そこにあるコンパクトな灯台が、四方ぬりかべ状態なのである。「ある」ってなんだ。  どうだろう、この民間ではない感じ。きちんと開口を潰している。  そして白眉は、ここ実は一般公開があるそうなのだ。 城ケ島灯台一般公開のご案内  上記は昨年秋のお知ら…

続きを読む