千葉モノレール千葉みなと駅の券売機跡

千葉県が、いや関東が、いやいや日本が誇る千葉モノレール。懸垂式モノレールの雄として末長く頑張っていただきたいのだが、その券売機事情はなかなかに苦戦のもよう。 JR京葉線と接続する千葉みなと駅ですが、6台あったと思われる券売機が今はなんと2台。これはあまりにも、寂しい。 しかも左から3つ目の券売機跡のみ、やたらと時代がついてます。謎が謎を呼びすぎているだろうこれ、という情景です…

続きを読む

南北線東大前駅の券売機跡

赤門がある東京大学本郷キャンパスに隣接する東京メトロ南北線東大前駅。現存する券売機は3機だけどどうやら元々は5機あったようです。 両端が券売機跡となり、向かって左は路線図が貼り付けられており右は構内案内図が。なかなかのコントラスト。 さりげなく隠している感じでしょうか。もしくは空白の有効利用でしょうか。

続きを読む

大江戸線蔵前駅の券売機跡

都営地下鉄大江戸線蔵前駅。ここも券売機が滅びてました。 写真一番右手の空間が不自然にあいています。 明らかに券売機があったと思しき空間は、パンフレット置き場になっています。ただ、そのパンフレットも置き場だけで実物がないので券売機跡のパンフレット置き場跡、という事になるでしょうか。 窓口があった所の凹みと、床部の線が存在の痕跡をうかがわせます。 券売機跡がありつ…

続きを読む

東急東京メトロ渋谷駅の券売機跡

渋谷駅。地下改札は東急と東京メトロが乗り入れます。 比較的新しい駅ですが、券売機跡はしっかりと観測できました。しかししかし、券売機があったところに 「ごあんない」 という端末が据え付けられています。跡地の有効利用ですね。 肝心の券売機跡。とても美しく仕上げられています。これは跡ではなく後々増設しようとしてこの状態で作られたのか?と思えるくらい。真偽の程は不明なのが恐縮。 …

続きを読む

都営地下鉄浅草線宝町駅の券売機跡

都営地下鉄浅草線、宝町駅。一番新しく出来た日本橋側の改札です。 3つあるうちの1番目がない、というのは新鮮。このレイアウトだと3が塞がれるのが多いのかと思ってましたがまだまだ観察が足りてないです。反省。 綺麗に塞がれています、まるでそこには何もなかったかのように。 しかし、1の表示とICカード、使える紙幣の表示は明らかにそこに券売機があった事を物語ってます。

続きを読む

東京メトロ池袋駅の券売機跡

東京メトロ池袋駅。そのうちの丸ノ内線そばにあった券売機のシマです。所々歯抜けのように券売機が抜けています。どういう狙いでこのように抜いたのでしょうか、気になります。 券売機を抜いた跡は壁と似たような色調の鉄板で塞がれています。とても見事な出来ですが、窓口に関してはかなりの自由度を誇っています。このギャップが人間味を感じされてくれます。 この鉄板、きちんと寸法を測って作…

続きを読む

京王井の頭線渋谷駅アベニュー 口

 渋谷と吉祥寺を結ぶ井の頭線渋谷駅。アベニュー 口の券売機跡です。  3台あったのだけれど、3つめは「③」の表示だけ残して消滅してます。なぜ表示だけ残っているのだろうか、というのがなかなかに謎。  最初からここには何もありませんでしたよ、というような感じですが取り残された「③」の表示が、実はそこにも券売機があったのだ、という事を雄弁に物語っています。 …

続きを読む

都営浅草線大門駅 下り

都営浅草線大門駅。下りホームの券売機跡です。 壁二面に配置されていた券売機、そのうち一面が綺麗サッパリなくなっています。 とてもすっきり、丁寧に処理されてますが上部の路線図跡と相まってシュールな壁面を構成しております。

続きを読む

半蔵門線半蔵門駅

近年どんどん減っていくもの、と言えば公衆電話。公衆電話跡を鑑賞するブログ(更新滞っているのがとても残念)を見てると段々とその魅力に気がついてくるかと思われます。 そして自動券売機。お気付きかどうか分かりませんが、こちら地味に減っています。 名著「超芸術トマソン」でも江古田駅の窓口を塞いだ物件が絵で紹介されていたのですが、最近そんな券売機跡がなんだか気になっているのでこれからちょいちょ…

続きを読む