2010年10月26日

葉山披露宴生活。

 今回の記事は某人気お弁当blogを丸パクリです。そしてきっと二度とこういう記事は書かないので、そういう意味では貴重です。


 先日、学生時代からの友人が結婚しまして。披露宴なるものにお呼ばれしたのです。

 それがもう、多幸感満載と言いますか、とっても幸せでございまして。誰がって言うと、僕が。ひょっとしたら新郎新婦よりも俺の方が幸せなんじゃないか?ってくらい幸せ気分全開になったので、そんなナイスな披露宴で食べたものを振り返ろう、という実にトマソンブログらしからぬ事をやってみるのです。誰の得にもならない事は百も承知。ハイパー自己満足です。


 祝祭の料理というのは総じて美味いものですが、今回のは特に美味かった。普通に食べても「ンマッ!」となるくらいには美味い食べ物を頂いてですね、ええそらもう幸せだったんです。さぁいきます。




_IGP7733


 前菜。「季節の野菜で仕上げたオードブルヴァリエ“パレットスタイル”」。
 うまうま。そして僕は生ものが苦手なので特別にメニューが一部変更されてました。なんたるお気遣い!この夫婦只者ではないな、と衝撃。


_IGP7786


 スープ。「シャンピニョンのクリームスープ カプチーノ仕立て 秋の味覚のシューファルシを添えて」。
 ・・・名称聞いてもさっぱりわからなかったです。確かだったのは、とても美味かったという事。
 あ、今回料理に対する考察他一切ありません。ただただ「うまいうまい」言い続けてると思います。えへ。


_IGP7791


 魚料理。「天然スズキのポワレ バジル風味 トマトとシブレットのブールブランソース。」
 ん、こちらも何がシブレットでなにがブールブランか、全くわかっておりません。でもお魚はとてもとてもとても美味かった。真剣に「もそっとよそって頂けないかしら」と訊ねようかと思ったくらい。


_IGP7794


 グラニテ。「柚子のグラニテ。」
 ・・・グラニテって何でしょう?シャーベットの事でしょうか。敢えてググりません。そして撮影忘れて食べちゃったから隣の友人に「食べるの待った!」と言って撮影させてもらいました。つべたくてサッパリしてました。

 ここまでの写真、ほぼもれなくビールが写ってますが、もちろんガンガン呑んでます。いいんです、祝祭だもの。


_IGP7801


 肉料理。「備長炭で焼き上げた和牛フィレ肉のグリエ 季節野菜と自家製コンソメスープを添えて」。
 これがもう大変な事になりました。美味すぎる。肉、美味すぎる。もう一度言いましょうか?肉が、美味すぎるんです。めちゃめちゃ美味い。幸せすぎて反芻したろか、というくらいに美味でした。ああ語彙が貧困だ。


_IGP7819


 ご飯もの。「真鯛の漬けと玄米のお茶漬け」。
 シャレオツなお茶漬け。こんなん食べた事なかったですよ。鯛は個人的嗜好でじっくり温めてから頂きましたが、こんなの毎日食べてたら絶対なんかの病気になる、ってくらい贅沢な味でした。


_IGP7832


 デザート。「ヴァローナチョコレートのガナッシュとカカオ風味豊かなチュイルのミルフィーユ仕立て オレンジのソルベと共に」。そしてウェディングケーキも。

 復活の呪文みたいなメニューですが、最後の品はこちら。甘甘でした。かなりいいチョコレートなんだろうな、とうすらぼんやり考えながら頂きました。



 と、いう事でおしまい。さて振り返って反省を。

(1) 写真が上手じゃない。
(2) 文章が本当に「美味い」しか書いてない。
(3) つまり小学生の作文以下だ。
(4) パクったと言ったら本家に「こんなつまんない記事書いてない」とクレームつけられる事必至。だからパクり元は明記しないんだい。

・・・二度とやらないから許して下さいごめんなさい。でも本当に美味くて幸せな空間で、いや違った。幸せな空間で更に料理も美味くて、何と言うか、とても幸せな気分でした。・・・人のウェデキングケーキ食べてばっかりで自分がみんなに振舞うウェディングケーキは・・・いつかなぁ・・・。うーん。


 という自己満足企画のトドメに、招いてくれた新郎新婦、呼んでくれて本当にありがとう。
posted by Bassman at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

いわもとQ 歌舞伎町店

 お盆に入ったのでblogも夏休み、と思ったのですが逆に普段やらないネタをお届けします。

 TBSラジオにて毎週土曜日に放送されている「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(略称:タマフル)」というそれはそれはもう面白いラジオ番組があります。Podcastも充実してます。

 その番組で紹介されていた謎の蕎麦屋、「いわもとQ」に行ってきました。

P1000089


行ってきたのは番組で紹介されていた赤坂店ではなく新宿、歌舞伎町店。新宿区役所のそばにあります。


 私事ですが、蕎麦はほぼ毎日食べてます。蕎麦ジャンキーです。BEASTIE BOYSに入れて頂きたいくらいです。

 夕方訪れたのですが、こじんまりとした店内にお客さんはあからさまに夜のお店のボーイさん的な4名様。さすが歌舞伎町。
 彼らが
「うめっ!うめぇっす!」
「いやマジうめぇ!」
とボキャブラリーの粋を集めてそれなのか?というワンダフルな日本語を駆使して召し上がっていたので期待しつつ自分もご飯。


P1000087


 注文したのはもりそば。蕎麦にかかってるのは七味。野暮天な食べ方ですが自分はこうやって食べます。

 この「いわもとQ」、番組では蕎麦の美味さと天ぷらが注文の度に揚げられるというシステムについて絶賛されておりましたが、個人的に揚げたての天ぷらを暖かい蕎麦に入れると崩れてしまって好きではないし、冷たい蕎麦だとそばつゆがどんどん油まみれになってきてしまってどっちにせよ苦手なので天ぷらはパス。


 で、蕎麦。280円。安い。蕎麦、確かに美味いです。ですが、蕎麦の水切りがどうしようもなく甘い。終盤は蕎麦が水まみれ。残念。

 これは本当に仕方ない話で、どんな路麺系の蕎麦屋でもこの問題は避けられないのかもしれません。
 個人経営の蕎麦屋であれば店主が水切りする確率が高いので安定してるのだと思いますが、この「いわもとQ」みたいに24時間営業だとどうしても店員さんによって技量の差は出てしまうのだと思います。

 そういう点では小諸そばあたりは全体的にレベル高いなと思いますが、「いわもとQ」の蕎麦とつゆ、小諸そばより美味いと思いました。恐るべし。


 
P1000088


 メニューもいろいろ充実してますので、今後も積極的に食べにいって評価をしよう、と思います。しかしその結果はこのblogに書かれる事が・・・あるんでしょうか?はて。
posted by Bassman at 21:00| Comment(4) | TrackBack(4) | 料理 | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

カレーカツ丼@富士そば荻窪店

 久々に食べ物のお話です、今回は。脱線の一週間。

 先日荻窪の富士そばに行きまして。と言うのも私事ですが好きなんです、蕎麦。例えおおよそ蕎麦粉2~3:小麦粉6~7の逆二八と言われている立ち食い蕎麦でも、好きなんです。

 あ、ちなみにこれ全部が全部そうとは限らなくて、チェーン店のゆで太郎は5:5の配合だそうだし、そもそも富士そばが何:何かは知りません。


 そんなこんなで富士そば。蕎麦を食べようと入ったのですが、目に入ってきたのはこれ。

P1030751


 530円払うと「カレーカツ丼」が食べられます。これ自体は富士そばでちょくちょく見かけるメニューですが(富士そばは店舗によってオリジナルメニューがあります)、それより何より

「インターネットで話題の商品!」


という言葉の力強さが素晴らしい。ついうっかりこれにしました。どこいったんだ、蕎麦は。


 インターネットで話題というとIT系の人が喜んで食べるのでしょうか。どうなのでしょうか。


 閑話休題。
 で、ブツが来ました、ブツが。

P1030752

どーん。

P1030753

どどーん。

 商品名に極めて忠実な一品が出てきました。カレー皿にカツ丼。周りはカレー。見事。

 食べてみたところ、「うおおお、美味くてびっくり。これぞマリアージュ!」というような感想も特になく、カツ丼とカレー、という感じでした。そのまんまですね。そのまんまなのですよ。

 自分が小学生や中学生で部活動帰りとかなら喜んで食べただろうな、と思いますこれ。そのあたりの子における夢の食べ物の一つ、というような商品だと思います。


 しかし、大人になった自分は食べながら「これは一体何キロカロリーあるんでしょうか?」と怖くなっておりました。見事なB級グルメです。
posted by Bassman at 01:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理 | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

台湾ラーメン味仙@セントレア

P1020404


 中部国際空港、セントレアに折角来たので名古屋らしい食事をしてみようと愛知県在住の友人夫婦に「何がおすすめか?」と訪ねたところ、検討の結果

「台湾ラーメンがいいよ」


とのお答え。

 ・・・。えーと・・・。・・・・・・。名古屋で台湾ラーメン?・・・この夫婦、人が良さそうに見えるけど(実際とてもいい人たちにしか思えないんだけど)、正月早々横浜からやって来た田舎者を担ごうというのか?なんで名古屋の名物って言ってるのに「台湾」ラーメンなんだよ・・・・。

 と不審に思った賢い私はすかさず「え?なんで?名古屋でしょここ」ともっさりした問いかけをしてみたところ、どうやら名古屋の名物らしいです、台湾ラーメン。本当に。無知蒙昧でございました。俺のバカバカバカ。

 てな次第で台湾ラーメンの元祖、「味仙」のセントレア店へうじゃうじゃと。
P1020405

 確かに店頭のメニューを見ても、ラーメンより先に台湾ラーメン。むむむ。

 で、この台湾ラーメンという物ですが、特徴として「辛い」ものだそうです。そして器が少々小さいらしい。とりあえず注文。

P1020401

 じゃじゃん。こちらが噂の台湾ラーメン。辛そうなルックス。
P1020402

比較としてこちらが普通のラーメン。これはこれで美味そうなルックス。食べ物に「ルックス」って言葉使うのはアリなのか?どうなのか。

 食べた印象ですが、確かに、辛い。けども、美味い。後引きますね~、これ。やめられない止まらない状態でパカパカと食べました。一応言うと自分は年にラーメンを10杯も食べないくらい、ラーメンとは縁遠い暮らしを送ってるのですが、このラーメンは実に美味かったです。

 名古屋に行く予定のある方、「なんで名古屋で台湾?」と思わずに召し上がってみたらいかがでしょう、台湾ラーメン。



posted by Bassman at 02:00| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理 | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

ジンギスカンバケツ

W080813_0843.jpg
 毎月1日に発行されるJR東日本のフリーペーパー、「旅ばあ~ん」で松本英子さんが楽しい記事をよせている連載「噂の沿線食」を読んでいて見つけたのがこれ。


 岩手の遠野にはバケツでジンギスカンを頂く風習があるそうです。
 バケツで食べる、と言ってもバケツを鍋にするのではなく、七輪は代わりに使うみたいです。

 使い勝手はどうかわかりませんが、ものすごく便利かもしれません、ジンギスカンバケツ。興味ありです。


 と、いう事でこのジンギスカンバケツを考案した「あんべ」さんのサイトを覗いてみると



本当にバケツにぽこぽこ穴があいてます。底に固形燃料を入れて上に鍋をセットしてさぁジンギスカン、という事でかなり段取りが早そう。誰か人柱になってくれないだろうか、と思う今日この頃です。




・松本英子さんのブログ
・「噂の沿線食」バックナンバーはこちら
・遠野ジンギスカンの首領、あんべの公式サイトはこちら
posted by Bassman at 07:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理 | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

ジャガ玉ラーメン製作

 自転車、アウトドア、酒などいろんなところで仲良くして頂いているALLIGATORのgan氏に以前プッシュされ、そのまま自分も購入し

「おお、いいじゃんいいじゃん」

となった本があります。

 それがシェルパ斉藤氏の
「シャルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング」
です。

 バックパッカーの、限られた装備/食材に対応したレシピブックです。調理器具としてのバーナー(ストーブ)、コッヘル、カトラリーの説明もあり、非常に充実した1冊だと思います。

 で、これにあるレシピを実際にやってみよう、と思い立ち日曜日に自宅でやってみました。自宅ってとこが激しくアホだと思いますが、実際キャンプなんかで作っても写真を撮る余裕はないのでまぁいいや、と。

 早速最初はジャガ玉ラーメン。理由は食材がウチにあったから。安直。
img361.jpg
 これで作ります。一応説明すると、バーナーはスノーピークの「地」、鍋もスノーピークの「パーソナルクッカーNo.3」に入ってる137ビリーポット、サイズはφ137x75mm。ナイフはオピネルのNo.9、まな板は100均。

 食材はジャガ芋、玉葱各1(レシピでは各1/2個)とチャルメラしょうゆ味(これもレシピは味噌ラーメン推奨)。

img362.jpg
早速野菜を切ります。できるだけ細かく、という事ですが大雑把なのでこんなもんで。更にいうと、ジャガ芋は1個丸ごと使う事にしました。

img364.jpg

水を入れると・・結構いっぱいいっぱい。これにラーメン入れるのか・・・。

img366.jpg

 野菜を5分ちょい煮てからラーメン投入・・・・ぎっちぎち。人間もうちょい頭を使うべきだ、という教訓のようにも見えますが、とりあえず腕力で無理やりラーメンを押し込む。お湯が吹きこぼれる寸前。

img369.jpg
 火力を弱めて煮ました。ふぅ。


img370.jpg

 という事で完成。まぁなんとかなったぞ、と。味は・・・・まぁ、こんなもんかな、と。野菜を入れすぎまして、往生しかけました。前半がラーメンで、後半はしょうゆ野菜スープって感じでした~。



シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキングシェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング
[著者] 斉藤 政喜
[種類] 文庫
[発売日] 2004-03
[出版社] 〓@53B2@出版..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by Bassman at 23:59| ☁| Comment(5) | TrackBack(2) | 料理 | 更新情報をチェックする