2015年08月24日

最近の中古CDは

先日レコファンに行きました。

ご存知ない方に説明すると、レコファンというのはCD屋。ディスクユニオンと同じく、新品と中古両方扱うのがとても素敵。

金がなくてなくてしょうがない学生時代には散々お世話になったのがとても懐かしい。

当時は町田のレコファンとユニオンをハシゴするのがほぼ日課。週4日は通っていたんじゃないだろうか、と思う。

そんな思い出を抱えつつ横浜のレコファンへ。

いろいろ変わったなぁと思いながら店内を散策してみると、

(1)アナログ取扱量がもの凄く増えてる
20年前と比べて、レコードの量がとても多い。最近アナログリバイバル的な話をちらほら聞くけど本当だったのか!と驚き。

でもDAMNEDの1枚目2100円とか高くないか?とも思う。や、DAMNEDがダメだとかそういう事じゃなくて。新品の輸入CDの方が中古の12インチより安いのって不思議ね、と思ってしまうのです。

(2)中古洋楽安すぎる
レコファンというのは昔から100円でアルバム売ってくれたりする良心的な店だった。
20年前なら日本のよくわからない一発屋さんのアルバムとか、アルバム2枚くらいで彗星のように解散したUKロックバンドとかがそんな価格だった記憶。

それが、なんとまあびっくり。U2のアルバム殆ど中古200円。
具体的には僕の中で8000円でもいいACHTUNG BABYが200円。3500円でもいいTHE UNFORGETTABLE FIREも200円。3450円でもいいNO LINE ON THE HOLIZONも200円。どういう事だ。

やたら販売枚数が多いU2だから値崩れしちゃうのねー、という事はわかる。
それにしたって、安い。なんちゅう安さだ。エアロスミスあたりも値崩れしてるんじゃないだろうか。U2とエアロのアルバム10枚買って2000円とかマジかよ、と思ってしまう。

余程CD売れないのか、レコファンが相変わらずエッジの立った価格設定なのか、U2がバンドブームの徒花バンドと同じような値付けをされるような存在になったのか。

とかなんかそんな感慨を抱きつつ帰りました、あれこれ買って。

ビバレコファン。
posted by Bassman at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

MOTORHEAD、FUJIROCK出演決定!

Aftershock


 来ました。モーターヘッドがフジロックに出演。なんという事でしょう。ANTHRAX以来の違う意味で

「おおおおお」

となるニュースです。

 1975年結成、自分と同い年のバンドが久々に来日です。僕が前観たのはSUMMERSONICだったかと思います。

 ボーカル/ベースのレミーも69歳。ここのところ病気のニュースばかりだったので本当にうれしい。なんとしてでも観に行きたい。

 しかしモーターヘッド出演決定のニュースをいろんな友人からLINE/SMS等で教えてもらってびっくりしました。誕生日のお祝いメッセージより多いとは!ありがとうございますみなさん。twitterもfacebookもやめちゃったのに覚えていてくれて本当に嬉しい。

posted by Bassman at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

PONO PLAYER雑感

Untitled


 前回から暫く経ちました。そこそこPONO PLAYERを使ってみたのであれこれと。


 まずは音。これはもう、はっきりと、自信をもって言えます。
「よくわからない」
と。

 ハイレゾ音源としてNeil Young1曲とMETALLICAのBLACK ALBUM、DEATH MAGNETICが入ってたのですが、

「うおおおおハイレゾだ!」

というような感慨は正直、なかったです。

 METALLICAだから分からないのか、耳が悪いから分からないか、ヘッドホン・イヤホンが悪いからわからないのか、わからない・・・。

 
posted by Bassman at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

PONO PLAYER 到着

Untitled


 ニール・ヤングが手掛けた事で有名なPONO PLAYER。kickstarterで頼んでいたものが遂にやってきました!

 400ドル払って、最初の到着が先週金曜日の21日。UPSが配送業者なのですが、夜間配送やってないのと、神奈川県横浜市に届けにきてくれたのだけど営業所は東京の新木場との事でなかなか受け取り辛い。

 運転手さんと電話で話していたら、ヤマトに委託して送ってもらえる、との事で無事に25日夜受け取りました。関税だかなんだかで2,100円かかりました。


 竹の箱が素敵。重厚感あります。




 煙草と比べるとこのような大きさ。




 開けてみるとこんな感じ。




 私のはmetallicaモデル。


 肝心の音ですが、まだ聞いてません!後日改めてご報告します。
posted by Bassman at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

motorheadphonesを大人買い

 僕の周りではあまり知られていないのですが、世の中にはmotorheadというバンドがいます。1975年結成、Vocal/Bassのレミー・キルミスターは御年67歳、今年のクリスマスイブで68歳になるけどもバリバリの現役。

 そして実物の僕を知っている人は大体知っているのですが、僕はmotorheadが大好き。U2やPOLICE、BJORKも好きなんですが、同じくらいに好きです。

 どんなバンドかというと、こんなバンド。この曲が5年前、レミー還暦越えでこの楽曲。どうかしてて素晴らしいです。




続きを読む
posted by Bassman at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

HONMOKU MASSIVE

P1000189


 昨日書いた横浜港シンボルタワー。一体何しに行ったのかと言いますと、



でございます。

 これはCRAZY KEN BAND、MIGHTY CROWN、SKA9という3つのActを中心に、「本牧のバンドが本牧で野外フェス」というコンセプトで開催されたイベントです。
 たまたまチケットが余ったという報を聴いて「行きます行きます行きます」と連れて行ってもらったのですが、これがまぁすごいイベントでした。


P1000178

P1000179


 横浜港シンボルタワーという、本牧の奥地で生憎の空模様でありながら開催。ま、野外フェスですもの。天気はいいんです、別に。


P1000188


 本牧に建造されたステージ。ああ、フェスだなぁとしみじみ思います。


 で、このフェスなんですが相当にダメなフェスでした。しかもそれが出演者には全く問題がない、というのが本当に残念でした。


 それは何かといいますと、「トイレが異常なまでに少ない」フェスだったのです。
 男性用トイレで8台しかないんです。8箇所じゃなくて、2箇所で8台(くらい)。そしてそれは女性用も同様。
 という事で(特に女性が)、トイレに1時間どころか2時間くらい並ばなければならない、という悲惨なフェスでした。生憎の雨模様だったので本当にかわいそうでした。

 こういう事になっていたなんて、きっと出演者は知らないのではないかと思います。折角いい場所でいいフェスになる要素が詰まっていたのに、殆どの女性客は「ひたすらトイレに並び続ける」フェスにしかならなかったのではないかと思います。


 運営したホットスタッフさんには猛省をお願いしたいです。これは本当に、ダメです。勿体ない。


ライブ自体は、ケンさんがアメ車でステージに登場していったり、MIGHTY CROWNファミリーやmoominまで出演する内容の濃さで素晴らしかったです。

 次回がもしあるのならば、ホスピタリティーはもっともっと充実させて頂きたい、と強く思いました。
posted by Bassman at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

THE WONDER STUFF @ LIQUID ROOM

 シルバーウィーク駆け込み脱線ネタその2はライブレポートです。

 元々このブログは音楽ネタメインだったのですが(doblog時代)、最近はそんな事忘れて路上観察三昧。お休み期間はちょっと昔に戻ってみようかとふんばってみます。



P1000175


 先日なんと18年振りに来日したのがTHE WONDER STUFF。英国が誇る(ワリには日本での知名度イマイチ。というかまぁ随分昔のバンドです)バンドでございまして、oasis/blur/radiohead以前の世代のバンドです。
 学生時代、来日公演がアナウンスされたのですがキャンセル、そして解散という流れで「え~~~!」と衝撃を受けたTHE WONDER STUFFの再結成。そして来日。ウソじゃなかろかと思いつつも即座にチケットを手配して行ってきました!


 会場は超満員!・・では決してなく、正直余裕のある雰囲気でしたが、来ている客は全員もれなくTHE WONDER STUFFが好き!という空間なのでなんだかうれしいです。そしてこんな公演をブッキングしてくれたVINYL JUNKIEに感謝。

 場内の撮影は禁止なので今回そんな写真は一切ありませんが、いや~マイルス太ったなぁ。我が身を振り返っても「男は太る」という事実は殆どの男に当てはまるだろうから仕方ないとしても、MANIC STREET PREACHERSのJamesばりに太ってました。


 で、ライブ。うん。・・・1stからばっかりじゃないですか!!!おい!という本編でした。正直残念。

 解説すると、今回の来日公演は1stアルバム「The Eight Legged Groove Machine」の20周年記念盤リリースに合わせてのものなのでそりゃまぁそうなんですが、やはり3rd「Never loved Elvis」からたらふくと曲をやって頂きたかった!
 とは言えTHE WONDER STUFFという看板をもう一回掲げて出てきてくれた事が素晴らしいので贅沢言い過ぎというものでしょうか。そもそも現在のメンバーだとあの名盤の音を再現するのは難しいとも思いますが。

Set([unofficial]the wonder stuff fan page from far east様より転載)
* Red Berry Joy Town
* No, For The 13th Time
* It's Yer Money I'm After, Baby
* Give, Give, Give Me More, More, More
* Like A Merry Go Round
* The Animals and Me
* Rue The Day
* Some Sad Someone
* Mother and I
* Grin
* A Wish Away
* Ruby Horse
* Unbearable
* Poison

* On The Ropes
* Caught In My Shadow
* Golden Green
* Don't Let Me Down Gently
* A Song Without An End

* Mission Drive
* Circle Square
* Size Of A Cow
* Ten Trenches Deep

* Welcome To The Cheap Seats
* Radio Ass kiss

 アンコール1回目のしょっぱながとても好きな「On The Ropes」で一気にアガりました。すかさず前に突進。
 その後もついに待ってたよ~、のMission Drive、マイルスとエリカだけってどうなのよ?と思いつつもWelcome To The Cheap Seatsも聴けました。いやぁ、良かった。

 それにしてもよく酒を飲むバンドだなぁ、と感心。ステージドリンクがほぼ全員酒で、それもまた結構テンポ良く飲む飲む。紅一点のヴァイロン、エリカの飲酒量は異常でした。すげぇ。

P1000176

 終演後は物販購入者向けにサイン会。生マイルス、いや生ワンダー・スタッフと握手とか拙い英語で会話とかもうわーきゃーでした。なんていいサービスなんだ!


 期待が入り込みまくったがために本編で正直「えー」ってなってしまったのですが、なんだかんだで観ることが出来て本当に良かった。そして来年あたりどこかのフェスで来日してもらいたいもんです、本当に。


<おまけ>
 会場にいたお客さんがとんでもないTシャツ着てたのでお願いして撮影させてもらいました。これは凄い!

P1000174
P1000173


 なんと!今年イギリスでやったNED'S ATOMIC DUSTBINのライブTシャツ!!
 聞くと、熱心なNED'Sファンでライブのたびにお友達とイギリスに行くそうです。てかメンバーと結構お友達なのだそうです。是非NED'Sを日本に呼んできて下さい!!!!!!
















posted by Bassman at 18:00| Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

SONGS ARE OUR UNIVERSE

P1070102


 行って来ました、SUPER JUNKY MONKEY(SJM)のLIVE。かれこれ10年以上振りです。

 女性4人組のハードコアバンド、SJMはVocalの623永眠に伴って活動をしていなかったのですが(解散ではなかったらしい)、2009年6月20日(土)、見事復活しました。


 昔は新宿LIQUIDROOMで良く観てたのですが、今回もLIQUIDROOM。とは言ってもハコそのものが恵比寿に移転したのでなんか奇妙な感じではありました。


 対バンは昨年復活したジェイソンズにWRENCH。SJMと当時一緒にやってたバンドが登場、というのも懐かしくもあり「まだやってたんだ、ありがとう」という感もありでいいイベントだと思いました。

 ジェイソンズ、すっごく懐かしかったです。10年以上振りに観たけど、カッコよかったです。WRENCH、とんでもなくデジタル感満載で凄かったです。

P1070101



 で、SJM。623抜きの3人でライブをやる、という事で「ヴォーカルはどうすんの?」と思いましたが主にギターのKEIKOが見事なヴォーカルを聴かせてくれました。いやもう3人で普通にできるじゃないですか、というくらいに安定感のあるヴォーカルでした。
 良いだ悪いだではなく、久しぶりに異常なまでに燃えたライブでした。アツい、アツすぎる、という感想のみです。いやもう本当に、素晴らしい一日でした。

続きを読む
posted by Bassman at 19:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

TBSラジオ「ストリーム」終了

 あと18時間で、素晴らしいラジオ番組/Podcastが存在した痕跡がネット上から完璧になくなります。

 TBSラジオで月曜から金曜、13:00~15:30の間放送されていた「ストリーム」が3/27(金)の放送をもって終了し、それに伴って配信されていたPodcastも終了。

 ホームページも今日、3/31の18時で閉鎖され、ホームページに残されていたPodcastも全てダウンロードできなくなります。


 この番組、平日の午後でありながら吉田豪、町山智浩、勝谷誠彦、辛酸なめ子、大槻ケンヂ、みうらじゅん、阿蘇山大噴火といった面々を日替わりで登場させるなど非常にサブカル色の強いコラムを展開しつつも、しっかりとしたニュース記事もキチンと解説し、唯一無二の素晴らしい番組でした。

 自分は仕事してるので一日遅れでPodcast配信にて聴いていましたが、普段の生活にはなくてはならない番組でした。しかし民間放送、今まで放送してくれてどうもありがとう、と言うしかないのですが、これより面白い番組を提供できるのでしょうか、TBSラジオ。


 で、過去のPodcastをせっせと落としてiPodに取り込んでいたら、我が家のiPodがアッという間に容量オーバー。30GBのうち25GBくらい音楽入れてたからそら仕方ないわね~、と思いつつ、新たにMP3プレイヤーを買いました。

R0010095


 購入したのはCREATIVEのZEN STONE。2GBで液晶なし。Amazonにて2,100円。

 たった2GBじゃあ当然膨大な量のストリームPodcastの全ては入らないのですが、なんでこれにしたのかといいますと、価格に加えて

R0010092


 背面にスピーカを搭載しているところ。自宅で聴くときにいいんじゃないか、と。Podcast専用に購入したので多少音が悪くても問題ないし、という事で。

 ところが、予想に反してスピーカがなかなか良いです。音楽をかけてないので実際のところはわかりませんが、Podcastを聴いている分には全く問題なし。

 出力はあまりないのですが、しっかりと聴こえます。こりゃ儲けた。


 それにしてもこのZEN STONE、本体がとても小さい。

R0010098


 iPodと比べると歴然。自転車に乗るときにスピーカで音楽聴いたりもできそうで、こりゃなかなかいいんじゃないか、と思いました。





 ただ、小さいだけに操作しづらかったりもしますが、まぁこれは慣れでしょうか。


 本筋に戻ってストリーム。これは絶対に一度は聴いてみるべき番組です。あと18時間しかありませんが、時間のある方は是非ダウンロードを!司会のお二人、小西克哉さんと松本ともこさんが絶妙です。この二人じゃないとこんなに面白くゲストの話を引き出せなかったのではないでしょうか。ああ返す返すも残念。

TBSラジオ ストリーム公式サイト
(「コラムの花道」というところにいっぱいあります。)
posted by Bassman at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

SUPER JUNKY MONKEY

キャベツ


 脱線する火曜日は今週も音楽ネタです。

 SUPER JUNKY MONKEYというバンド、ご存知でしょうか?女性4人のバンドでありながら、非常にハードな音を出すバンドです。
 ガールズバンドでありながら、いわゆる「女性らしい可愛さ」ではなく多様性のある音でインディーズシーンで人気を博し、SONYからメジャーデビューしたけどもストリートよりのスタンスは全く変わらずにいたアツいバンドです。

 「ハードな音」と書きましたが、いわゆるハードコアの曲以外にもファンクやソウル、はてはプログレの音楽性をも飲み込む楽曲に当時大学生だった自分はもうメッタメタにヤラれまして、ライブに足繁く通っておりました。ああ懐かしい。

 そんなSUPER JUNKY MONKEY、1999年にヴォーカルのMUTSUMIが残念ながら亡くなってしまい、それ以後(追悼ライブ以外)活動はなかったのですが(というかてっきり解散したと思ってました)、なんとビックリ、6月20日に恵比寿LIQUID ROOMでLIVEをやるそうです!

LIVE告知映像(昔を知ってると見てるだけで涙が出そう)




一緒に出演するのはWRENCHになんと!ジェイソンズ!・・・まさかジェイソンズが復活してたとは!凄いニュースです。

 そして肝心のSUPER JUNKY MONKEY、3人での出演だそうです。更には

「細かいことかもしれませんが今回SUPER JUNKY MONKEYは再結成ライブではありません。
SUPER JUNKY MONKEYは解散していませんし、これからも解散の予定はありません。」(Ba:かわいしのぶ)


というコメントがアツいです。これは行かねば!いやマジで。

 残念ながらSONYからリリースされた音源は全て廃盤だそうですが、SONY時代の音源も入ったベスト盤はまだ入手できますので興味のある方は是非!


SUPER JUNKY MONKEY Official
SUPER JUNKY MONKEY myspace
posted by Bassman at 00:00| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする