インターバル撮影をしてみた。

 昨年末、コンデジを買いました。RICOH CX4。現行モデルはCX6なのになんで今更4なのか、と言いますとそれはもうもちろん、安かったから。  大井町にある某大型電器店で型落ち投売りをしておりまして、11,600円だか何だかで買いました。大変嬉しいです。  カメラとしてはレンズちょっと暗いんじゃない?とかあるのですが、光学10.7倍ズームやダイナミックレンジを大幅に…

続きを読む

SONY NEX-5で夜景を撮影する。

 昨年末に購入して以来、とってもお気に入りになってるカメラSONY NEX-5。今回はこのカメラの売りのひとつ、手持ち夜景モードについて。  暗い所で手持ち撮影をすると、やはりどうしても手ぶれしたり、そもそも暗いのでどうにもよくわからない写真になったりしがちです。  試しにNEX-5でプログラムオートモード、ISO感度のみ指定して普通に手持ち撮影をしてみると、 …

続きを読む

カメラのストラップなどを変更

 今回は珍しくカメラの話。あんましないんですねこれが。写真がまだまだお勉強不足なもんでございまして、こう撮影したら楽しいよ~みたいなblogを読んで「ほうほう」と言ってる事の方が多いわけです。  そんなぼんやりしてる自分ですが、一眼レフのストラップを買い換えました。今まではPENTAX K-200Dを購入した時についてきたストラップを使ってたのですが、長時間首から下げていると首が痛かっ…

続きを読む

雪景色を写真に撮るなどという。

 関東地方、雪ですね。最初はみぞれでしたが、今現在ばっちり降雪。  家でごろごろしておったのですが、何気なく 「折角だから雪が降る風景を写真に撮ろうじゃないか」 と思い立って先ほど撮影してきました。はいこれ。  どうですかこの見事な雪景色ブレまくり写真。  全く理解してなかったんですが(我ながら病気か)、外って暗いんですよね。シャッター長い長い。…

続きを読む

金刀比羅宮をK200DのHDRで。

 先月末にも書いたのですが、PENTAXのデジタル一眼レフに搭載されている「デジタルフィルタ」機能がなかなか面白くて、最近よくいじってます。  撮影した写真に対して後でエフェクトをかけるので、元ファイルを残したままいろんな写真を作れるというのが安心していじれてとても楽しいです。  今回は昨日ご紹介した金刀比羅宮の写真に対して「HDR」のデジタルフィルタをかけてみましたのでご覧下さいま…

続きを読む

K200Dのデジタルフィルタ

 我が家のデジタル一眼レフ、PENTAXのK200Dに「デジタルフィルタ」というちょっと面白い機能がついてたので今日はそれのご紹介。  デジタルフィルタというのは、カメラの本体でいろんなエフェクトをかけることが出来る機能で、PENTAXのデジタル一眼レフであれば全ての機種についています。  内容に多少の差はあるのですが、k-mにもK-7にもついているのでご参考になれば(K200Dはも…

続きを読む

広角狂時代

 建物ばかりを撮り続けているこのblog及び自分にとって、カメラに必要なのは「どれだけ広角で撮影できるか」という事です。望遠もあると便利ですが、巨大建造物を撮影しようとなりますとやはり「広角最高!」となってしまいます。  で、こんなものを購入しました。 これなんだかおわかりになるでしょうか?デジタル一眼レフ用の0.7倍ワイドコンバージョンレンズ、Digital king…

続きを読む

魚眼的松尾鉱山

 ボイラーの次はついに至誠寮や緑ヶ丘アパート、松尾鉱山の核心か、と思いつつも今回は脱線してへんてこ写真です。    岩手県の松尾鉱山へ行くにあたり、4台のカメラを持っていきました。デジタル一眼レフのPENTAX K200D、コンデジのLUMIX DMC-FX35、そして銀塩のPENTAX MZ-10とlomography fisheye2。  ここではfisheye2で撮影した松尾鉱山の写…

続きを読む

バルブ撮影に向けてあれこれ教わった。

 さてさて、火曜日の記事でどれだけバルブ撮影に失敗してへこたれてきたのかをご報告したのですが、「これではいかん!」と思い早速対策を立てました。 「詳しい人に聞く」  これしかありません。で、早速泣きついてきました。  

続きを読む

いろんな理由でカメラ構えてへこんだ。

 今日の脱線は失敗談。「こんな方法はダメダメですよ!」というご参考になれば幸いでございます。  先週末、またも、またしても蘇我に行ってきました。JFE第5溶鉱炉(高炉)です。『一体何回見に行ってるんだ!』というツッコミもあるやもしれませんが、これで4回目です。  ちなみに我が家は横浜だし会社は東京。千葉とは何のゆかりもなく、毎回交通費を使ってせっせこと向かっているのです。気分としては…

続きを読む