高雄展覧館 外観編

 高雄LRTに乗ってふらふらと高雄の素敵な建物を巡る散歩、私が最後に訪れたのが高雄展覧館です。車窓からはっきりと見える特徴的な建物です。 高雄展覽館公式サイト(中文・英語)  地図で見ると、高雄85ビルからも近くにある事と、非常に大きな建物である事が分かります。  言わずもがなではありますが、最寄駅…

続きを読むread more

高雄85ビル

 高雄の素敵な建物を巡る旅、今回は高雄85ビルです。 高雄85ビル(85スカイタワー、中文表記: 高雄85大樓、英文表記: 85 Sky Tower)は、台湾高雄市苓雅区にある地上85階地下5階の超高層ビル。 1994年着工1996年竣工、1997年に開業した。高さは地上347m。アンテナを含めると378mで高雄…

続きを読むread more

Bassheadについて考えてたらSketchUpをいじっていた

 ブログのタイトルに関する話かな、とも思えそうでありながら全然違う話を。Bassheadと名がつくブログをやっている私がBass head買おうかどうか、ひたすら悶々としている話です。  ここのところずっとBass用Headアンプが欲しいなぁ、と思って生きていて、先日久しぶりに音楽の記事を書いてみたりもしました。 …

続きを読むread more

海洋文化及流行音樂中心

 高雄LRTの車窓から見えた素敵な建物を愛でてみましょう。日本では出会えないような建物だらけで興奮度マックス間違いなし!です。  まずは海洋文化及流行音樂中心。調べると高雄流行音樂中心とも表されるので正式名称はこっちだと思いますがどちらで調べてもヒットする感じです。日本語では音「楽」なのですが台湾ではこの漢字使わないの…

続きを読むread more

高雄LRTに乗ろう

※記事の最後に江ノ電とのキャンペーンについて書いてますので高雄に行く予定の方は必ず最後までご覧ください(最後だけ読んでもいいかと思う)!  今回高雄に行って一番便利だった乗り物がLRTです。とは言えまだ全線開通してないし、美麗島や高雄駅に行ってるわけでもないので、交通の要という感じとはならないのですが歩き疲れたらちょち…

続きを読むread more

アートのかたまり駁二芸術特区に行こう!

 高雄の名所、駁二芸術特区についての記事3つめです。ここはなんと言うか、本気でアートまみれのエリアでした。オブジェについては前回紹介したので割愛しますが、それ以外にも色々と目を楽しませるものが多い場所です。 駁二芸術特区(ばくにげいじゅつとっく、ばくにアートセンター、繁体字: 駁二藝術特區、英語: The …

続きを読むread more

駁二芸術特区のオブジェに惚れ惚れする

 前回ご紹介した哈瑪星鉄道文化園区は駁二芸術特区という区域の一部です。では駁二芸術特区というところにはどんなものがあるのでしょうか。今回はオブジェに注目してご紹介。 大まかに言うと地図に見えるのが駁二芸術特区です。左側が前回のエリア。かなり、かなり広いです。  鉄道にばかり目がいってたの…

続きを読むread more

勝どき絶縁無用階段

旅行ブログになったのか?と思われていた方もいらっしゃるかと思いますが、いえいえ路上観察ブログです。空港での寝床や観光名所への行き方を説明してますが、路上観察ブログです。 久々となるご紹介はこちら。中央区勝どきにて出会いました。 黎明スカイレジテル、1975年築の今年45年目となる建物です。低層部はオフィス、高層部は住居と…

続きを読むread more

哈瑪星鉄道文化園区

 遂に全然読めない言葉が記事のタイトルになりました。「はませんてつどうぶんか園区」でしょうか。最初の3文字は「はません」と呼びます。「濱線」という日本語の俗称がそのまま台湾でも使われているそうです。  行き方は、高雄MRT西子灣駅かLRT哈瑪星駅です。 LRT?と思われた方もいるかもしれませんが、高雄にはL…

続きを読むread more

美麗島駅

 Webで検索すると「世界で最も美しい駅の1つに数えられる」というような形容がされる美麗島駅。高雄駅を後にして行ってきました。  どんな駅かと言うと 美麗島駅(メイリーダオえき、びれいとうえき)は台湾高雄市新興区にある高雄捷運紅線と橘線の駅。中山一路と中正三路交差点(大港埔ロータリー/別名は中正路ロータリー)の下…

続きを読むread more

旧高雄駅と高雄駅周辺

 2018年秋に出来た高雄駅。とっても素敵な駅舎ではあるのですが、かつての高雄駅も別のベクトルでとっても素敵でした。    場所は当然と言えば当然なのですが、高雄駅のほど近くです。保存を望む声が多かったので、わざわざ曳家工事(建物自体をそのまま移動させる工事)を行って今の位置に移転させたそうです。   …

続きを読むread more

高雄駅

 桃園空港から高鐵桃園駅、そこから左営に行きMRTで到着しました高雄駅。地下でありながらとても開放感があるコンコースです。  天井は楕円模様が配されていてとてもモダン。高雄と言えば美麗島駅がとても有名ですが高雄駅もなかなかどうして、とても素敵な駅です。  駅のコンコースは中央に円形広場があり、…

続きを読むread more

左営駅から高雄駅を目指す

 台湾の新幹線、高鐵に乗って最南端の駅が左営駅です。台北-台中-台南とエリアを分けた台南エリアです。台南駅から更に南にあるのが、左営駅。  駅舎は非常に現代的で素敵です。台鐵の新左営駅、高雄MRTの左営駅に接続しているハブステーションとなります。  今回はMRTに乗り換えて高雄エリアに行くのですが、台鐵の新左営駅につ…

続きを読むread more

【動画あり】高鐵に乗って台北桃園から台南へ

 高鐵桃園駅から台湾の新幹線、高鐵に乗って南側の終点、左営に向かいます。つまり新幹線の旅を朝っぱらからしてきたのです。寝るヒマもないですよああ困った疲れた楽しかった。  車内の様子です。まぁ700系新幹線ですよね、って感じです。  中では飲食も自由です。と、言うのも台湾のMRTは飲食禁止なのです。気をつけ…

続きを読むread more

始発の桃園MRTからいざ高鐵へ

 桃園空港第一ターミナル駅の開門とともに駅に入り、MRTで高鐵桃園駅を目指します。それにしてもほぼ無人。なかなかないですね。  桃園空港から高鐵桃園駅への行き方は以前の記事でもご紹介しましたがおさらいしましょう。 1番線です。いいですか、1番線ですよ。アイコンも表示もあるので大丈夫とは思いますがくれぐれも台北…

続きを読むread more

2019年5月、早朝の台湾桃園国際空港にいた

 2019年2月に台中を訪れた私、3ヶ月後のゴールデンウィークにまた台湾に行ってきました。  今回の旅は仕事を終えて帰宅せずそのまま成田空港へ向かい今は亡きバニラ・エアJW107便に搭乗。21:40に離陸し着くのが00:35。つまり真夜中。  台北が目的地であればそのままホテルにチェックインすればいいのですが…

続きを読むread more

彰化扇型車庫の写真あれこれ

 前回で終わりと思わせつつまだやりますが、それくらいに彰化扇型車庫は楽しかったんだねおじさん、って思ってくれると嬉しいですよ私。そして新型コロナウィルスで外出お控えムードなのでやたらとブログが更新されているのです。  そこらへんにあったS318という車両が気に入ってたようでパチパチと撮っておりま…

続きを読むread more

【動画あり】彰化扇型車庫の転車台

 彰化扇型車庫が誇る転車台を今回はがっつりご紹介です。  そもそも「転車台ってなに??」と言う方のためにみんな大好きWikipediaから引用しますと 転車台(てんしゃだい、英: turntable ターンテーブル)とは、車両の方向を変えるための機械。一般に地上に置かれる。 運転台が1か所に設けてある鉄道車両(…

続きを読むread more

彰化扇型車庫は貨物列車パラダイス

 前回は彰化扇型車庫への行き方を説明しまして、今回は車庫内部についていよいよ紹介していきたいと思います。  敷地内に入って少し奥にいくともうそこには貨物列車がお出迎え。日本、JR貨物におけるDD11的な赤。そして圧倒的な昭和感(激褒)!  そりゃあ台湾の子供もはしゃいでのけぞるわ、と納…

続きを読むread more

みんな見に行こう彰化扇形車庫

 台中に行ったら必ず皆さんに行って頂きたいのがこちら彰化扇形車庫。そこはある一部の人にとっては夢の国、その他の方にとっても素敵な場所です。そう願います。  どこにあるのか、地図で確認してみましょう。  こちら。台鐵彰化駅から歩いて行けます。彰化駅へは台鐵台中駅から14分。近いです。ただ1つだけ気を…

続きを読むread more

最近のコメント

タグクラウド