2015年10月15日

酔鯨酒造に行ってきた

20151015105853876.jpg

酔鯨。土佐鶴と並ぶ高知県産として有名な日本酒です。

自分は日本酒を嗜まないのですが、同行者の希望もあって酔鯨酒造へと行ってきました。

目的としては土産物購入と、あわよくば試飲もしたい、という事。そりゃそうですよね、試飲したいですよね。ビールなら自分もたらふく試飲したい。




桂浜からカーナビを使って向かう酔鯨酒造。結構細い道を抜けて、住宅街ではないかしらんと思っていたところに突然現れました。

20151015105926498.jpg

始めて訪れた酔鯨酒造は、思ったより小さな社屋でした。
勝手なイメージで「どどどん!」と巨大な建物を想像してましたが、逆に言えばこの建物から日本中に酔鯨が出荷されていくのか、と思うとなんというバイタリティだ、と感心します。

土曜日の夕方に訪れたところお休みだったようで残念ながら何もできませんでしたが、かの有名な酔鯨の大元に来られたのはとても良かったです。

20151015105942199.jpg

最大の収穫は酔鯨トラックを拝めたこと。かわいい。
posted by Bassman at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 高知県 | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

リラックマバス

F12250A8-CE49-4363-81D9-82D43AD87CC1.jpg

所用で立川にいったらなかなかに強烈なバスを見かけました。そう、リラックマバス。

ピンクの背景にリラックマ。凄まじいインパクト。

9702E355-F98F-447A-8DE0-B8FFBA22813B.jpg

ホイールもピンクに塗装されていて、立川バスの本気を感じます。いっその事タイヤもピンクだったら、と思いましたが自転車と違ってカラータイヤってないのかしら。

DED58A7A-E995-4AE0-AB12-1F6F150C61C3.jpgD6A470FF-FBAF-4BBE-8E45-FBD6CA2CD3E2.jpg81D83E9B-5564-46DC-B00C-8D69031FE113.jpg

前面、側面、後面全てにリラックマが描かれていました。
posted by Bassman at 06:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 広告 | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

沢田マンション

_DSC4413.JPG


 念願叶ってついに訪れる事が出来た沢田マンション。でもそこは、あんまり写真を撮ってはいけないところでした。

 あ、勿論申し入れをすればOKです、撮影。

 でもアポなしで土曜日の朝にフラッと行ってもですね、なかなか上手くはいかないのです。写真撮影の許可を頂こうにも大家さんがどこにいらっしゃるのかもわからないのです。我ながらアホですね。
 と、いう事で足を運ばれる皆さんは事前にいろいろ調べてから行くといいですよ。あと住んでいる人がいらっしゃる「住居」なんだな、という気持ちを忘れずに。

 ではそんな前提で振り返る沢田マンション、行ってみましょう。

_DSC4414.JPG_DSC4411.JPG_DSC4405.JPG_DSC4407.JPG_DSC4415.JPG


 とにかく圧巻なのですが、手摺をよーく見るとH鋼を塗装したものだったりします。アイデアだなぁ、と感心します。

 ・・・あとはもう・・・

さざなみ壊変:まるで軍艦島!沢マンこと沢田マンションに行ってきた。
東京別視点ガイド:【高知の九龍城】素人夫婦2人で作っちゃった!鉄筋コンクリ5階建ての「沢田マンション」は前代未聞の手作りマンションだ!
マンション・ラボ:前代未聞のセルフビルド建築、沢田マンションが今の時代に問うこと。

あたりを読めばバッチリですよええもう。・・・絶対段取りちゃんとしてもう一回見学に行きます・・・。

posted by Bassman at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンダースポット | 更新情報をチェックする

母方の実家が高知でありながらも「人生で始めて」沢田マンションに行ってきました

_DSC4402.JPG


 高知県。観光した事ない。だって母方の実家があるんですもの。

 幼い頃帰省すると
・稲刈り(盆明けくらいにもう刈っていた記憶がある)
・うなぎ取り(四万十川に仕掛けを一晩入れておいて早朝取りにいく)
・親戚と遊びまくる
の日々でした。とっても田舎。信号ない。バス1日3本。店は1km先に1件。だからこの年まで高知の観光名所なんて行った事なかったですよあたし。あ、はりまや橋は、ある。


 そんな中親戚のガイドでついに、高知市近辺で観光をする事ができました。
「どこ行きたい?」(各自ご自由に土佐弁に変換してください)
に対していの一番に私が挙げたのが、
「沢田マンション!!!」
「え?・・・い、いいよ、連れて行くよ」

という流れ。嬉しかった。生きててよかった(言い過ぎ)。

 という事で高知駅から車に乗せてもらって一路沢田マンションへ。

_DSC4399.JPG


[ここに地図が表示されます]


 事前情報をあまり持たないままに訪れた沢田マンション。意外と賑やかなところに建ってました。

 なんてったってスタバの裏。いや、スタバの方が後にできてるから沢田マンションの前にスタバが出来た、が正解か。
 どちらにせよ、高知ではとても珍しいスターバックスコーヒーが至近。つまり高知でもとってもオシャレな所が沢田マンションだ!

 ・・・と親戚(年下)に聞いたら「いやぁ、それはちょっと違いますねぇ」と苦笑いされた。旅行者の異常なテンションによる推量は宜しくないな。


_DSC4409.JPG
 


そんな素敵な沢田マンション、詳しくは次の記事で。
posted by Bassman at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンダースポット | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

坂出でサンライズから特急しまんと3号へ乗り換える

_DSC4375.JPG

 午前7時過ぎ。ようやく四国に入り、乗換駅の坂出へ到着。一晩を共にしたサンライズ瀬戸号とお別れです。
22時24分から7時9分、8時間45分も一緒にいたのでなんだか寂しいのだけれど、高知に行くには仕方がない。ありがとうサンライズ瀬戸。ちなみにここで寝過ごすと高松まで行ってしまうので注意。


_DSC4377.JPG


 7時9分に坂出着。そして次の特急しまんと3号の発車は7時37分。しばらく時間があきます。私は駅員さんに相談して、しまんと号の自由席券購入するために一旦改札から外に出る事にしました。駅員さんのご配慮に感謝。


 朝食を手に入れつつ駅のホームに行きますと、色々な車輛が入線してました。その中でも出色だったのがこちらの車両。

_DSC4380.JPG_DSC4381.JPG_DSC4382.JPG_DSC4383.JPG_DSC4384.JPG


 アラーキー電車、である。只ならぬラッピング、ただひたすらにヤバい。

_DSC4385.JPG_DSC4387.JPG


 動くアート作品を早朝の坂出駅でぼんやりと見送りながら、しまんと3号を待つのでございました。
 
 すると来たのがしまんと3号。自由席と指定席の2両編成という漢気を見せていざ高知へ。ここから約2時間の旅となるのです。

_DSC4389.JPG


posted by Bassman at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 列車旅 | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

瀬戸大橋、そして会いたかったよ、コスモ石油(一瞬だけど)

_DSC4302.JPG


 サンライズ瀬戸号単体となって岡山を出発し、児島を出ると瀬戸大橋です。

_DSC4314.JPG_DSC4320.JPG_DSC4321.JPG


 鉄橋越しに見る朝の瀬戸内海、なんという贅沢な風景。

 しかし本当に見たいのはこれじゃない、これじゃない。

_DSC4344.JPG_DSC4345.JPG_DSC4346.JPG_DSC4347.JPG_DSC4348.JPG_DSC4349.JPG_DSC4350.JPG_DSC4356.JPG_DSC4358.JPG_DSC4362.JPG_DSC4363.JPG_DSC4366.JPG_DSC4367.JPG_DSC4368.JPG


 四国側に入ったな、という報せはコスモ石油の坂出製油所が見える事によってもたらされるのです。5年前に観たあの風景がまた来た!という感激です。

 林立する白いタンク、工場・・・。圧巻です。googlemapのストリートビューで確認してみると、どうやら高速道路の上からではあまり良く見えないのです。サンライズさまさま、というところでしょうか。

 そしてこの製油所が見えてきた、という事は高知に行く私のサンライズ瀬戸との旅も終わりを迎える、という事です。間もなく乗換の坂出駅、という事でございます。



posted by Bassman at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 列車旅 | 更新情報をチェックする

サンライズ瀬戸・出雲がサンライズ瀬戸とサンライズ出雲になる場所

_DSC4273.JPG


 サンライズ瀬戸・出雲号で横浜から坂出を目指す道中、最重要ポイントは岡山駅。

 もっと言うと岡山駅の手前、ですね。何故かといいますと、岡山の手前で車内にアナウンスが流れるのです。そしてそれが我々のお別れのお知らせだからです。


_DSC4276.JPG


  サンライズ瀬戸・出雲というくらいですから、瀬戸と出雲でサンライズ。岡山で切り離しをして、それぞれの道を歩むのですが、それまでは連結されて一緒に仲良く走っていきますガタンゴトン。

_DSC4274.JPG


 瀬戸と出雲の間は連結されているくらいですから、行き来が出来ます。ちょっと狭い扉を押して、運転台の横をすりぬけていくと、相手方の車両に到着するからです。

 でもそれも岡山まで。岡山で切り離しをする都合上、その少し手前でアナウンスがかかり、瀬戸と出雲の行き来は出来なくなってしまうのです、ああ織姫と彦星。ああロミオとジュリエット。

 と、いう事でアナウンスの暫く後に瀬戸と出雲の間にある扉は閉じられ、行き来できなくなり、岡山駅へとつきます。

_DSC4280.JPG_DSC4282.JPG_DSC4285.JPG_DSC4288.JPG_DSC4291.JPG


 そしてやってくる朝のフィーバータイム、サンライズ号切り離しin岡山。わっしゃわっしゃと人が集まってきます。
 新幹線と違って結構大がかりにわっせわっせと切り離し作業をしますが、これが終わるとすぐにサンライズ瀬戸号出発です。正直自分も慌てて乗りました。

 ここからサンライズ瀬戸号は瀬戸大橋を渡っていざ四国へ、という道程でございます。


posted by Bassman at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 列車旅 | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

サンライズ瀬戸のB寝台シングル

_DSC4231.JPG_DSC4235.JPG


 サンライズ瀬戸号で横浜から高知を目指す旅、金曜日の22時過ぎに無事横浜を出発です。

 今回手配したシングルはランライズ号の中で最も多い座席です。個室となっております。

 _DSC4234.JPG


 私は今回2階の部屋でしたが、1階も同じようなレイアウトかと思われます。つまり、ドアを開けたらそこはもう寝台、です。

 大きな荷物を持っていくと結構大変そうです。室内設備はベッド、小さなテーブル、毛布、浴衣にハンガー。そして今回は喫煙者だったので小さな灰皿も備え付けです。どうですか、いいでしょう。タバコ吸いながら鉄道旅ですよ。乗車前忘れずに購入していたら缶ビールやワンカップで一人宴会できちゃう。

_DSC4374.JPG


 シングルの車両は1階、2階で席順が別れます。こういった表示もあまり見ないので楽しい。

 複数人でいく場合は誰かの個室で宴会、となると狭いしそもそも周りにとても迷惑。なのでラウンジ使用がオススメ、というかマナーでしょうね。

_DSC4240.JPG_DSC4243.JPG_DSC4244.JPG


 2階席には大変素敵なものがありまして、それこそずばり風景。ベッドに横たわりながら様々な風景を楽しむ事ができます。
 逆にゆっくり寝たい方には、枕元のNHK-FM専用ラジオを迷惑にならない音量でつけてくつろがれるとよろしいかと思われます。

_DSC4265.JPG_DSC4270.JPG


 私は、というと停車駅のたびにINGFRESSしたり、見える風景に興奮したり、とあまり眠れませんでしたがむしろ本望。美しい朝焼けを見ながらサンライズ号お約束イベントのある岡山まで着く頃には朝の6時でございました。


posted by Bassman at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 列車旅 | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

再びサンライズ瀬戸で横浜から高知へ

_DSC4293.JPG


 前回の記事で検討した結果、横浜から高知まで行くのにサンライズ瀬戸を使うことにしました。

 個人的にはサンライズ乗車は2回目。前回は5年程前、急遽高知に行かなければならなくなったためみどりの窓口にダッシュしたところ、唯一残っていたのがシングルデラックスという一番上等な部屋でした。豪華にして高額。

 今回は少し日程に余裕があったので事前に検討のうえサンライズを選択できたので、出発の2週間くらい前にJRみどりの窓口へ。

 サンライズ号の予約は少し面倒で、ネットでは無理なようです。したがってみどりの窓口で対面販売となります。

 2人での旅だったのですが生憎とあいていたのはシングル2席。取れただけ良かった、と思って手配の上いざ当日。

_DSC4216.JPG


 金曜日の夜22時ともなると、横浜駅の東海道線下りホームには仕事帰りや飲み会帰りの方々が沢山います。そんな中でぼんやりとサンライズ号が来るのを待つのですが、その前にやる事が。
 それは「飲食物の購入」です。サンライズ号には食堂車や軽食の販売はありません。自販機で飲み物を購入することはできますが、逆に言えばそれしかありません。
 横浜駅構内だと戸塚寄りの階段を下りたところにあるコンビニ、NEWDAYSが大きくて便利かと思われます。

 そして横浜駅でのサンライズ号乗車位置について。横浜駅では上野東京ラインや特急踊り子号の案内はあってもサンライズ号の乗車位置案内はホームにありません。
 ではどこにいればいいのか?それは

「柱番号=車両番号」

です。ホームに並ぶ柱に記載されいる数字が、サンライズの各車両に連動してますので、そこらへんにいればパニックを起こさずに済むでしょう。この情報は、ホームの放送でのみ提供されます。
 また、不幸にして乗車位置と全く異なる位置で乗らざるを得なくなっても大丈夫です。岡山で出雲・瀬戸に切り離しされるサンライズですが、逆に言えばそれまでは連結され、お互いを行き来できます
 自転車のように大きい荷物を持って乗る方は大変なのでオススメしませんが、旅の始まりから遠く離れた目指す車両に向かってホームを走るよりも、とりあえず乗ってしまった方が安心かと思いますでご参考に。


 出発前の段取りを踏まえていざ入線を待ちます。

_DSC4219.JPG_DSC4220.JPG_DSC4222.JPG_DSC4223.JPG_DSC4229.JPG


 上り下り各1日1本しかない特急、サンライズ瀬戸・出雲号が東海道線下りホームに入線です。いきなり非日常な車両が入ってくるさまは、いつ見ても素敵。更にこれに自分が乗るのか、と思うととっても素敵。上り車両は6:45に横浜駅にやってきますよ。

 到着したサンライズに乗り込みます。旅の高揚感が、使い慣れた横浜駅のホームから沸き起こります。こんな感覚、鉄道の旅ならではではないでしょうか。


posted by Bassman at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 列車旅 | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

横浜から高知、どうやって行くのが良いのかしら

_DSC4217.JPG


 先日所用がありまして、高知県へと足を伸ばして参りました。

 横浜発で土曜日の朝から高知観光でもしようか、という事で考えると

・土曜の朝一番で羽田から飛行機
・金曜の夜から高速バス
・金曜の夜から寝台特急

という3経路となります。ではそれぞれのメリット、デメリットを考察してみましょう。


(1)土曜の朝一番で飛行機

メリット
移動に関わる拘束時間が圧倒的に短い。単純に考えて、
・横浜駅から京急又はYCATからバスで羽田空港(どちらも30分程度)→7:40発・9:00着の飛行機で高知龍馬空港へ→バスかタクシーで高知駅
で2時間20分程度、手続き諸々で3時間ちょい見ておけば着きます。

デメリット
朝が早い。搭乗手続きに余裕を持たせて7時着だとすると横浜駅を6:30には出ておきたい。そしてお値段が少々します。早割を使えば12,000円程度で航空券購入できてお得ですが、予め予定を立てておかないといけない。正規料金なら35,000円くらいかかってしまいます。


(2)金曜の夜から高速バス

メリット
安い。とにかく安い。繁忙期でも14,000円程度で乗れます。更に、横浜を22:15発で8:30に高知駅へと到着しますので飛行機で向かうよりも早く高知駅へと到着します。したがって高知で使える時間がより長く取れる、というわけです。

デメリット
拘束時間が長い。10時間以上かかります。更にいうならば、夜行バスで眠れるかどうか、です。
自分は東北廃墟行などで予行バスを複数回利用しましたが、休憩の度に目覚めてしまったり、他の乗客のいびき、アルコール臭などに悩まされたりもしました。


(3)金曜の夜から寝台特急

メリット
一番安いノビノビシート以外は全て個室なので、くつろいで旅を楽しめます。
そして何より、一晩中電車に乗れます。最高だ。

デメリット
 こちらも拘束時間が長いです。バスよりも長い。サンライズ瀬戸を利用して高知に行くには、
横浜(22:24)→坂出(7:09) 坂出で特急しまんと3号に乗り換え(7:37)→高知(9:38)
という経路となり、飛行機で行くのとあまり変わらない到着時間になります。

 更に、お値段がなかなかに高い。坂出までサンライズ瀬戸のシングルで21,420円。坂出から高知で4,260円。計25,000円超。
 乗車券を横浜から高知まで買うので、実際はもう少し安くなりますが、それにしても高い。ノビノビシートを使えば7,000円ほど安くなって18,000円くらいですが、隣との仕切りがない雑魚寝感満載のシートはなんかイヤ、という方はシングルで料金を考えた方が良いでしょう。


 という事を総合的に鑑みて、今回はサンライズ瀬戸で行きました。一晩中電車でころころできるなんて幸せ。停車駅のたびにイングレスしたりもできるし贅沢(この時点で寝る気あまりなし)。


 次回はサンライズの道中について書いていきます。



posted by Bassman at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 高知県 | 更新情報をチェックする