SOTEC(ONKYO)C101をSSDに換装した感想

 SOTECのをHDDからSSDに換装してしばらく経ったので感想を。 (1)PCの起動は明らかに早くなりました。 cloudready SSD>cloudready HDD>ubuntu studio HDD>Windows XP という順で早いと思います。cloudreadyとubuintu studioについて書くと、そんなに大きな差はなかったと記憶し…

続きを読む

浜松町の無用塀

浜松町をぽてぽてと歩いていたら出会った空き地。そのうち何か建つのかなと思って何気なく鑑賞。 リアル空き地の両脇に原爆タイプの痕跡もなく、都心部定番のトマソン発見とはならないなと思いましたが、 竹で出来た塀。塀、なのでしょうか。 かつて建物があった時には、建物同士の隙間を埋める形で成立していたのでしょうが、今となっては何の役にも立たない。 しかし、この凛としたたたず…

続きを読む

SOTEC(ONKYO)C101をSSDに換装する

 2008年末に発売されたネットブック、SOTECのC101にChromium OSを入れたのですが、どうせならという事でHDDをSSDに換装する事にしました。 ※あくまでも私個人の換装記録です。この記事の通りに換装をして失敗・破損等あっても私は一切責任を負いませんので、ご理解の上自己責任でお願いします。 SOTECのC101、(正確に言うと我が家にあるのはDC101B)と…

続きを読む

一昔前のネットブックをどうにかしてみたいと思ったある日

.  最近はなんでもスマホである。老いも若いも女も男もスマホである。  しかしどうも僕はダメだ。いや、持ってるしよく使うし「スマホは最早俺の臓器」状態ではあるのだけど、このブログのように、文章を入力する事に関して言えば僕はスマホではダメで、パソコンのキーボードが何より一番、という古い人間なのです。  そんな私がどこでも気軽に文章を書くのにはmacbook airとかなんかそんなや…

続きを読む

四番町高所ドア連トマソン、然し3階は。

東京都千代田区四番町、駅で言えば東京メトロ有楽町線麹町駅から程近く。日本テレビのそばにあったのが高所ドア連。 7階建てビルのうち、2階4階5階にドアがあります。 隣の敷地が駐車場となっておりますが、おそらくはもう一つビルがあって、渡り廊下でつながっていたかのかなと思えます。 ただ、では3階6階7階はどうだったのか。特に3階。 6階7階は、隣のビルが5階建てだった可…

続きを読む

道玄坂、段々の連鎖

.  道玄坂にある大きい時間貸駐車場。ビルから微妙に鉄骨が出ていたり、スロープなのか巨大雨樋なのかよくわからない物があったりするのですが、今回はトマソンではなく段々のお話。 .  手前から奥に向かって上り勾配がついているため、段々ができています。なんで?自販機を置くために。  ただ自販機を置くためにコンクリートで段々を作ったのか、元々あった段々を上手く利用して自販機を…

続きを読む

道玄坂無用スロープ疑惑を検証する或るひととき

道玄坂にある大きな空間。おそらくいくつかのビルを解体した跡に、いろいろ面白い構造物が現れています。 このスロープ。素敵なルックスなのですが降りた先には何もなく、上った先にも何もない。これは一体何かしら? 降り口側は、外壁にくっついておりますので、二階から出てスロープで一階に降りて、という使い方ではないもよう。 降り口付近には空調の排水が集められています。 ではこれ…

続きを読む

道玄坂の巨大な欠落、道玄坂巨大デベソ

東京都渋谷区道玄坂。地価すごく高そうな所ですが、巨大な空間ができてます。 かつてどのようなビルが建っていたのかは後程調べるとして、このようにぽっかりと、しかも結構な期間あいてるのはなかなか面白いなと思います。 加えてここ、トマソンと言い切れるかは微妙なのですがいろいろと面白い物がありましたので、今週はこちらについてのご報告。 写真中央、奥のビルに注目。妙な鉄骨が4本ばかり突…

続きを読む

京橋大虎の側面を伺う

実は焼き鳥屋の激戦区、東京都中央区京橋。大正時代から続く伊勢廣、サラリーマンの味方とり安、栄一…と名店だらけなのだけど、忘れちゃいけないのが大虎。 「素通りは 風にもさせぬ 柳かな」 というキラーフレーズを掲げ、飲み物は瓶ビールか日本酒の二択。グルメサイト見てくる客なぞ最初から頼みにしておらん、というような昭和スタイル(若鳥のごんぼが僕好き)。 なかなかに入りづらい店構えだけれども…

続きを読む

南池袋アタゴ

雑司が谷あたりの路地で見つけたトマソン。 大きな住宅の塀なのですが、ふと見ると不自然な物体が足元にある。 さてこれは何だろうか。石張りの塀とは少し素材が異なるけれども、石のようです。 路上観察せずにスマホの画面見ながら歩きまわっていた日々のせいかトマソンが見つからないな、と思っていた。いやいや違う、トマソンは見つけるものではなくて見つかるものなのだ、と改めて思ったア…

続きを読む