CSSとか全然わかりませんどうしましょう

 先日書いたのですが、このblogを書いているseesaaブログがデザインを変更しました。  以前のデザインは、つたないながらもあれこれ勉強してCSSというものをいじくっていたのです。  しかしblogの更新をなまけている内にどうやっていたのかすっかりさっぱり綺麗に忘れてしまい、どうしたらいいか分からない。  「じゃあ調べればいいじゃないの」  と思うでしょう。思います。…

続きを読む

高らかな一方通行

東京都文京区春日で見つけたのがこちらの道路標識。90度角度をつけて一方通行標識が掲げられているのもあまり見ない景色だな、と思うのですがそれより何より・・・  標識が設置されている場所が凄い。かなり高い位置に配置されています。  幹線道路なら歩道橋のあたりなど、高い位置にある事はそんなに不思議じゃないのですが、この標識がある道は工程差があって、上の道からだと …

続きを読む

大和高所ドア

 神奈川県大和市。小田急江ノ島線と相鉄線が乗り入れる結構便利な町で見つけたトマソンです。  コインパーキングの脇にある一軒家なのですが、近寄ってみると  2階部分にドアがあります。  外部階段がついていたのでしょうか、ドアの下部がその痕跡のような気がします。  もっと不思議なのは、ドアの右と下にある窓。右は分かるのですが、下の窓があまりにもドアと近…

続きを読む

三鷹のぬりかべ

 西東京、三鷹。ジブリが有名ですが実はトマソンもありました。  上の写真にある建物、至って普通なのですが裏に回ってみると  二階に上がる階段の入り口がふさがれています。一体二階にはどうやって上るのだろう・・・。

続きを読む

蘇る修悦体

 新宿駅。横浜駅と並ぶ「いつまで工事やってるんですかあなたは」というサグラダ・ファミリア感満点の駅です。  かつてここで「修悦体」というフォントが現れ、(ごく一部の)一世を風靡しました。当ブログでも記事にしました。 From BassheadFor:2009年7月8日「新宿駅修悦体」  かれこれ8年も昔の記事です。この頃は1・2番線近辺にありました。  そんな修悦…

続きを読む

天沼高所ドア

荻窪駅の北側、駐車場の入り口に跨る建物にあったのがこちらのドア。 階下をピロティ構造にしている為元々どのような形でドアを使っていたのかがよく分からない。暫し観察していたのだけれど、駐車場のおじさんから刺さる視線に怯んで退散してしまった。路上観察勘がはっきりと鈍ってる。いかん、いかんぞう。

続きを読む

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。  ・・・ヤバい。全然更新していない・・・。トマソンいくつか新発見してるのに・・・。そろそろ、そろそろ更新しはじめたい、なぁ・・・と思う元旦でございます。頑張るぞ。

続きを読む

龍河洞内部はこうなっていた

 いよいよ龍河洞の中に入りました。鍾乳洞なのでなかなかに狭いのですが、自然の地形の中に通路を設けているので比較的足元の状態は良いです。  ただし、ひんやりとしているため湿度も高く、若干滑ったりもしますので、靴底がツルツルの方はやや注意でしょう。  内部には看板がいくつか立てられています。こちらの写真は「石花殿」。鍾乳石のつぶつぶを花に見立てたものです。  偉…

続きを読む

龍河洞

 険しい階段を上れば、そこは龍河洞。  しかし険しい階段はイヤだ、そんな貴方はエスカレーターをどうぞ。  と、いう事で参道のようになっている緩やかな上り坂を歩くと龍河洞の麓にやってきます。階段かエスカレーターで更に上るとやっと龍河洞の入り口です。  入口の「説明板」に書かれている事から先ずはどんな所か察する事が出来ます。 説明板 1 天然記念物及史蹟 …

続きを読む