立山高原バスで美女平へ

 雨の室堂から乗ったのは立山高原バス。つまり普通のバスです。なんかほっとする。  室堂にはいろんなバスが停まってました。富山側からは室堂まで直撃で来る事ができるみたいですね。  バスが走る道はとってもうねうねです。乗り物酔いする方は薬必要かもしれません。そんなにスピード出すわけ…

続きを読むread more

立山トンネルトロリーバスで室堂へ

 激しすぎる絶景だったのでさっさと室堂へ行こう、とそそくさと次なる乗り物トロリーバスへ。  トロリーバスの駅なのに看板はロープウェイなのね、と思いつつトロリーバス駅へ。  なんと!すいています!奇跡!という事でバスの座席を取ってから車両を堪能します。  こんなにじっくり鑑…

続きを読むread more

立山ロープウェイで黒部平から大観峰へ

 黒部そばで腹ごしらえしてからいざロープウェイへ。黒部平スルーかよ、というツッコミもあると思いますが、ええ、スルーですよ。理由は後程。  立山ロープウェイも当然のように混みまくり。もうここ全部混んでるんでしょそうなんでしょ、と割り切って乗りにいきます。  コンクリート打ち放しのロープウ…

続きを読むread more

黒部そば

 黒部ケーブルカー黒部平駅にあるのが黒部そば。せっかくなので食べてみましょう。  食券を買って出す清く正しい立ち食いソバスタイル。結構人気。  頼んだのはわさびコロッケそば。800円くらいだったかと思います。これがなかなかの品。  奇をてらったものかと思いきや、甘めのそばつゆに溶け行くわ…

続きを読むread more

中華航空(チャイナエアライン)のストライキは台湾でも大きなニュースでした、と2/11に台湾から中華航空乗った僕が書…

中華航空、3度目の労使協議へ 長時間運航時の乗務編成改善が焦点/台湾(中央社フォーカス台湾) https://t.co/YEThrhZC2R pic.twitter.com/8IqmVxWxLJ— 台湾ニュース速報 (@taiwansokuhou) 2019年2月12日  日本でもニュースになっていますが、台湾…

続きを読むread more

黒部ケーブルカー

 黒部湖から黒部平に向かう黒部ケーブルカーに乗ってみます。  駅舎はトンネルの中にあります。ひんやりとした空気。  短い間隔でどんどん運行されていきます。車両があまり大きくないのでびっちり混んでます。5分程なのでここは頑張って耐えるしかないか、というところです。  運行は立山黒部貫光となりま…

続きを読むread more

黒部ダム

 やってきたきた黒部ダム。あまりにも有名なのであまり説明しなくてもいいと思いますが、やっぱりここはすごいですね!  そこでダムじゃないもので黒部ダムを愛でてみようと思います。  まずこれ。黒部ダム駅を出て階段をとことこ下っていくと見えてくるのですが、これ何でしょう。  これ、黒部ダムの工事に…

続きを読むread more

扇沢駅からトロリーバス

 到着した扇沢駅。10時50分くらい、実にのんびりとした到着です。  予め横浜のコンビニで買っておいたアルペンルートチケットを売り場で交換していざ。  当たり前ですが人、人、人です。9月の3連休なのでまぁ仕方ない。しかし人気ですね。  恐らく2018年をもって扇沢駅から黒部ダムまで行くトロリーバスが…

続きを読むread more

立山黒部アルペンルートに行こう。

 立山黒部アルペンルートというのは素晴らしいらしい。  そんな事は昔から聞いていたし、黒部ダム見たいしいろんな乗り物乗りたい、と思っていた。  けれども行くのがなかなかに面倒くさい、そう思っていました。バスを調べるまでは。  私が住まう神奈川県横浜市には横浜駅と並んで便利な交通の基点として横浜シティエアター…

続きを読むread more

欧州旅行を振り返る

 さて、2018年8月に行った欧州旅行を2019年2月に振り返ってるのですが、時間を経て改めて、行って良かったと思いました。  欧州というのは遠い所だと思っていましたがANAがブリュッセルまで直行便を出しているので12時間。酒飲んでご飯食べて寝てれば着くので近いです。  そしてベルギー~スペイン~ベルギーという旅でしたが…

続きを読むread more

ブリュッセルのきっとぬりかべトマソン

 ベルギーのブリュッセル、楽器博物館などがあるあたりのそばだったかと記憶してますが、レンガ壁に浮かぶぬりかべトマソンです。  窓があった所をレンガで埋めたのだと思われますが、十字型の窓桟に見える物は一体何か。窓桟を残して埋めたのでしょうか、何ともよく分からない状態です。  並びにある建物を参考にしてみると…

続きを読むread more

バルセロナのぬりかべトマソン

 スペインはバルセロナで見つけた物件がこちら。1階、2階共に塞がれております。1階の右手にあるドアのみが昨日している、という事だと思います。  2階がバルコニーになっていますが、あそこまでわざわざ上ってグラフィティを描いたのかと思うとトマソンよりそっちの方が凄いんじゃないかという気分になってきます。 …

続きを読むread more

ブリュッセルのぬりかべトマソン

 ひたすらアントニ・ガウディにまみれていたので忘れていたけど当方はトマソンをメインにしたブログ。いけないいけない。  と、いう事でヨーロッパに行ってもトマソンを愛でてまいりました。  ベルギーはブリュッセルで見かけたぬりかべです。窓の跡がくっきりとしてて素敵ですね。  下の方に何か書いてあるけど…

続きを読むread more

サグラダ・ファミリア(9)360°サグラダ・ファミリア

 画像はいまいちなのですが雰囲気だけでも、という事で360カメラで撮影したサグラダ・ファミリアをどうぞ。 まずは外部、生誕のファサード側です。 生誕のファサード前。いろんな所に彫刻が施されているのが分かると思います。 受難のファサード前。殺風景感を味わって下さい。 ホール内です。 …

続きを読むread more

サグラダ・ファミリア(8)尖塔に上ろう、そして下ろう

 私が今回利用したツアーには「エレベーター乗車券」がついてました。はい、サグラダ・ファミリアを上ってきます。    エレベーター乗車にはいろいろややこしい点があって、 ・エレベーター乗車券を持っている ・指定された乗車時間に合わせてエレベーターに並んでいる ・大きな荷物はエレベーター脇のロッカーに預けなければな…

続きを読むread more

サグラダ・ファミリア(7)ステンドグラス

 サグラダ・ファミリアを構成するものの中で重要なものがステンドグラスです。  建物の外観に施されている彫刻には全て意味がある、と書いたのですがステンドグラスにも、当然意味があります。  そしてその意味云々よりも、今我々が見る事の出来るステンドグラスが、見てるだけで恐ろしく素晴らしいというのは言わずもがななのです。 …

続きを読むread more

サグラダ・ファミリア(6)ホール

 遂にガイドさんに連れられて30名余りのイヤホンした日本人がぞろぞろとサグラダ・ファミリア内に入場です。  こう書くと「日本人ってどこでも集団でぞろぞろ歩くのね」と思われる方もいらっしゃると思いますが、サグラダ・ファミリアに関しては 「大体の人種がぞろぞろ歩く」 場所でした。  西欧人もアジア人もアフリカ…

続きを読むread more

サグラダ・ファミリア(5)受難のファサード

 生誕のファサードと対をなす、サグラダ・ファミリアで最も論争を呼んだ受難のファサードです。  こちらも有名な話なのですが、生誕のファサード及びサグラダ・ファミリア全体の意匠とはあまりにもかけ離れたものがこの受難のファサードです。   手がけたのはバルセロナの彫刻家、Josep Maria Subirachs、ジョセフ(或…

続きを読むread more

サグラダ・ファミリア(4)ガイドツアーで生誕のファサード

 遂にサグラダ・ファミリア内部に入ります。個人でチケットを手配していく事も勿論できるのですが、面倒くさがりなのでお手軽現地日本人ガイドつき半日ツアーを申し込んで行きました。 個人で手配するときの参考→東京弁当生活。「今日の旅メモ(day23 バルセロナ)」 手配したツアー→世界遺産サグラダ・ファミリア(エレベーター付)&バルセロ…

続きを読むread more

サグラダ・ファミリア(3)望遠レンズで愛でる大聖堂

 サグラダ・ファミリア鑑賞には是非広角も望遠もご用意頂きたい。これが私の感想です。  何言ってるんだという意見もあると思いますが、ここまでカメラの広角と望遠を求めてくる建物もそうそうないし、それぞれで見えてくるものが変わるので楽しいです。  こちらが25mm広角での撮影なのですが、望遠を使うと …

続きを読むread more

最近のコメント

タグクラウド