どーもくんバス

渋谷で見かけたラッピングバス。NHKのどーもくんだ。 かわいいじゃあないか。元が京王バスとは思えないラッピングっぷりだ。 シンプルだけどポップ、なかなかに素敵なバスでした。

続きを読む

地球深部探査船「ちきゅう」はギンギラだった

 先日、ドライブがてら夜の工場でも愛でるか、と南本牧方面へ向かったときのこと。  こんな暗いところをトロトロ車で走っていたら、前方になにやらきらびやかなものが。  暗闇を照らすがの如くにビカビカしています。近づいてみたのですが中々上手く撮影できません(というかiPhoneしか持っていなくて我ながら残念)。  一応いくつか撮影したものをのっけてみます。 …

続きを読む

磯子海釣り施設という工場ワンダーランド

 磯子海釣り施設。岸壁沿いに桟橋が作られそこから海釣りを楽しむ施設。  そして、そこに行くには結構アレでアレなルートを通る。  どういうルートか、というと東電の南横浜火力発電所とJ-POWERと、電源開発の磯子火力発電所の脇にある。たまらん。  と、いう事で磯子海釣り施設に行くと、とても素敵な風景が僕らを待っています(中に入った事はないのでどうなっているかはわからんのですが)。…

続きを読む

川崎、工場の火事に思う

川崎に大変な事が起きた。 浮島エリアが報道される事なんてなかなかないと思うけども、このニュースで知りたくはなかったですね。 どんなニュースだったか、備忘がてら書くと 日鉄住金鋼管川崎製造所が燃えたそうです。どんなところかと言いますと、  こんなところ。  首都高の上から見ると  こう。なにやらちょっとわかりづらいところなのですが、浮島工場銀…

続きを読む

水江町無用門

 川崎市川崎区水江町。工場の町。  しかし今回はトマソン。や、工場も堪能してきたのですが。  某大企業の敷地にあるのは門。いや、門であったもの。年輪と風格を感じさせる門塀と、対象的な金網。  社名が刻まれていたと思しきプレートも今は何もない。それもそのはず、奥に大きな門があるからだ。  ちなみにこの物件、Googleストリートビューでも堪能できる。…

続きを読む

崎陽軒の桜木町駅・二代目横浜駅誕生100周年記念 横濱洋食弁当

 8/16まで販売されていた崎陽軒の期間限定弁当、横濱洋食弁当を食べました。  この弁当は 現在の「桜木町駅」は初代「横浜駅」にあたり、1872年(明治5年)日本最初の鉄道が新橋~横浜間で開通した際に開業されました。その後、1915年(大正4年)8月に初代「横浜駅」は「桜木町駅」に改称され、二代目となる「横浜駅」は現在の高島町交番付近に移設されました。今年は、「桜木町…

続きを読む

最近の中古CDは

先日レコファンに行きました。 ご存知ない方に説明すると、レコファンというのはCD屋。ディスクユニオンと同じく、新品と中古両方扱うのがとても素敵。 金がなくてなくてしょうがない学生時代には散々お世話になったのがとても懐かしい。 当時は町田のレコファンとユニオンをハシゴするのがほぼ日課。週4日は通っていたんじゃないだろうか、と思う。 そんな思い出を抱えつつ横浜のレコファンへ。 いろいろ変わ…

続きを読む

EAST i-Dを新松戸で見た

 2015年8月18日午後の出来事。所用あって新松戸にいたところ、線路後方からやってきたのが貨物機関車に牽引されたこの車両。 見た事ないので調べたところ、EAST i-Dという車両だそうで。3両編成の大分レアなようでテンション上がりました。乗用ではなく測定用の車両だそうです。  どんだけテンション上がったかがすぐわかるのが一連の写真。我ながらどうかしてる。 …

続きを読む

西巣鴨、開かないドアは何を思う

 西巣鴨、というより駅としては都電荒川線の新庚申塚駅が最寄となるのだろう所にある建物。アパートでしょうか。  特徴的なのは、ドア。勝手口なのでしょうが・・・  開かない。いや、開く。開く事は開くのだと思います。引き戸だから。  しかしまぁ、開けたところでこの空間をどうやって出入りするのか。紙人間専用か。  

続きを読む

長津田の蓋

横浜市の長津田。最近ちょこちょこと行くようになった町。 ある路地にあったのがこちらの蓋。鋳鉄ではなくコンクリート製の蓋だが、そんな事よりもこの蓋、 はまっていない ではないか。 道路に載っている蓋、というのはとても珍しい。と、いうか私は始めて見ました。 なんでこうなっているのか、この蓋を動かしたら穴はあるのかないのか、興味はあったけれどもなんとなくこのままが良いのではないか…

続きを読む